*

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と生徒役で出演し、漫画家の幸田もも子先生の映画化2作目で1作目の「ヒロイン失格」を超えられるのか?今注目の映画です。

 

 


第1作目の作品を超えられるのか?

1作目の「ヒロイン失格」2015年9月に公開されましたが、出演者がその時話題の俳優さんで、主演は桐谷美玲山崎賢人坂口健太郎と人気絶好調でした。

 

今回の「センセイ君主」には、渡辺美波が見せる変顔もあり、急接近するセンセイに対するヒロインあゆの気持ちの変化がよく伝わってくる映画ではないかと思います。

 

 

 


漫画家の幸田もも子先生は34歳のA型

本名は松本もも子さんです。

デビュー作品は2002年の別冊マーガレットに掲載された「たまごやき」で、幸田もも子の読み切りを集めた「恋愛女子短編集」にも収められています。

 

いままでの作品は題名が独特なものがあり、「よってけ!音子村」「姐さんカウントダウン!」「誰がスッピン見せるかよ」「そんでむらさきどーなった?」など、ちょっと奇抜なタイトルが付けられています。

 

もも子先生のハツラツとした性格が、そのまま出てきたような作品なのでしょうか?

 

 

 


映画の方へ戻っていきましょう。

「センセイ君主」は、頭脳明晰だけど冷徹な高校教師である竹内と、パワフルな女子高校生の渡辺との禁断の恋を描いたラブコメディーで、ちょっとドキッとするようなシーンなどがあり、最後まで気が抜けないくらい見所満載の作品です。

 

特にイケメン教師弘光(竹内)が生徒あゆ(渡辺)にする頭ポンポンや、ジャケット相合傘など胸キュンシーンがいっぱいあります。

 

その中でも渡辺美波が選ぶキュンキュンシーンは、頬っぺたをムギューとして顔を横に外らせるシーンみたいです。

 

 

 

 

 


まとめ

漫画家のもも子先生の青春ストーリーも含まれているような作品なので、まずは漫画から読んでみたいと思います。

しかし映画化になった作品が2本もあるなんて、他のストーリーもどんな感じなのか?とても気になるところです。

胸キュンシーンはやっぱり大きなスクリーンで観るのが、大迫力があっていいのかな?

 

映画館に行かれた方は、是非ご感想など寄せていただけたら嬉しいです。

 

お気軽にコメントしてみてくださいね(´▽`*)

 

見逃してしまった映画をもう一度!「ヒロイン失格」

スポンサードリンク







関連記事

料理に役立つ、得ワザ!

目から鱗、主婦にとっては、知って得する情報です。   ・・・と言っても、またま

記事を読む

「ミッキーの家」がまさかの11時間待ち? 東京ディズニーランドのトゥーンタウンは大賑わい!

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で、ミッキーマウスのキャラクター誕生からちょうど90周年となった

記事を読む

高畑充希とYOSHIKIの「Xポーズ」のツーショット写真を見ての、ファンの要望とは?

NTTドコモのCMで「紅に染まった~この俺を~~」と、熱唱していた女優の高畑充希が「紅」を楽曲に持つ

記事を読む

電話ボックスになぜ金魚? 現代美術作家が著作権問題で訴訟を・・・

水槽のようになった電話ボックスに、数十匹の金魚が泳ぐオブジェ「金魚電話ボックス」が今話題になっていて

記事を読む

サモトラケのニケを手元に置ける日が・・・ ルーヴル美術館を身近に感じる、そんな日がやってきました。

頭部と腕の部分がない、ルーヴル美術館所有の「サモトラケのニケ」ですが、フィギュア化されたようで、話題

記事を読む

今年の梅雨明けはいつ頃?気象庁の出した梅雨入りと梅雨明け宣言。

四季のある日本や韓国北朝鮮などは、毎年梅雨明けを待ち続けて、夏休みがくることを楽しみにしているのでは

記事を読む

お笑いコンビ・キングコングのとっても深いコンビ愛に感動! 梶原雄太はユーチューバーとして、西野亮廣は絵本作家として第二の職業をエンジョイ中です。

[ドッキリ]激レアスニーカー100足突然紛失事件で謝罪した、カジサックこと梶原雄太にはお笑いの血が流

記事を読む

歯磨きって、こんな簡単だった? マウスピース型電動歯ブラシを口にセットして、10秒で歯磨き完了!

今海外で人気沸騰中の歯磨きって、マウスピース型で赤ちゃんのおしゃぶりのように、口にセットするだけで電

記事を読む

フォロワー数最高潮、とってもキュートなケイティ・ペリーさん、応援してます!

今日は朝の情報番組のスッキリに、4年半ぶりの生出演をしたケイティ・ペリーさん(33才)を見て

記事を読む

ゴミ捨て場に潜む猫集団、劇団四季のキャッツ!こだわりの3本柱

読めば読むほど面白い村上春樹の本と、観れば観るほど楽しくなる劇団四季のキャッツという例えが気に入って

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑