*

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマホ依存症」や、スマホの使いすぎで肩こりや頭痛、吐き気までもよおしてしまう「スマホ症候群」が急増し、便利であるはずのスマホが悩みのタネとなっている今の時代、改善策をしっかり考えていくことが重要なポイントです。

 

 

 


バスの中でも電車の中でもスマホを・・・

 

 

少し時間があれば、必ずと言っていいほどスマホを操作していることってありますよね?

 

 

 

携帯電話とは違って、アプリをダウンロードすれば、限りなく色々なことができてしまい、パソコンとも違うお手軽なスマートフォン機能は、私たちの生活に欠かせない存在になってきています。

 

 

 

国内普及率は約50%ということで、2人に1人がスマホを持ち、また10代~50代に限って言えば、60%以上の人がスマホを利用していると言われています。

 

 

 

 

 


「スマートフォン症候群」とは?

 

 

スマホの長時間の使用によって起こる、肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの症状のことを「スマートフォン症候群」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

スマホの利用に関しては、こういった身体の直接的な不調だけではなく、スマホがないと不安に感じてイライラしたり、とても心細くなって落ち着かなくなったりと、精神面の不調を引き起こす「スマホ依存症」なども社会問題になっています。

 

 

 

 

 

スマートフォン症候群について、いくつ当てはまることがあるのか、自己チェックしてみましょう!

 

 

・肩こりや首が痛くなる

 

・1日1時間以上利用する

 

・目が疲れやすい

 

・首を後ろに倒すと痛みがある

 

・猫背である

 

・頭痛持ちである

 

・肩が上がらない

 

 

当てはまった数によって、スマホからの影響が大きく、うつむいた姿勢での首への負担は、正しい姿勢で過ごしている時の約3倍もあることがわかってきたのです。

 

 

 

 

人間の頭部の重さは5~6kgはあると言われていて、5kgの米袋を首で支えていると考えると、うつむき姿勢になることが相当の負担であることがわかります。

 

 

 

 

 

 


肩こりになる根本的な原因とは?

 

 

人間の体で痛みを感じるのは、神経が通っているところです。

 

 

 

よく歯痛などで神経が出てきてしまって、痛くて我慢できない時に、神経を抜いてもらうことってあると思います。

 

 

 

 

肩こりや痛みの直接的原因は、神経がある筋肉が緊張した状態になり、血管や神経が圧迫されるために、痛みや痺れが出てくるのです。

 

 

 

 

 

 


首の負担を軽くして、筋肉を休ませる方法とは?

 

 

首の負担を減らすためには、長時間座っていたり、うつむき姿勢を減らすことです。

 

 

 

長時間のデスクワークなどは、もっとも神経に負担がかかる行為で、仕事するのをやめるわけにはいかないので、ストレッチを間に挟んだりして筋肉をほぐすことが良いと思います。

 

 

 

 

あとは寝ている間に、いかに筋肉を休ませるかが回復のカギとなってきます。

 

 

 

人間は、人生の時間の3分の1は寝ています。

 

 

 

 

 

この睡眠時間に筋肉を休ませることで、筋肉が緊張された状態から解放されるのです。

 

 

 

 

安眠枕や首ウォーマーなどを上手に使って、肩こりなどのない快適な生活を過ごしていきたいですよね?

 

 

 

 

 

 

 


自然な寝返りが打てる安眠枕

 

 

人は寝ている時に、一定の部分に重みがかかって筋肉が疲労したり、血液やリンパ液の循環が悪くなったりするのを避けるために、20回以上寝返りを打ちます。

 

 

 

寝返りによって、血液循環を正常に戻し、筋肉を休ませてくれているのです。

 

 

 

 

 

そのためには自然に寝返りが打てる、自分に合った安眠枕があると良いと思います。

 



 

 

 

 


まとめ

 

 

パソコンが普及し始めた頃には電磁波が気になり、電磁波防止フィルムや、長時間座っていても腰が痛くならない、後ろに足を引っ掛けて座るタイプの椅子などが出回ったりしたことがありました。

 

 

 

スマホを使うようになってからは、スマホホルダーなど立てて動画を楽しんだり、指にフィットさせて落下させないアクセサリーを目にするようになりました。

 

 

 

快適に使用するためのアクセサリーは、やはり重要だと思います。

 

 

 

 

 

安眠枕もITの世の中には重要な役割があり、種類も豊富に出ています。

 

 

 

その他、首ウォーマーなど、普段でもスッポリ被って、首をリラックスさせる効果のある商品も出ています。

 

 

 

 

 

 

首ウォーマーについては、こちらをご覧になってみてくださいね?

 

 

肩こりでお悩みの方には安眠枕と首ウォーマーを・・・ ストレス解消で活力アップの効果!

 

引用:カフェちっくな日常

 

 

 

 

 

 

毎日使うスマホだから、快適に無理なく使っていきたいですね?

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品を摂取することによって、糖尿病

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

彫刻メイクで、特殊メイク並みの変身を自分で・・・今中国で大流行の造形的なメイクとは?

40分メイクですっかり変身できて、映画の特撮に負けない特殊メイクが自分でできる、粘土のようなクリーム

記事を読む

ついに日本にもカジノが・・・ 与党賛成多数で統合型リゾートの実現へ・・・

19日の衆院本会議で与党などの賛成多数で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、日本

記事を読む

田中将大、里田まい、第2子女児誕生の喜び 「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の心情はいかに?

米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(30)と、妻でタレントの里田まい(35)の間に第2子となる女児

記事を読む

クレカ利用率の最多年齢は41歳~50歳! まだまだキャッシュレスに慣れていない日本

カードを持つことによってポイントが貯まったり、現金をお財布から出し入れする手間もなく、お財布の軽量化

記事を読む

電気を使わず、坂道スイスイ~ レンタサイクルのビジネスも拡大!

シェアリングは都心ではすでに日常的に利用されているようで、通勤通学時に乗り捨てできることで大変便利に

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ゲンキング(GENKING)がカミングアウト! タイで手術し女性ホルモンで、体重6キロ超・・要注意

タレントのゲンキング(GENKING)が性同一性障害の診断を受け、タイ

やる気が出ない・・過重労働や睡眠不足、食欲不振などによる副作用で「やる気」が減退・・・改善法とは?

仕事をするにも「やる気」が出ない・・休日にする事がなく過ごしてしまう・

田中将大、里田まい、第2子女児誕生の喜び 「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の心情はいかに?

米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(30)と、妻でタレントの里田まい

菅田将暉、映画「糸」で主人公に投入~ 中島みゆきの名曲をどう演じきるのか?

中島みゆきさんの名曲「糸」から、映画「糸」が製作され2020年に、公開

腰痛は体重と関係あり? 腰痛による痛みの症状は、背骨・神経・精神によるものが多く改善法は様々?

寒くなると神経痛が出て・・と子どもの頃よく老年期の方が、腰や足をさすっ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑