*

お笑いコンビ・キングコングのとっても深いコンビ愛に感動! 梶原雄太はユーチューバーとして、西野亮廣は絵本作家として第二の職業をエンジョイ中です。

公開日: : 最終更新日:2019/02/15 ドラマ, 事件・事故, 生活, 芸能

[ドッキリ]激レアスニーカー100足突然紛失事件で謝罪した、カジサックこと梶原雄太にはお笑いの血が流れ、二人のコンビ愛は相当深く、コンビ結成にはドラマがあり「はねるのトびら」以前に深い繋がり合いのドラマが・・・

 

 

 

 


お笑いコンビ・キングコングは今、別々の道を歩んでいる・・・

 

 

ツッコミ役の西野さんは、今の職業が絵本作家・小説家であり、タモリさんからアドバイスをもらったことをキッカケに、絵本作家を目指し独学で絵を学び、5年後に初の作品「Dr.インクの星空キネマ」を発売し、にしの あきひろで絵本作家としてデビューしました。

 

 

 

その後、クラウドファンディングで出資者を募り、2013年2月にニューヨークにおいて初の海外絵本絵画展を開催しました。

 

 

 

一方、ボケ担当の梶原さんは、2018年10月1日からユーチューブで「カジサック」として着々と動画を撮り流し、フォロワー数を増やしていき、広告収入を上げています。

 

 

 

 

 

詳しい内容については、前回の記事からご覧ください。

 

 

ユーチューブで炎上しているカジサックこと、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太は「カジサックの部屋」の登録数が70万人に達し、「激レア スニーカードッキリ!!」が吉と出るか、凶と出るか・・・

 

 

 

 

 


熱いものが、そこにはあった?

 

 

NSC(吉本総合芸能学院)時代に、西野さんが別の人とお笑いコンビを組んでいましたが、訳あって解散してしまった時に、梶原さんがバイクで神戸の六甲山へと西野さんを誘い、二人で大阪平野の夜景を眺めながら、

 

少し落ち込んでいた西野さんが、

 

 

 

「これだけの人を、笑わせなアカンねんな?」

 

 

と言うと、

 

 

 

「俺たちやったら、出来るんちゃう?」

 

 

と梶原さんが言ったことから、二人でコンビを結成したのです。

 

 

 

 

 

これって、絵の世界では、ゴーギャンとゴッホのような関係だったのでないかと、ふと思ってしまいました。

 

 

 

 


ゴーギャンとゴッホの関係とは?

 

 

 

 

彼らはお互いにアーティストとして、輝かしい未来を目指していました。

 

 

 

ゴッホは器用な性格ではなかった為に、親戚から反感を買ったり、恋愛に関しても不器用でなかなかお付き合いすることができませんでしたが、ゴーギャンに対しては同士という感情を持っていて、一緒に絵を描く為にゴッホ自ら部屋を用意し、共同生活を始めました。

 

 

しかし一緒に行動していく中で、お互いにお互いの事が理解できなくなり、結局別々の人生を歩むようになってしまったのです。

 

 

 

この状況がキングコングの二人と重なる部分があり、つい巨匠たちと結び付けてしまいました。

 

 

 

 

 

 


初めてお笑いで賞を獲得したのは?

 

 

 

「NHK上方漫才コンテスト」で2000年に最優秀賞をとりました。

 

 

NSCに在学中のコンビを結成して5ヶ月たった19歳の時に獲得しているので、本当にすごい快挙だと思います。

 

 

 

そして翌年には「ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞」と、「OBC上方漫才大賞新人賞」「YTV上方お笑い大賞最優秀新人賞」の3つの賞を受賞しているのだから、有言実行していてすごいと思いました。

 

 

しかしあまりにも優秀な成績が続いたことで天狗になり、その人気も長くは続きませんでした。

 

 

 

 

 

 


順風満帆に見えて、そこには落とし穴が・・・

 

梶原さんが突然、消息不明になり活動休止したこともありました。

 

 

ストレスからカラオケボックスに引きこもり、誰とも連絡を取ることなく一人そこにいたみたいです。

 

 

お笑い界への復帰には2ヶ月かかったそうで、その間西野さんが一人で乗り越えてきたのです。

 

 

 

 

相方に謝りに行った時は、どんな気持だったのでしょう?

 

 

 

「すまん! 申し訳なかった! 殴ってもええぞ・・・」

 

 

と梶原さんに言われても、ギターも持った状態のまま、

 

 

「ええで!」

 

 

と言って、殴ることなく、あっさり迎えてくれたそうです。

 

 

 

この時、梶原さんは西野さんの優しさに感謝したそうです。

 

 

 

 

やっぱりキングコングは見えない絆で繋がっていたんですね?

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

人生いろいろと言うけれど、芸人ほど人生が左右する職業はないと思います。

 

 

 

人気が全てのバロメーターであり、何か事件を起こすとすぐ干されてしまう・・・

 

 

 

天国から地獄に落ちるのに時間はそうかからず、すぐ視聴者の記憶から消えてしまう・・・なんとも恐ろしい仕事だと思います。

 

 

 

 

しかしそれを目指して努力しているお笑い芸人を含めた、芸能人の皆さんには忍耐強さと努力があると思います。

 

 

だから芸能界から身を引いても、別の職業で成功できるのだと思いました。

 

 

持っている才能ばかりではなく、努力も忍耐力も一般人より勝っているということですね?

 

 

 

 

本当に見習わなければならないことばかりです。

 

 

 

私も一つのことに集中して、将来的に実を結べるように日々努力していこうと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

江崎びす子の「夢かわいい」「病みかわいい」が人気に!体温計までアクセサリーに?

東京都世田谷区出身の男性漫画家、江崎びす子さんは、「病み可愛」の「メルヘラチャン」のキャラクターで売

記事を読む

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

24時間テレビの番組パーソナリティー サンドウィッチマンの面白トーク炸裂か? 今年のパーソナリティーは?

今年(2018年)の24時間テレビは、8月25日と26日の土日で、あの「何言ってるかわからないんです

記事を読む

赤いメガネがトレンドマークの奥華子 イベントでの観客ゼロのワケ・・・

7月16日の大阪公演の第2部に誰も観客が来なくて、後から応募当選した人たちへのメールが送信されていな

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

チョコレートはバレンタインデーだけではない! 「たまには自分にご褒美しないと・・・」おすすめチョコレートランキング、トップ10!

バレンタインデーが近づくと、スーパーやコンビニでは1ヶ月以上前からチョコレートが陳列棚に並び始め、品

記事を読む

さんま御殿出演の伊達ちゃんと富澤さんは、なぜ好感度ナンバーワン?? サンドウィッチマンは弱い者の味方・・

7月10日の「踊る!さんま御殿」3時間スペシャルは盛り沢山の内容で、合間合間に好感度2位のさんまさん

記事を読む

糖尿病や高血圧、脂質異常から身を守る低GI食品! 食後の血糖値の上昇を抑えてくれる、優秀な食材とは?

GI(グライセミック・インデックス)は1981年に、トロント大学のジェンキンス博士らが発表し、現代人

記事を読む

徳永英明がたちくらみ訴え救急搬送!今後の全国ツアーは?

歌手の徳永英明(57才)が4日午後に、都内にある事務所で体調不良を訴え、スタッフが大事をとって119

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑