*

盲目の少年ドラマー酒井響希くん・・・「ママもう泣かんといてな」とプロドラマーとしての決意宣言を!

2月26日の朝の情報番組「スッキリ!」で、大阪に住む盲目の少年ドラマー酒井響希くんがステージ上で演奏を披露し、将来の夢を語り、2018年4月2日にスッキリ!に生出演してからも急成長を見せている響希くんの姿に、母も感動の涙を流していました。

 

 

 

 

 

 


「ママが横におるだけで楽しい♪」

 

 

 

 

「希望を響かせる」という両親の願いから響希くんと名付けられ、すくすく育ちましたが、1歳の時に左目の異変に気づいた母は、急いで大きな病院へ連れて行き検査をしました。

 

 

 

響希くんは「網膜芽細胞腫」と診断され、医者はその場ですぐ摘出手術を受けてくださいとご両親に告げました。

 

 

 

 

しかし、すぐには両目の摘出手術には踏み切れずに、抗がん剤治療を選択しましたが、ガンの進行を止めることはできませんでした。

 

 

 

 

 

そして主治医の先生が、

 

 

「取った後の響希くんを育てるのはお母さんだし、家族だし、無責任な言い方かもしれないけれど、私たちは育てるわけではないからね。

 

 

でもね、今なら命が絶対に助けられるから・・・助かるから。

 

 

だからお母さん、(両目を)取ってください。」

 

 

 

というように言われて、両目の摘出手術に踏み切りました。

 

 

 

 

盲目になってしまった響希くんですが、「ママが横におるだけで楽しい♪」と、今は元気よく暮らしています。

 

 

 

 

 


「ママー、もう泣かんでいいよ」

 

手術後の響希くんは、物が見えなくなってしまったために食べることを嫌がり、どんどん痩せていきました。

 

 

お母さんは泣いてばかりで、響希くんを外に出すことも拒んで、その時は絶望と不安しかありませんでした。

 

 

 

そんな時、成長した響希くんが

 

 

「ママー、もう泣かんでいいよ。」

 

「僕な、もうなんでもできるからな。」

 

 

 

と言って、お母さんは、自分が泣いているのがきっと嫌だったからではないかと話していました。

 

そして、何気にポーンと言われたことが、本当に申し訳なかったなぁ~と思ったようです。

 

 

 

 

 

 


音楽に興味を示す・・・

 

 

 

 

マドラーで叩いて遊ぶことが好きで、部屋の中で叩いていた所は後が残ってしまうほど熱中しました。

 

 

 

 

お父さんがドラムセットのある場所へ連れて行ったことがきっかけで、音楽に興味を示し、Def Techのコンサートへ行き、ハワイ育ちのShenと東京出身のMicroの2人(インディーズレゲエユニット)に会い、4年後一緒にステージに立とうと約束し、2018年7月に、観客2500人の前でドラムの披露をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


演奏後の感動的なコメント・・・

 

 

 

 

「またいつか、大きな舞台に立つことを夢見て頑張ります。

 

 

そして最後にママ・・・今まで僕を育ててくれて、ありがとう。

 

 

僕は僕に生まれてきて良かったです。

 

 

 

これからもプロドラマーとして、一生懸命生きていきます。

 

 

ママ、もう泣かんといてな。」

 

 

 

 

 

 


春から中学生に・・・

 

 

外を歩く時は、支援学校の先生が付き添ってくれていますが、1人で外を歩けるようになりたい・・・と新たな挑戦をしようとしています。

 

 

 

1人で白杖を持って、いずれは1人で電車に乗って、すいすい行けるようになりたいと、いつでも前向きな姿勢です。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

人生は挑戦への連続・・・というけれど、盲目であることをしっかり克服して、元気よく生きている響希くんは凄い精神力の持ち主だと思いました。

 

 

お母さんと一緒にいる時が楽しくて、自分で何でもできるから心配いらないと、本当に心優しい響希くんには、きっと周りに自然と協力してくれる人達が、これからも増えていくことだと思います。

 

 

将来の道がすでに見えているので、ご両親も少しホッとされていることと思います。

 

 

プロのドラマー目指して、これから前進あるのみですね?

 

演奏が楽しみです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

今年の梅雨明けはいつ頃?気象庁の出した梅雨入りと梅雨明け宣言。

四季のある日本や韓国北朝鮮などは、毎年梅雨明けを待ち続けて、夏休みがくることを楽しみにしているのでは

記事を読む

「駆け込み乗車」防止策出動!!  発車ベルは鳴らさず、ドア開閉のお知らせはスピーカーから・・・

駆け込み乗車の影響で列車の遅れや、事故が多発している為に、JR東日本では8月1日から常磐線の一部区間

記事を読む

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

鉄腕アトムの「空飛ぶクルマ」が現実のものに! 2000万円台で、2023年の一般発売を目指し開発~

トヨタ自動車やパナソニックなどが支援する開発者グループの「カーティベーター」は、2023年に「空飛ぶ

記事を読む

6月に女性を襲う不快臭撃退法! 梅雨時にでる、嫌な臭い

汗臭と疲労臭と加齢臭と後一つがやっかいな臭いで、加齢臭の倍の臭いがするミドル脂臭は、女性から放つ臭い

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

「月旅行」ZOZO前澤社長の計画は順調か? 1,000億円かけた壮大なロマンは夢で終わる?

女優の剛力彩芽の交際相手、ZOZOTOWNの前澤社長は、月旅行へ画家やミュージシャン、小説家など幅広

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

医師100人が選ぶ、身体に良い夏野菜ランキング! 栄えある1位の野菜とは?

夏が来ると暑さで体力が消耗したり、熱がこもり脱水症状から熱中症になったりと注意が必要な季節に、手軽に

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑