*

スッピンのブルゾンちえみ 35億の価値は、彼女の飾らない人柄?

男性の数をガムに例えて、味がしなくなったら交換すればいい・・・と、

地球上には男の人ってそんなにいたんだね?

35億も?

それは多分動物のオスも、虫たちも含めて言っているのかな?

 

大ブレークして、24時間テレビでのチャリティーマラソンのランナーとして、ブルゾンちえみさんの名は広く知られるようになりました。

 

岡山県出身で、教育者の一家に生まれたことから、島根大学教育学部に入学しましたが、先生になることが目的ではなかったブルゾンちえみさんは、劇団や音楽専門学校へ進み、ワタナベエンターテイメントカレッジに入学したことがきっかけとなり、芸能界入りしました。

 

35億で大ブレークして、その後のネタ作りに骨を折っているようで、一発屋で終わらないことを願っているそうですが、バラエティーやCMにも多数出演されていて、そんな心配はいらないように思いますが、でも気になるところですよね?

 

ドコモのCMでは、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんがお母さん役で、ブルゾンちえみさんが娘役として、仲の良い親子を演じています。

ブルゾンちえみさんは、コシノジュンコさんのバースデーパーティーで一緒になった時に、「チャーミング」と言われたことが嬉しくて、以前からメイクやファッションも真似ていたので、ある意味ファンだったということでしょうか?

 

このCMは、綾野剛さんとブルゾンちえみさんが兄妹で、その母親がコシノジュンコさんという設定ですが、私はずっと勘違いをしていて、綾野剛さんのお母さんがコシノジュンコさんであることはあっているのですが、ブルゾンちえみさんは綾野剛さんの奥さんで、コシノジュンコさんはお姑さんの設定だとばかり思っていました。

 

だから温泉へ行って、二人仲良く写真を撮った写メを、仕事中の綾野剛さんに送った時に、「仲良過ぎだろう~」というセリフが出ていたのだと・・・

大変な勘違いをしていました。

 

 

ブルゾンちえみさんの今後の目標は、「徹子の部屋」のような本音トークで語り合う番組をやることみたいです。

 

頭の良いブルゾンちえみさんには、ピッタリな番組だと思います。

 

その為にはバラエティーもそうですが、クイズ番組にも出て自分を試していくのも良いかもしれません。

いつでも本音トークで、正直で飾らない人柄が人気の秘密であり、35億の価値があると思います。

 

バッチリメークをしなくても、素顔のままでも、人柄と持ち合わせた独特の雰囲気で、十分カバーできるはずなので、頑張ってほしいと思います。

 

今後の活躍が楽しみです(´▽`*)

スポンサードリンク



関連記事

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

村井良大はイケメン4人組「天正遣欧少年使節」のメンバー ミヤネ屋では溝端淳平の写真と間違えられて掲載!

10日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、モデルの美優(31才)との交際が発覚した、俳

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

江崎びす子の「夢かわいい」「病みかわいい」が人気に!体温計までアクセサリーに?

東京都世田谷区出身の男性漫画家、江崎びす子さんは、「病み可愛」の「メルヘラチャン」のキャラクターで売

記事を読む

松田翔太と秋元梢の結婚式と披露宴は、都内のホテルで9月上旬に!

すでに今年4月25日に結婚している松田翔太(32才)と秋元梢(30才)が、都内のホテルで9月上旬に挙

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

クレーム対応も仕事の一つ! クレーム対処法、参考例4ステップ

クレームはどんな仕事にもつきもので、その時のちょっとした対応の違いで結果の差が現れ、後からそうなって

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

ダンシングヒーローとペッパー警部

去年の日本レコード大賞は、とっても華やかで、1980年代のヒット曲が流れて懐かしく、あの頃にタイムス

記事を読む

ジャマイカの音楽は、東京スカパラダイスオーケストラ コラボ作品続出!

朝の情報番組「スッキリ」で、4年ぶりに生パフォーマンスを披露してくれたのは、東京スカパラダイ

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑