*

電話ボックスになぜ金魚? 現代美術作家が著作権問題で訴訟を・・・

水槽のようになった電話ボックスに、数十匹の金魚が泳ぐオブジェ「金魚電話ボックス」が今話題になっていて、福島県いわき市の現代美術作家、山本伸樹さん(62才)が「自分の作品に酷似している」と、著作権の侵害を主張して訴訟を起こし、金魚の街である奈良大和郡山の商店街側が設置した「金魚電話ボックス」を撤去することを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 


事の真相とは?

 

平成10年に福島県いわき市の現代美術作家、山本伸樹さんが、電話ボックスに金魚を泳がせた作品を発表しました。

 

一方の奈良県大和郡山市郡山柳町商店街協同組合は、京都造形芸術大学の学生グループが発表したオブジェを譲り受けて、平成26年に商店街が金魚電話ボックスを設置したことにより、山本伸樹さんに著作権の侵害だと告訴され、330万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が8日に奈良地裁であり、結局撤去することにしました。

 

 

 

 

原告の山本伸樹さん側は、

 

「外観はほぼ同じで、仕組みなども一致しています。」

 

 

と主張し、商店街側は答弁書で、

 

 

「電話ボックスに、金魚を入れて展示する表現は多数実例があります。創造性はなく、原告の作品は著作物には該当しないです。」

 

としています。

 

 

 

 

 

 

ネットで画像検索すると、なんと789万件の「金魚電話ボックス」の画像が出てきました。

 

 

・・・ということは、全国にある電話ボックスには金魚が住んでいるということになるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 


しかしなぜ金魚なのでしょう??

 

奈良県の大和郡山市は、金魚の養殖が盛んで、由来は享保9年(1724年)に柳澤吉里候が甲斐の国(山梨県)から大和郡山へ入ってから始まったと伝えられています。

 

下級武士の内職として、飼育していた金魚の養殖技術が、徳川の末期から明治の初期にかけて付近の農家に伝えられたそうで、水や土地の便の良さから、日本の主要産地となりました。

 

 

 

大和郡山は金魚の町として全国的に知られ、町のあちこちで金魚を目にするようになりました。

 

 

 

 

 

 


著作権の侵害を訴える山本伸樹氏 本当に著作権侵害になるのか?

 

今回は素材が「電話ボックス」「水」「金魚」しかないので、これらのアイデアで表現できる作品の幅はかなり狭いものになると思われます。

 

同じ素材やアイデアで、他の誰かが制作しても、同じような作品にしかできないのであれば、それは著作物ではないのです。

 

 

著作物とは、作者の思想感情を創作的に表現して制作された物を示しています。

 

 

なので今回の件は、著作権侵害以前に著作物に当たらないのではないかと思われます。

 

 

 

だからといって撤去しないと、問題が大きくなる可能性もあるだろうし、アイデアの盗用には違いないので、撤去するという判断は間違いではないようです。

 

 

 

 


まとめ

 

ネット上の書込みでも、学生に対して訴えるなんて、作家の心の狭さを指摘していたり、これは著作権の侵害でもなんでもないことなのに大騒ぎしている・・・というコメントが多かった気がします。

 

なかなか芸術作品に関わってくると、著作権の問題は浮上してきます。

 

 

私も今回の件については、著作権の侵害とは言えないのではないかと思います。

 

 

しかし電話ボックスに金魚を入れたところで、一瞬は珍しいと思い見ることはありますが、近距離で魚を見たければ水族館へ行けばもっといろいろな種類の魚たちが泳いでいるのが見られます。

 

商店街の人たちは町興しを狙って、学生の作品を採用していたのだと思うので、今回のことはとても残念なことだったと思います。

 

 

 

今はほとんど見かけなくなってしまった公衆電話も、水槽に使い道があったなんて、斬新なアイデアでとてもビックリしました。

 

 

 

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

ご当地菓子「チーズあられ」人気継続中~ そんな中、静岡県は製造終了!

大手お菓子メーカー「カルビー」に次いだ、売り上げを記録したこともある中村製菓の「チーズあられ」には、

記事を読む

焼肉ドラゴの八丁堀店に、花畑牧場の田中義剛社長がダメ出し徹底立て直し開始!

「坂上&指原のつぶれない店」の新企画で、天才ビジネスおじさんの田中義剛が、芸能人の店を立て直

記事を読む

自虐ネタは、自慢話しに捉えられると、自滅ネタになる。 だから気をつけよう!

ソフトバンクの孫正義さんがホリエモンこと堀江貴文さんほどパッシングを受けないのは、自虐ネタが上手いか

記事を読む

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、

記事を読む

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

レシートがお金に換えられる、画期的なアプリ誕生! 夢の金券ショップは、17才起業家の手中に・・・

買い物して代金と引き換えにもらうレシートは、家計簿をつける時に必要なだけで、後は処分してしまうと思い

記事を読む

LINEのテーマパークって、楽しめるのかな? タイの首都バンコクで、テーマパークが開園!

LINEのスタンプでもおなじみのクマさんやうさぎさん、親指立ててゲッツをしている金髪の人など、正式な

記事を読む

ゴミ捨て場に潜む猫集団、劇団四季のキャッツ!こだわりの3本柱

読めば読むほど面白い村上春樹の本と、観れば観るほど楽しくなる劇団四季のキャッツという例えが気に入って

記事を読む

医師100人が選ぶ、身体に良い夏野菜ランキング! 栄えある1位の野菜とは?

夏が来ると暑さで体力が消耗したり、熱がこもり脱水症状から熱中症になったりと注意が必要な季節に、手軽に

記事を読む

国内外72組がカバー、中島美嘉の「雪の華」は国も世代も超え世界のファンを魅了する歌に・・・映画は2月1日から公開!

「今年最初の雪の華を~~♪」と歌う、歌手の中島美嘉さん(35)が平成15年に発表した大ヒット曲「雪の

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとし

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑