*

アバ再結成?? マンマ・ミーヤ! 新アバ誕生の裏側とは・・・?

公開日: : 最終更新日:2018/08/23 最新情報, 芸能

軽快な音楽♪でついつい楽しくなっちゃう・・・そんな40代~50代の人達にはお馴染みのアバのメロディーは、まだまだ人気が継続しています。

 

私が好きな曲の一つは、ダンシング・クイーンで聴いているだけで自然と体が動き出してしまいます。

 

 

今から20年以上前に、六本木で劇団四季のこけら落としとして、アバの曲にもある「マンマ・ミーヤ」のミュージカルを職場の先輩と観に行きました。

 

途中途中に曲が流れ、その度になんだか懐かしい気持ちになりました。

 

 

70年代後半から80年代初頭に数多くのヒット曲を生み出した、スウェーデン出身の4人グループのアバが、35年ぶりに再結成と新曲制作を発表しました。

 

しかしなぜ今?どんな形で?と思われるかもしれませんが、1982年にアバとしての音楽活動を停止し後も、ファンや音楽関係者などによって、オリジナル曲としてやカバー曲として、また映画音楽やドラマ、ミュージカル曲として根強い人気を持続してきました。

 

 

 

そして今回のレコーディングは、2019年にスタートする再結成ツアーの為であり、いつもと違うところはAI(人工知能)とVR(バーチャルリアリティー)を使いアバターとして表現されているということなのです。

 

時代はついにバーチャルへと突入してきました。

 

実在のメンバーは存在しないデジタル・アバで、どこまでお客さんが満足できるのか?とても気になるところです。

 

今年の12月には、アメリカNBCとイギリスBBCの共同制作によるテレビ番組で発表される予定ということなので、海外の反応が先にくると思います。

 

 

日本国内でも、待ちわびている人は沢山いると思います。

 

私もその一人ですが、AIやVRを駆使して作られたデジタル・アバの完成度が今からとても楽しみです。

 

 

70年代後半へと戻って再現されるのか、全く違った形でのアバが誕生するのか、そのところは実際の映像を見てみないとわかりませんが、これからまた色々可能性が出てきそうです。

 

久しぶりにアバのアルバムが聴きたくなりました。

 

 

気持ちを向上させ、ポジティブな気持ちにさせるアバの音楽は、やはり永遠の楽曲だと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

アバの曲は一度は聴いたことがあると思いますが、中でも好きな曲はありますか?

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ガストなどファミレスで、プラスチック製ストロー利用中止!

環境破壊や人体にも良くないということで、ファミリーレストラン最大手の、すかいらーくホールディングスは

記事を読む

料理に役立つ、得ワザ!

目から鱗、主婦にとっては、知って得する情報です。   ・・・と言っても、またま

記事を読む

伊達ちゃんがドッペルゲンガー?? ソックリさん、いらっしゃい! ポイントは「おでこ」です。

サンドウィッチマンの伊達みきおが、ブログの中で「 ドッペルゲンガーかと思う程激似! 」と紹介した男性

記事を読む

高畑充希とYOSHIKIの「Xポーズ」のツーショット写真を見ての、ファンの要望とは?

NTTドコモのCMで「紅に染まった~この俺を~~」と、熱唱していた女優の高畑充希が「紅」を楽曲に持つ

記事を読む

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

働き方改革の実態とは? 理想と現実

今、国会で審議中の働き方改革に、全ての労働者の皆さんが期待し注目してきています。  

記事を読む

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑