*

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン選手「デニス・テン」さんが刺殺されたと報じられ衝撃が走りました。

 

 

デニス・テンさんは初のオリンピックメダリスト

カザフスタンでは初のオリンピックメダルをとったデニス・テン選手は、身長168㎝で25歳、そして銅メダルをとったソチオリンピックの時には20歳でした。

2015年におこなわれた四大陸選手権では、金メダルを獲得しました。

 

大学で経済学を学んでいて、将来は映画の脚本や台本を書いてみたいと思っていたそうです。

 

デニス・テン選手は、韓国の独立運動家の直系の子孫であるそうで、スポーツ万能、頭脳明晰で、本当に尊い命が奪われてしまいました。

 

 

車のミラーを盗まれて、口論に・・・

アルマイト市内のカフェで食事をしていて、ふと車の方に目をやるとミラーが無いことに気づいて、急いで車の停まっている方へ走っていくと、サイドミラーを盗もうとしていた男2人組と口論になり、取っ組み合いの喧嘩になった結果、相手が持っていた刃物で太ももを刺されて、男2人はその場を立ち去りました。

 

デニスさんはその場に倒れて、3リットルくらいの出血をして、病院へ救急搬送された時には既に重体で、2時間以上も心肺蘇生術を行ないましたが、助かりませんでした。

 

動脈を切られた状態で大量の出血があり、病院の院長も既に運ばれてきた時には死んでいるような状態だったと言っていました。

 

 

街の治安は?

カザフスタンは隣国ソ連と同じように、治安はあまりよくはなく、危険度レベルは1で注意が必要な国です。

 

デニスさんを刺した男2人は、盗んだミラーを売るつもりでいたらしく、口論になった時にはデニスさんに対して殺意があったそうです。

 

 

フィギュアスケート界のヒーロー

デニスさんはカザフスタンでは、初のオリンピックメダリストで、誰もが知るヒーローで、日本の長嶋茂雄さんと同レベルくらいの存在でした。

 

日本のフィギュアスケート界でも、動揺が隠せなくて、浅田真央さんも「なぜ、信じられない」とコメントを残し、荒川静香さん、デニスさんの友人である高橋大輔さん村上佳菜子さん羽生結弦さんも、信じられない・・とコメントを残しています。

 

皆さんデニスさんとは、いろいろな思い出があったようで、いつでも一生懸命な彼の姿を見てきていて、応援したいと思える仲間が大勢いたように思います。

 

 

犯行はまだ明るい内の午後3時くらいで、白昼堂々と犯行に及んだ2人組みは、どちらも24歳と若く、カザフスタンの英雄である同世代のデニスさんに対する妬みもあったのではないかと思われます。

 

デニスさんは普段ボディーガードを付けていたのですが、この日はオフだったのか?プライベートで食事していたのか?

本当に運悪く狙われてしまったということになるのでしょうか?

 

容疑者の一人は拘束されましたが、カメラに向けて睨みつけるような犯行的な態度は反省の色もなく、やはり殺害まで考えていたのでしょうか?

 

もう一人の容疑者も顔写真を公表しての公開捜査に入ったので、捕まるのは時間の問題だと思います。

 

 

まとめ

治安があまりよくない国では、国民から顔が知られているような有名人であれば、プライベートでも警戒した方がベストだということがわかりました。

デニスさんのように、才能のある若者を失ってしまったカザフスタンの人たちにとって、大変な痛手になってしまったのではないかと思われます。

 

心からご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク







関連記事

ギャラ飲み? 博多駅周辺での7億6千万円相当の金塊強奪事件、主犯格の男からギャラ飲み代を受け取っていた・・・宮迫(雨上がり決死隊)マネジメント契約解除!(吉本興業)

フライデーでの報道で明らかになった、2016年の7億6千万円相当の金塊(160kg)強奪事件で、主犯

記事を読む

瞳はキムタク似? スタイル完璧なコーキさん!

身長170㎝の15才、エル・ジャポンの表紙を飾っているのは、キムタクと工藤静香さんの娘のコーキ(ロー

記事を読む

医師100人が選ぶ、身体に良い夏野菜ランキング! 栄えある1位の野菜とは?

夏が来ると暑さで体力が消耗したり、熱がこもり脱水症状から熱中症になったりと注意が必要な季節に、手軽に

記事を読む

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで

記事を読む

シミ抜きにも流派が・・・ いらず流(不入流)のクリーニングが家でもできるの?

諦めていたシミを落とす不入流(いらずりゅう)で、祖主の高橋さん(69才)が家庭のシミを落としまくる企

記事を読む

財前直見ドラマ出演、御巣鷹山での惨事を再現!日航機墜落事故から33年経った今・・・

川上慶子さん、あの時確か12歳くらいだったと思うけれど、日航機123便が御巣鷹山へ墜落しての生存者救

記事を読む

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

企業公認アレンジレシピ  永谷園のお茶漬けから、亀田の柿の種までアイデア満載!

永谷園のお茶漬け海苔や、日清のチキンラーメン、そしてカゴメジュースや亀田製菓の柿の種まで、シンプルに

記事を読む

前澤友作社長は、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長でもあった?

今話題のZOZOTOWN(スタートトゥデイより社名変更)の前澤友作社長(43才)は、現代芸術振興財団

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のド

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーショ

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネ

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス

投資家・滝本哲史氏が死去!「君に友だちはいらない」など数々の著書を残し、旅立った・・・グローバル資本主義とは?  

投資家で、京都大客員准教授の滝本哲史氏(47)が、8月10日に病気によ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑