*

自動車大国、中国!

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 最新情報

エッ? あんなところに道路標識を書いてる?

テレビの映像を見ていて、目を疑ってしまいました。

車が次から次へと走っている車道で、白いペンキの缶と、刷毛を持った男性が、必死で直進のマークを書いているのです。
車はちゃんと止まってくれていますが、前方に気を付けていない車のドライバーは、冷や冷やすると思います。

元の標識は、左折と直進になっているのですが、もう薄くなってしまっているので、その上からハッキリと直進のマークを白いペンキで書いて、車を左折させないようにしています。

警察に捕まって、取り調べの時に、
この道路はいつも混雑しているから、直進しかできないように回避したかったということで、別に悪いことをしたという様子もなく、それでも17,000円の罰金は払ったそうです。

他にも、路肩に駐車スペースの白線を勝手に引いて、そこに停めた車の人から、駐車料金を受け取り、月に2万元(34万円)粗稼ぎしている人がいるそうで、捕まって1万元(17万円)の罰金を払うことになっても、儲けが出るので、犯罪はなくならないそうです。

いったい何が原因なのか・・?

まず中国国内の車の台数が多い事が原因の一つのようです。

車の台数が3億1000万台で、駐車スペースが2億6000万台、

ということで、5000万台があぶれてしまっている状態です。

どうして駐車スペースがなくても車を購入できるのか?と、考えてしまいますよね?

中国は、車庫証明がいらない国なんですね~ 日本では考えられないです。

一家に1台とはいかない家もあると思うし、もしかしたら世帯数と同じ台数で、車を所有しているかもしれないのに、駐車場や車庫がなくても購入できてしまうなんて・・・

だから車を停めておく場所がなくなり、車の台数が増えて、駐車場が間に合わないんですね?

人口密度の高い国は、ぎゅうぎゅうとひしめき合って生きているから、車も大変なことになっているんですね?

電柱に自分の名前の看板?

不法に看板を作って設置している人の取り調べも強化しているみたいで、不法な標識や看板を見つけると、早急に撤去され、その撤去数も多いようです。

中には学生が、自分の名前が書かれた看板を電柱に不法に取り付けて、何年もわからずに放置され、大学の論文でそれについて書いたことから、足がついて看板は外され、本人は捕まったということがあったみたいです。

しかし何の為に電柱に名前を書いた看板を付けたのか?

考えただけでは理由がよくわからない、本人にしかわからない何かがあったんでしょうね?

スポンサードリンク



関連記事

「駆け込み乗車」防止策出動!!  発車ベルは鳴らさず、ドア開閉のお知らせはスピーカーから・・・

駆け込み乗車の影響で列車の遅れや、事故が多発している為に、JR東日本では8月1日から常磐線の一部区間

記事を読む

トレンディーな体型とは?美しい歩き方でキープ! みんなで美脚を目指そう(^o^)

いつまでも美しい体型を保ち続けるには、食事でのダイエットやスクワットなどの過酷な運動や努力が必要だと

記事を読む

剛力彩芽と稲垣吾郎、舞台で初共演! 激しいぶつかり合いで、本気モード

「No.9-不滅の旋律-」の主人公であるベートーヴェンを、2015年の初演に続き稲垣吾郎が演じ、ベー

記事を読む

缶コーヒーWiki おすすめをメーカーさんに聞きました! 自販機やコンビニで買える缶コーヒー

自動販売機やコンビニで手軽に買えて、すぐ飲むことができる缶コーヒーは、日常の中で不可欠な存在となり、

記事を読む

冬に最適、ハンドクリームで手荒れ予防!

今日は手荒れについて書いてみようと思います。 女性の大敵、冬になると急に増える手荒れ、指先のパ

記事を読む

「忘れられない父の言葉」 みんな心の奥底で感謝してます。

6月25日のスッキリ!タッチでは、父が発した忘れられない一言を街頭インタビューから調査して、お父さん

記事を読む

最先端技術を持った、日本のトヨタ! コネクテッドカーとして、新型クラウンとカローラスポーツ

6月26日にコネクテッドカーとして、トヨタは高級車の「クラウン」フルモデルチェンジと、新型車として「

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

脱出劇!タイ北部のタムルアン洞窟で、少年4人が脱出成功

タイ北部の洞窟へ6月23日に入り、戻って来れなくてなっていたタイのサッカー少年とコーチを含む13人の

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑