*

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、乳がん検診や自分でもできる触診で、発見された方々の例をあげながら、前回に引き続き放送内容を振り返ってみたいと思います。

 

 


ピンクリボン月間と、その活動とは?

 

元々は、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんのご家族が「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めて作ったピンクのリボンをあしらった商品を頒布して、売上の一部を財団や研究団体に寄附する目的で1980年代にスタートした乳がんの啓発運動です。

 

そして行政や市民団体、企業などが、乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開して、市民や政府の意識を変えていき、1993年にアメリカで「ナショナル・マンモグラフィーデー(10月第3週の金曜日)」が制定されました。

 

 

 

 


乳がん経験者の治療と、その後の心の変化とは?

 

医者から「あなたは乳がんです!」と宣告を受けた時に、とっさに脳裏に浮かんだのは「私、死ぬんだ」ということで、暫くは何も考えられなかったと経験者は語っていますが、今後の治療よりも、死の宣告を受けてしまったような恐怖と不安で、頭の中が真っ白になるのはわかる気がします。

 

11人に1人は乳がんになるというデーターも出ているので、他人事では済まないと思っています。

 

 

 

 

 


乳がんの発見過程と治療法

3年前にステージ2と診断を受けた方は、シングルマザーで子育てに忙しくて、自分の事は後回しになってしまい、乳がん検診を受ける機会もなくそのままにしていたけれど、ビー玉みたいな大きさの物が胸にポコっとできていることに気づき、目に見えてわかるほどだったので、病院に行きステージ2だということがわかったそうです。

 

乳房は全摘出して、その後肺への転移がわかり現在治療中です。

ステージ1の方は、毎年マンモグラフィを受けていたけれど高濃度乳房だった為に、検診では発見できず、やはり自分で触診しているうちに左脇下に飴玉(小梅ちゃん)くらいの大きさのしこりを発見し、病院に行き左胸を全摘出したみたいです。

そしてその後、左胸乳房の再建手術を受けたそうです。

 

乳頭の再建は保険がきくのですが、乳輪はタテゥーで描くと10万円かかるので、皮膚などの組織を移植し乳輪を再建して、保険適用だったので5万円でできたそうです。

 

そして乳頭は軟骨を芯にして作ったそうです。

ステージ3の方は、触ったら右胸に小さなシコリのようなものがあり、友達に相談したら「脂肪のかたまりなら私もあるよ。」と言われ、それを鵜呑みにして病院に行かなかったけれど、そのシコリが大きくなっていったので慌てて病院に行ったら、ステージ3だったそうです。

 

抗がん剤の影響で髪の毛が抜けて、ご主人にバリカンで剃ってもらったそうです。

 

6年前に癌の治療を始めて、胸の方は温存していますが、現在は年に1回の検診のみになり家族に支えられてながら、元気に生活しています。

 

 

 

 

 


まとめ

乳がん経験者は皆さん明るくて、口を揃えて言っていたことは「検診へは必ず行ってください!」ということでした。

 

乳がんだとわかっても、治療法はいろいろあるし、全摘出してしまっても再建方法がいろいろあるので大丈夫だということがわかりました。

 

自分で触診することの重要性も今回よくわかり、自分で触って異常がないかを調べてみることも安心できる要因の一つだということがよくわかりました。

 

 

 

前回までの内容については、こちらをご覧ください。

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

 

 

 

次回は、再建方法やその後の生活の変化と、若年性乳がんについて書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク



関連記事

花粉症と新生活スタートからのストレスは、新たな病気を引き起こす要因・・・注意!

新生活がスタートする春は、花粉の飛ぶ季節でもあり、お花見で楽しい時期でもあるのに、どこか不安で神経が

記事を読む

G-SHOCK誕生の裏話し。 3階からの落下実験から始まり・・・そして公園の光景からヒントが!!

タイトルだけ見たら、どんな経過をたどりながら開発されていったのか、想像もつかないと思います。

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と

記事を読む

乾燥肌や敏感肌の50代女性たちにも効く、BBクリームランキング トップ10!

50代になると目尻のシワや顔中に広がっているシミが目立ち、紫外線による乾燥肌や敏感肌などの肌トラブル

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

新陳代謝を浮上させ、水太りを解消しましょう!

真夏は冷たい水やジュースなどで水分補給したり、エアコンのよく効いてる部屋にこもって体を冷やしたりして

記事を読む

働き方改革の実態とは? 理想と現実

今、国会で審議中の働き方改革に、全ての労働者の皆さんが期待し注目してきています。  

記事を読む

歯磨きって、こんな簡単だった? マウスピース型電動歯ブラシを口にセットして、10秒で歯磨き完了!

今海外で人気沸騰中の歯磨きって、マウスピース型で赤ちゃんのおしゃぶりのように、口にセットするだけで電

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑