*

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすすめられ、初めて医師の前で涙を見せた生稲晃子(いくいなあきこ)さん。

家族にもひどくあたった時期もありましたが、全摘出をして笑顔を取り戻しました。

 

 

「右胸にありがとう・・・

 

       そしてさようなら・・・」

 

 

 

 

 

ここまでのお話しは、前編をご覧ください。

生稲晃子、乳がんを克服して講演会活動で苦難な道を語る・・・いつも支えてくれていたのは、夫と娘だった!(前編)

引用:カフェちっくな日常

 

 

 

 

 


再び乳房温存手術を受ける・・・そして

 

2013年11月25日に、以前と同じく電気メスの音と、皮膚の焦げた匂いに恐怖を感じながら手術を受けました。

 

 

そして12月26日の乳房全摘出手術前に、娘さんが以前から行きたがっていた、近所の銭湯へ行きました。

 

その時鏡に映った自分の体を見て、とても複雑な心境だったとお話ししてくれました。

まるでジェットコースターにでも乗っているような感覚だったと・・・

 

 

 

12月26日に右乳房全摘手術のために入院しました。

 

 

そして翌日27日に右乳房全摘同時再建術(ティッシュエキスパンダーの挿入)を受けました。

右乳房を取り除いた後に、一時的に再建して同じような膨らみを造る手術もしたのです。

 

 

この手術は家計にやさしく、とても経済的で100万円位かかるところが3割負担で受けられました。

 

 

 

 


年越しと、新しい年を病院で迎える・・・

 

年越しそばや、おせち料理の写真を見せていただきましたが、シンプルながらも工夫されていて、とても美味しそうでした。

 

年を越せる幸せを感じ「元旦になったら笑顔になろう!」と決めたそうです。

 

 

 

全摘出から徐々に体力も回復していき、切った部分を自分で確認できる日がやってきました・・・が、勇気が出なくて娘さんに確認してもらいました。

 

娘さんは小さいながらも芯がしっかりしていて、顔色一つ変えずに確認してくれたそうです。

そして「切った後があるね~~」としか言わなかったそうです。

 

 

次の日意を決して、自分で確認してみました。

 

 

 

手術の傷跡があり、乳首と乳輪が消えていました。

 

 

そして、31歳の若さで亡くなったお母さんに、心の中で「ごめんね」と謝ったそうです。

 

毎年、定期検診をちゃんと受けていれば、もしかしたら右乳房を失わずに済んだかもしれない・・・という思いからだったと思います。

 

 

 

 


2014年1月4日に退院、そして乳がんについて公表

 

年末年始を病院で過ごし、1月4日に退院しました。

 

それから3ヶ月はとても痛みがひどく、しかし家事も仕事も頑張ったそうです。

仕事は、東海テレビ「スイッチ!(火曜日)」やフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!(水曜日)」に今もレギュラー出演していて、乳がんについて公表後は、講演会活動も積極的に行っています。

 

 

 

6月頃から、エキスパンダーに食塩水を入れ始め、10月26日に右乳房再建手術(シリコンインプラントの挿入)のために入院し、翌日手術を受けました。

 

 

そして29日に退院し、ホルモン治療を継続し、11月10日に「女性自身」で初めて、がん闘病経験を公表しました。

 

 

乳がんについてアップしている人のブログを読んでは、随分励まされたそうです。

 

 

それから自ら、乳がんについての検診の必要性について伝えていこう!・・・と、講演会活動を始めたそうです。

 

 

 

 

 


免疫力アップの方法

 

これは参考にしてみてくださいと、生稲さんが教えてくださいました。

 

 

1. 寝る前に1杯の水を飲むこと

2. 笑うこと

3. 深呼吸すること

 

笑うことについては、会場内の皆んなで声を出して大笑いしました。

微笑んで口角を上げるだけでも効果があるそうで、このNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増えることに寄って、癌に立ち向かうための免疫力が増えるそうです。

 

1回笑うことで癌細胞が100個消滅するということなので、、笑ってみる価値はありそうですね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

生稲晃子さんの講演を聞いて、自分も闘病生活を体験した気持ちになりました。

そして家族の支えが重要だということも、よくわかりました。

 

普通の状態を保つことの大変さと、全てに感謝しながら生きるという目標をもって、命の大切さを実感しながら、自分に出来ることをやっていく・・・

この講演会に参加できて、本当に良かったと思います。

 

 

 

生稲晃子さん、ありがとうございました。

そして陰ながら応援しています。

 

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

丸岡いずみさん、おめでとうございます!!

妊娠10週目にして、流産するなんて・・・ 誰しも妊娠して出産って、当たり前のような流れに感じて

記事を読む

ダンシングヒーローとペッパー警部

去年の日本レコード大賞は、とっても華やかで、1980年代のヒット曲が流れて懐かしく、あの頃にタイムス

記事を読む

今井四段、応援してます。

将棋の世界は、奥が深いんですね~ 私が子どもの頃、仕事の合間に父親と伯父さんが、将棋を打ってい

記事を読む

夏の疲れをスッキリ解消~ 体を整える快眠法と手間なし食事!

「暑さ寒さも彼岸まで」と昔から言われるように、秋の風が時々吹いてきて、明け方は気温がぐっと下がり涼し

記事を読む

りゅうちぇるの両肩のタトゥーは本物?? インスタで告白、シールじゃないよ。

1児のパパになった、りゅうちぇるが両肩に妻と子供の名前のタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

お値段以上、ニトリ!

「お値段以上、ニトリ!」 のCMでもお馴染みのニトリの創業者である、似鳥会長が朝のワイドショー

記事を読む

寒暖差アレルギーによる咳、ちょっとした対処法! 効き目ある食べ物・飲み物とは?

10月24日のスッキリ!で紹介された「寒暖差咳」について、即実践でき家庭でできる対処法で、ある食材を

記事を読む

あの上野樹里似の韓国女優「シム・ウンギョン」が、日本映画「新聞記者」にキャスティング! 政治色から守るために蒼井優、満島ひかり以外で・・・

菅義偉官房長官の天敵と言われている、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(43才)をモデルにした映画の

記事を読む

瞳はキムタク似? スタイル完璧なコーキさん!

身長170㎝の15才、エル・ジャポンの表紙を飾っているのは、キムタクと工藤静香さんの娘のコーキ(ロー

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







引退原因はまさかの声帯? 安室ちゃんが7年前から絶不調だったことを告白!

2018年9月16日に引退した、歌手・安室奈美恵さんのドキュメンタリー

ユーチューバー専門学校の学長が語る、YouTube動画の魅力とは? アメリカのライアン君がおもちゃで遊び、とんでもない月収を獲得!

子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や

消費税2%増に伴い「プレミアム商品券」で対策? 対象者はどんな家庭?

2019年10月の消費税率10%に備え、2万円で2万5000円分になる

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》と

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑