*

ダンシングヒーローとペッパー警部

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 芸能

去年の日本レコード大賞は、とっても華やかで、1980年代のヒット曲が流れて懐かしく、あの頃にタイムスリップしたような気分でした。

 

こんなことを言うと、すぐ歳がバレてしまうけれど、私たちの時代のアイドルは、アイドル全盛期と呼ばれていて、殆どがグループではなく一人で活躍していました。

 

アイドル同士がCMに出れば、その商品が爆発的に売れて、とにかく凄かったのを覚えています。

 

特にグリコポッキーのCMは、電話ブックス(最近めっきり見なくなりましたよね?)をバックに聖子ちゃんと、俊ちゃんが待ち合わせして、フレッシュな二人が楽しげで、話題になりました。
ポッキーも買って食べましたよ(#^.^#)

 

 

荻野目ちゃんのダンシングヒーローは、確かアイドル全盛期を少~しだけ過ぎた頃にヒットして、その曲がまた返り咲いているということで、名曲はいつまでたっても変わらず、広い年齢層に親しまれ、その時代を強調させるような大きな存在になっているんだなぁ~と思います。

 

ピンクレディーのミーちゃん、ケイちゃんも、ダンスは現役バリバリで、地元静岡に住んでいる私たちの誇りでもあり、その頃YouTubeなんてなかったので、動画をアップすることもなかったけれど、ペッパー警部やUFO、渚のシンドバッドやウォンテッド、サウスポーやSOSなど、軽快でノリの良いダンスをみんな密かに踊ったりしていました。

 

中でも私が好きだったのは、透明人間とカルメン77でしたヽ(^o^)丿

 

 

毎回変わるステージ衣装も人気を集め、ピンクレディーのフィギアも出回っていました。

女の子がよく遊んでいた着せ替え人形で、次から次へとシングル曲が出ていたので、きっと生産が間に合わなかったんじゃなかったのかな?

 

 

実は、私の職場の上司(元中学校長)が、ケイちゃんの中学(末広中)の時のバスケ部の顧問で、静岡でのコンサートの時には、よく同級生や部活の顧問の先生が呼ばれて、私の上司も楽屋まで行ったそうです。

 

その時、ミーちゃんとケイちゃんは、大きなタライに水をはって足を入れて冷やしていたそうです。

そう、今で言うアイシングですね?

 

ヒールの高いパンプスを履いて、ハードなダンスを何時間も踊るのは、かなり大変だったと思います。

裏では、ステージでは決して見せないご苦労があったんですね?

 

ますますお二人の活躍から目が離せなくなり、応援したくなりました。
そして、荻野目ちゃんにもアイドル時代と変わりなく、頑張ってほしいです(^^♪

スポンサードリンク



関連記事

財前直見ドラマ出演、御巣鷹山での惨事を再現!日航機墜落事故から33年経った今・・・

川上慶子さん、あの時確か12歳くらいだったと思うけれど、日航機123便が御巣鷹山へ墜落しての生存者救

記事を読む

今井四段、応援してます。

将棋の世界は、奥が深いんですね~ 私が子どもの頃、仕事の合間に父親と伯父さんが、将棋を打ってい

記事を読む

2010年設立の「GirlsAward」は日本のファッションイベント! インスタで人気の韓国人モデル出演決定~~

GirlsAwardは若年女性向けのリアル・クローズを対象としたファッションショーで、服飾製品販売や

記事を読む

えっ?村上春樹がラジオDJに?? 村上RADIO(レディオ)、村上春樹初のラジオ放送が始まります。

8月5日(日)のJFN系列全国38局ネットで、午後7時から7時55分まで、作家の村上春樹さんがラジオ

記事を読む

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

伊達ちゃんがドッペルゲンガー?? ソックリさん、いらっしゃい! ポイントは「おでこ」です。

サンドウィッチマンの伊達みきおが、ブログの中で「 ドッペルゲンガーかと思う程激似! 」と紹介した男性

記事を読む

お値段以上、ニトリ!

「お値段以上、ニトリ!」 のCMでもお馴染みのニトリの創業者である、似鳥会長が朝のワイドショー

記事を読む

高畑充希とYOSHIKIの「Xポーズ」のツーショット写真を見ての、ファンの要望とは?

NTTドコモのCMで「紅に染まった~この俺を~~」と、熱唱していた女優の高畑充希が「紅」を楽曲に持つ

記事を読む

乳がん手術後の再建方法と生活の変化、そして若年性乳がんと戦うには?

10月は乳がんについて見直す「ピンクリボン月間」で、今回は手術後の生活と若年性乳がんを克服して明るく

記事を読む

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑