*

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

公開日: : 最終更新日:2018/07/19 最新情報, 生活, 芸能

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木坂46の写真集「乃木撮」が上位を占めて、3位にランクインした奇跡の実話を漫画にした矢部太郎さんの「大家さんと僕」がなんだか面白そうです。

ページを開いていくと、自己紹介と大家さん紹介が載っていて、なんだかほのぼのとした気持ちになりました。

 

 

矢部太郎

東京生まれ東京育ち。
お笑いコンビ「カラテカ」のボケ担当。
8年前から、大家さんの家の2階に間借りしている。
テレビのバラエティでうまく喋れないのが悩み。
同世代の女性より、大家さんの方が話が合う。

 

 

大家さん

東京生まれ東京育ち。
矢部太郎の大家さん。
とても上品な物腰で、挨拶は「ごきげんよう」。
矢部との「二人暮らし」が楽しくて寿命が延びたそう。
好きなものは伊勢丹とNHKと羽生結弦くん。

 

 

4ページから始まる、「おかえりなさい」「おひとり暮らし」「大家さんの部屋」、そして結末に近づいていくと、101ページから「入院」「ひとりは寂しい」そして、「大家さんと僕」で締めくくられています。

 

お笑い芸人では、ピースの又吉直樹さんが書いた「火花」が大ブレークして、現在作家活動に一時転職していますが、年齢は矢部さんより若いけれど、お手本になる先輩だと思います。

 

 

 

 

矢部太郎さんについてちょっと調べてみたので、ご紹介してみようと思います。

 

1977年6月に東京都東村山市に生まれ、父は絵本作家のやべみつのりさんで、矢部太郎さんは吉本興業所属のお笑いコンビ「カラテカ」のボケ担当です。

身長は158㎝で小柄、血液型はAB型で、最終学歴は、東京学芸大学教育学部国際教育学部欧米研究除籍ということで、かなり優秀です。

 

トーハンのベストセラー本の1位と2位の共通点は、知名度がありグループで活動しているので、既にファンがついているということで、それに比べて3位の「大家さんと僕」には元々のファンもいなく、孤独で寂しい作者が自分の生活を書き綴った漫画であって、ランクインしたので冒頭にもありますが、本当に奇跡だと思いました。

 

 

元々文才も絵心もあり、独特のキャラクターが人を惹きつけたのだと思います。

 

私生活で前に借りていた部屋で、テレビの深夜ロケということで、ポケバイに乗ったレーサーに部屋を走り回られたり、突然訪問された霊媒師にお札を部屋中貼られたりして、結局大家さんに追い出される結果となり、大変な仕事だなぁ~と思いましたが、その事がきっかけで、品の良い大家のおばあちゃんに出会えたのだから、結果良ければ全て良しということで良かったのかなぁ?と思いました。

 

 

 

まとめ

久々にほのぼのと温かい気持ちになる本に出会えたので、また時間のある時にでも読んでみたいと思います。

 

芸人は自分でネタや売れる為のアイデアを日々考えているので、心の中に秘めている物は大きいと思います。

その秘めた想いを文章にしたり、漫画にして人に伝えることは自己啓発でもあり、知名度を上げる為の手段の一つだと思います。

 

どんどん進んで発信して、自分をアピールしていくことは今の時代必要なことです。

矢部太郎さんのこれからの作品、とっても楽しみにしています。

 

 

トーハンサイトから試し読みも出来ますので、興味のある方は是非検索してみてくださいね?

 

 

こちらからは、又吉直樹さんの火花がご覧になれます。

まだ見ていない映画やドラマが豊富にあります。この機会に覗いてみてくださいね。

スポンサードリンク







関連記事

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

村井良大はイケメン4人組「天正遣欧少年使節」のメンバー ミヤネ屋では溝端淳平の写真と間違えられて掲載!

10日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、モデルの美優(31才)との交際が発覚した、俳

記事を読む

余った肉じゃがを別料理に! 和風から洋風や中華へ・・・

以前もゆうこりんこと、小倉優子さんのお料理についての記事をアップしましたが、今回も素晴らしいアレンジ

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

トレンディーな体型とは?美しい歩き方でキープ! みんなで美脚を目指そう(^o^)

いつまでも美しい体型を保ち続けるには、食事でのダイエットやスクワットなどの過酷な運動や努力が必要だと

記事を読む

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

まるでピカソみたい~「幸福洗脳」Tシャツからパーフェクトヒューマン、そして次は「禅徳寺珈琲」とオリラジ中田は、パクリ名人だった?

アメバTVでキングコング西野との、お中元・お歳暮スィーツ販売戦略のコンサル番組で、自らのブランドTシ

記事を読む

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑