*

連続4回転は、必須だったのでしょうか?

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 最新情報

平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕して、各国の選手が今までの血も滲むような練習の成果を、本番で出し頑張っています。

私が楽しみにしているのは・・皆さんが楽しみにしている、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(23才)の演技です。

そしてやっぱり注目は、あの華麗なジャンプですね?

スピード感もあり、やっぱり凄いですよね? 回転やスピーンも美しくて、いつも感心してしまいます。

結果は、堂々の1位でした。流石です。日本人の誇りですね(*^-^*)

右足首の故障からの復帰戦で、1位、金メダルを取れるなんて・・・やっぱり凄いですね?

 

そして2位になった宇野昌磨選手(20才)も、素晴らしい演技力で見ていて感動して、今後がとても楽しみな選手です。

他には、ハーフパイプの平野歩夢選手(19才)のパフォーマンスから目を離せませんでした。

羽生選手と同じく、怪我からの復帰で、それも靭帯損傷と肝臓損傷という大怪我からの生還で、一度大きな怪我を負うと、それがトラウマになり一生引きずる場合も多いというのに、それを技術と努力で克服して、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

滑走の順番にもよるのかもしれませんが、平野選手が2回目に95.25を出し、その後にショーン・ホワイト選手の順番がきた時に、連続4回転をやらなければ、平野選手の記録を越せないと思い、練習でもほとんどやっていなかった連続4回転にチャレンジして、97.75の記録を打ち出し、見事金メダルに輝きました。

ショーン・ホワイト選手は、平野選手がいなかったら、出せなかった記録とインタビューでは言っていましたが、やはり目の前に立ちはだかる記録があってからこそ、何か突き動かされるものがあったのではないででしょうか?

平野選手はインタビューで、着地の完成度と高さが足りなかった・・と言って、悔しさが残ると残念な様子でしたが、大怪我を克服しての銀メダルです。とても重みがあり誇らしいことだと思います。

2006年のトリノオリンピック(イタリア)で、ショーン・ホワイト選手が始めて金メダルをとった時の試合を見て、まだ7才だった平野選手が、自分もここに出ると言っていたそうです。

小さい時から夏はスケートボード、冬はスノーボードをやり、平野選手の父親が借金までして作った、スケートパークで練習していたそうです。

やっぱり子どもの頃からの積み重ねが、メダルへと導いてくれたのでしょうか?

 

他に興味深い話が・・・

それは、ショーン・ホワイト選手についてですが、スポンサー契約が収入になるそうで、優勝すると5,600万円が入ってくるそうです。これが本当だったら、オリンピックで優勝することって、凄いことだと思います。

あと滑走中は、だいたい選手は音楽を聴いているそうです。これは、風を切って走る音をかき消す為と、モチベーションを上げていく為だそうですが、やっぱり選手の皆さんも恐怖心はあるのですね?風を切る音の恐怖から、少しでも気を紛らわして集中できれば、記録もアップできます。

 

それぞれ選手の皆さんは、記録を出す為に自分なりに工夫していて、今回のショーン・ホワイト選手のように、前に滑走した平野選手の記録を目標に、それを超す為の得策を考え実行して、成功という結果に終わりました。

ショーン・ホワイト選手は平野選手がいたから金メダルをとることができたとインタビューで言っていますが、本当に目の前に目標があったからこそ、記録が出せたのではないかと思います。連続4回転は、やっぱり必要だったのだと思いました。

スポンサードリンク







関連記事

さんま御殿出演の伊達ちゃんと富澤さんは、なぜ好感度ナンバーワン?? サンドウィッチマンは弱い者の味方・・

7月10日の「踊る!さんま御殿」3時間スペシャルは盛り沢山の内容で、合間合間に好感度2位のさんまさん

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

電気を使わず、坂道スイスイ~ レンタサイクルのビジネスも拡大!

シェアリングは都心ではすでに日常的に利用されているようで、通勤通学時に乗り捨てできることで大変便利に

記事を読む

赤いメガネがトレンドマークの奥華子 イベントでの観客ゼロのワケ・・・

7月16日の大阪公演の第2部に誰も観客が来なくて、後から応募当選した人たちへのメールが送信されていな

記事を読む

飛沫感染と接触感染のインフルエンザの流行早まる! タミフルより効くインフルエンザ新薬とは?

平成最後の夏が終わり季節は秋になってきていますが、既にインフルエンザが流行り始め学級閉鎖をしている県

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

剛力彩芽と稲垣吾郎、舞台で初共演! 激しいぶつかり合いで、本気モード

「No.9-不滅の旋律-」の主人公であるベートーヴェンを、2015年の初演に続き稲垣吾郎が演じ、ベー

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑