*

まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が今注目されている・・・恵方巻が大量処分に!

最近廃棄のニュースが多く、豚コレラにより岐阜県を中心に大量な豚たちが殺処分されたという報告があり、人間の生活に被害が及ぶために仕方ない判断でしたが、今回の恵方巻の廃棄処分に関しては「まだ食べられる食品をもったいない!」と、広く批判が及んでいます。

 

元々は大阪で節分に太巻きを食べる風習があり、2019年の恵方は「東北東」という事で、無言で必死に食べ切ると良い事がありそうですが、さすが「食い倒れの街」大阪が発祥であるということがよくわかります。

 

 

 

 

 


セブンイレブンの広島市舟入店の野田氏が広めた?

 

 

1989年に広島県広島市中区舟入店の野田靜眞さんが、大阪で節分に太巻きを食べる風習があることを聞いて、それに目を付け仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり始め、2000年代以降から急速に広まっていったそうです。

 

 

それ以前に「恵方巻」と呼ばれていた文献類は見つかっていないそうで、その他には「幸運巻寿司」「恵方寿司」「招福巻」などと呼ばれていたようです。

 

 

 

 

 

 


食品ロスの削減はなぜ必要なのか?(消費者庁ホームページより)

 

 

 

まだ食べられるものを廃棄してしまうなんて、本当にもったいないと思います。

 

 

 

統計によると、日本では年間2842万トンもの食品廃棄物等が出されています。

 

 

 

 

この内まだ食べられるのに廃棄される食品(食品ロス)は、646万トンあり、これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。

 

 

 

また食品ロスを国民一人当りに換算すると、お茶碗約1杯分(約139g)の食べ物が、毎日捨てられていることになるのです。

 

 

 

 

 

本当に「もったいない!」話しです。

 

 

 

 

 


「もったいない!」騒動

 

 

以前船場吉兆の女将である「ささやき女将さん(記者会見の席でささやいていた)」が、残った料理をもったいないからという理由から、「料理の使い回し」「食材偽装」をしたことで謝罪会見を開いた事がありました。

 

 

女将さん曰く、

 

「まだ食べられるものなのに、もったいない!」

 

 

ということで、下げられた料理を処分することなく、使い回していました。

 

 

 

 

「食べ物を粗末にするな!」と言われているにも関わらず、残った食材を簡単に処分してしまうような「もったいない行為」に対しては、世間を騒がせる程度で済んでしまうのですが、「捨ててしまうのは、もったいない!」ということで、それを違う形で再利用しようとすると罪になってしまう・・・

 

 

本当に難しいことだと思います。

 

 

また食品には賞味期限消費期限というものがあるので、それを過ぎたらやはり処分するしかないのです。

 

 

 

 

 

 


消費者や事業者の協力が必要です!

 

食品産業では、平成24年4月から食品廃棄物の発生する率が高い業種について、環境省及び農林水産省が食品リサイクル法に基づく発生の基準値を設定して、食品ロスの削減に努めています。

 

 

しかし食品ロスが発生する原因の一つには、消費者の過度な鮮度志向があるのではと言われています。

 

 

 

 

関係府省庁の協力のもと、消費者が食品ロスに対する認識を高めるために、消費者庁のホームページに

 

「食べもののムダをなくそうプロジェクト」

 

 

というページを設けて呼びかけています。(平成24年10月17日)

 

 

 

 


まとめ

確かに鮮度重視と、添加物などを見て食品を購入しているところがあるので、なんとも言えませんが、まだ全然食べられるものでも、期限切れということで簡単に処分されてしまいます。

 

ムダをなくすために各関連省庁が動いていますが、それがいつも水面下での働きかけであって、今回の「恵方巻、大量処分」という問題に至ってしまったのではないかと思われます。

 

 

災害にあって初めてわかる食料品の有難さを、日頃から意識していきたいものです。

 

 

 

「尊いもの=もったいないもの」

 

今回のことから気づかされたことですが、食料品に限らず身の廻りにある、まだ使えそうな物たちを大切に考えていこうと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトやお役立ち情報などを是非ご覧になってみてください(*^^*)

 

 

スポンサードリンク







関連記事

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

乳がん手術後の再建方法と生活の変化、そして若年性乳がんと戦うには?

10月は乳がんについて見直す「ピンクリボン月間」で、今回は手術後の生活と若年性乳がんを克服して明るく

記事を読む

アバ再結成?? マンマ・ミーヤ! 新アバ誕生の裏側とは・・・?

軽快な音楽♪でついつい楽しくなっちゃう・・・そんな40代~50代の人達にはお馴染みのアバのメロディー

記事を読む

医師100人が選ぶ、身体に良い夏野菜ランキング! 栄えある1位の野菜とは?

夏が来ると暑さで体力が消耗したり、熱がこもり脱水症状から熱中症になったりと注意が必要な季節に、手軽に

記事を読む

オリンピックのベストショット!!

オリンピックの公式写真を撮っている、メインプレスセンター(MPC)の「ゲッティ」特設オフィスでは、5

記事を読む

24時間テレビの番組パーソナリティー サンドウィッチマンの面白トーク炸裂か? 今年のパーソナリティーは?

今年(2018年)の24時間テレビは、8月25日と26日の土日で、あの「何言ってるかわからないんです

記事を読む

(特集)認知症介護と最新機器・・・認知症患者とどう向き合う? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送されてきましたが、1回目が「認知症かと思った

記事を読む

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ

記事を読む

ネバネバ納豆、栄養効果が得られる食べ方とは?

納豆のネバネバって栄養高価抜群で、血液サラサラ効果もあり、心筋梗塞や脳卒中から身を守ってくれる有能な

記事を読む

彫刻メイクで、特殊メイク並みの変身を自分で・・・今中国で大流行の造形的なメイクとは?

40分メイクですっかり変身できて、映画の特撮に負けない特殊メイクが自分でできる、粘土のようなクリーム

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







苺ダイエットってあり? 甘くて美味しい旬の苺を食べて、夏バテ防止に備えよう!

旬の苺にはビタミンCや葉酸が豊富に含まれていて、脂肪の燃焼を助けるだけ

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマ

ゴーギャンのために用意されたゴッホのひまわり「教えてもらう前と後」7枚のひまわりの絵とは?

滝川クリステルがメインMCを務めるTBS系列の「教えてもらう前と後」で

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑