*

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン選手「デニス・テン」さんが刺殺されたと報じられ衝撃が走りました。

 

 

デニス・テンさんは初のオリンピックメダリスト

カザフスタンでは初のオリンピックメダルをとったデニス・テン選手は、身長168㎝で25歳、そして銅メダルをとったソチオリンピックの時には20歳でした。

2015年におこなわれた四大陸選手権では、金メダルを獲得しました。

 

大学で経済学を学んでいて、将来は映画の脚本や台本を書いてみたいと思っていたそうです。

 

デニス・テン選手は、韓国の独立運動家の直系の子孫であるそうで、スポーツ万能、頭脳明晰で、本当に尊い命が奪われてしまいました。

 

 

車のミラーを盗まれて、口論に・・・

アルマイト市内のカフェで食事をしていて、ふと車の方に目をやるとミラーが無いことに気づいて、急いで車の停まっている方へ走っていくと、サイドミラーを盗もうとしていた男2人組と口論になり、取っ組み合いの喧嘩になった結果、相手が持っていた刃物で太ももを刺されて、男2人はその場を立ち去りました。

 

デニスさんはその場に倒れて、3リットルくらいの出血をして、病院へ救急搬送された時には既に重体で、2時間以上も心肺蘇生術を行ないましたが、助かりませんでした。

 

動脈を切られた状態で大量の出血があり、病院の院長も既に運ばれてきた時には死んでいるような状態だったと言っていました。

 

 

街の治安は?

カザフスタンは隣国ソ連と同じように、治安はあまりよくはなく、危険度レベルは1で注意が必要な国です。

 

デニスさんを刺した男2人は、盗んだミラーを売るつもりでいたらしく、口論になった時にはデニスさんに対して殺意があったそうです。

 

 

フィギュアスケート界のヒーロー

デニスさんはカザフスタンでは、初のオリンピックメダリストで、誰もが知るヒーローで、日本の長嶋茂雄さんと同レベルくらいの存在でした。

 

日本のフィギュアスケート界でも、動揺が隠せなくて、浅田真央さんも「なぜ、信じられない」とコメントを残し、荒川静香さん、デニスさんの友人である高橋大輔さん村上佳菜子さん羽生結弦さんも、信じられない・・とコメントを残しています。

 

皆さんデニスさんとは、いろいろな思い出があったようで、いつでも一生懸命な彼の姿を見てきていて、応援したいと思える仲間が大勢いたように思います。

 

 

犯行はまだ明るい内の午後3時くらいで、白昼堂々と犯行に及んだ2人組みは、どちらも24歳と若く、カザフスタンの英雄である同世代のデニスさんに対する妬みもあったのではないかと思われます。

 

デニスさんは普段ボディーガードを付けていたのですが、この日はオフだったのか?プライベートで食事していたのか?

本当に運悪く狙われてしまったということになるのでしょうか?

 

容疑者の一人は拘束されましたが、カメラに向けて睨みつけるような犯行的な態度は反省の色もなく、やはり殺害まで考えていたのでしょうか?

 

もう一人の容疑者も顔写真を公表しての公開捜査に入ったので、捕まるのは時間の問題だと思います。

 

 

まとめ

治安があまりよくない国では、国民から顔が知られているような有名人であれば、プライベートでも警戒した方がベストだということがわかりました。

デニスさんのように、才能のある若者を失ってしまったカザフスタンの人たちにとって、大変な痛手になってしまったのではないかと思われます。

 

心からご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク







関連記事

いよいよ第69回NHK紅白歌合戦が近づき、今年は星野源のWiki「おげんさんといっしょ」ファミリーが紅白出演で盛り上がること間違いないね?

今年も大活躍の星野源が、初冠番組の「おげんさん(お源さん)といっしょ」の放送終了後にツイッター内が炎

記事を読む

ドキュメンタリー脳神経外科のスペシャリスト&ゴッドマザー加藤庸子氏の情熱大陸・・・命を救われた人々との会食会

脳神経外科医の加藤庸子さん(66)は、女性医師として日本の大学病院で初めて教授になり、手先の器用さと

記事を読む

3.11 芥川賞候補作品に、類以問題浮上!

東日本大震災を舞台に描かれた小説が、芥川賞候補作品であり、文章が許可なく引用されているとして、講談社

記事を読む

丸岡いずみさん、おめでとうございます!!

妊娠10週目にして、流産するなんて・・・ 誰しも妊娠して出産って、当たり前のような流れに感じて

記事を読む

証人喚問で得たものとは? 改ざんの真実は明かされたのか?

3月27日 9時30分から、元理財局長である佐川氏の、衆参予算委員会による証人喚問が始まりま

記事を読む

彫刻メイクで、特殊メイク並みの変身を自分で・・・今中国で大流行の造形的なメイクとは?

40分メイクですっかり変身できて、映画の特撮に負けない特殊メイクが自分でできる、粘土のようなクリーム

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

人材不足に有効活用、あなたの近くのヘッドハンティング!

以前から転職を考えている人の為の斡旋会社が、企業の情報や個人一人一人にあった会社を紹介しています。

記事を読む

35周年のディズニーランドで何かが起こる予感! 平成最後のクリスマスは、最高のクリスマスを・・・第3弾

東京ディズニーランドが今年で35周年を迎え、ますますアトラクションも充実して、11月8日からクリスマ

記事を読む

連続4回転は、必須だったのでしょうか?

平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕して、各国の選手が今までの血も滲むような練習の成果を、本番で出

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑