*

剛力彩芽と稲垣吾郎、舞台で初共演! 激しいぶつかり合いで、本気モード

「No.9-不滅の旋律-」の主人公であるベートーヴェンを、2015年の初演に続き稲垣吾郎が演じ、ベートーヴェンを支える架空の人物のマリア役には、稲垣吾郎と今回初共演となる剛力彩芽が演じて、劇中では2人が激しい感情のぶつかり合いのシーンや、稲垣とヨゼフィーネ役の奥貫薫の熱いキスやラブシーンも描かれていて話題の舞台となっています。

 

 

 

 


カーテンコールでは「ブラボー!」の歓声が・・・

 

公開ゲネプロが10日に、東京のTBS 赤坂ACTシアターにて行われ、主演の稲垣吾郎が波乱に満ちた苦悩の人生を、迫真の演技で表現しました。

 

 

3年前と比べると、格段に進化した新たな「No.9-不滅の旋律-」に、カーテンコールではゲネプロから「ブラボー!」と歓声があがり、俳優陣も驚くほどの拍手喝采が送られました。

 

 

 

 


作曲家としての苦悩の半生を綴った物語

 

 

 

 

2015年の初公演から3年ぶりに再演される本作は、苦悩の先に数々の名曲を生み出し、聴覚を失ってからもまだ作品を作り続けたベートーヴェンが、最後の交響曲「第九番」を生み出すまでの作曲家として、また人間としてどのような劇的な半生を送ったのかを綴った物語になっています。

 

ベートーヴェンの頭の中に渦巻く音が、誰も知らない闇の世界に響き渡り、聴覚を失った絶望から立ち直っていくように、あらゆる音楽をかもし出していきます。

 

舞台では生演奏によるピアノソナタを中心として、ベートーヴェンの名曲などを演奏します。

 

そして大団円の「第九」には、20名のコーラスによる合唱が加わり、壮大な音楽に包まれた贅沢な演出で観客を魅了します。

 

 

 

 

 


錚々たる俳優陣と演出関係者

 

稲垣吾郎のベートーヴェンを盛り上げているのは、剛力彩芽や奥貫薫、片桐仁、村川絵梨、鈴木拡樹、岡田義徳らの錚々たる俳優陣と、演出を白井晃、脚本を中島かずき、音楽監督を三宅純が務めていて、見応え満載の舞台となっています。

 

 

 

 

 


1ヶ月の稽古を経て、0からのスタート!

 

ほんの1ヶ月間の稽古に皆さん真剣に取り組んでこられて本番を迎えましたが、ベートーヴェンはヒステリックな一面をもっていて、演じている稲垣吾郎にも心の中には、ちょっとせっかちでヒステリックな部分があるようです。

 

家族みたいな存在の香取慎吾や草なぎ剛が、京都の劇場に顔を出してくれて、カーテンコールの時には後ろから出てきた二人を見て、観客が後ろを振り返り、皆んなのつむじしか見えなかったと話してくれました。

 

 

 

剛力彩芽は今回で舞台は2回目ですが、マリア役を真剣に取り組んでいて、20代~40代を見事に演じきっていると稲垣吾郎は話していました。

 

 

 

 

 

 


ベートーヴェンは天才!

 

ベートーヴェンは56年間で生涯を終えましが、稲垣吾郎はそれについて、ゴローの56なので僕も最低でも56才までは続けていきたいと思っています・・・と舞台への意気込みを述べていました。

 

 

そしてベートーヴェンは天才だと言われていたけれど、

 

「吾郎さんは天才、秀才、努力家のどれですか?」

 

 

という質問に対して、

 

 

 

「僕は天才でも秀才でも努力家でもないです。天然かな?」

 

 

と自分を謙遜していました。

 

 

 

 

 


ZOZOTOWNの前澤社長からの差し入れは?

 

 

 

剛力彩芽さんとの交際が話題になっている、前澤社長さんから差し入れはありましたか?の質問に、稲垣吾郎は想定外の質問だったと言い、差し入れて欲しいものはベートーヴェンに聞いておきますと苦笑いしていました。

 

 

 

 


まとめ

 

舞台「No.9-不滅の旋律-」は11月11日~12月2日に東京の赤坂ACTシアターで、12月7日~10日は大阪のオリックス劇場で、そして12月22日~25日には神奈川のKAAT神奈川芸術劇場で、また来年2019年1月11日~14日は福岡の久留米シティプラザにて上演することが決まっています。

 

 

3年の時を経て、ベートーヴェンもパワーアップしているみたいなので、生の演奏と舞台を近くで鑑賞できたら良いですね?

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

飛沫感染と接触感染のインフルエンザの流行早まる! タミフルより効くインフルエンザ新薬とは?

平成最後の夏が終わり季節は秋になってきていますが、既にインフルエンザが流行り始め学級閉鎖をしている県

記事を読む

松屋のステーキは「いきなりステーキ」を超すコスパ強!「ステーキ屋松」恐るべし・・・三鷹店

松屋というと牛丼のイメージしかなかったのが、最近ステーキを扱う「ステーキ屋松」を始めて、元祖「いきな

記事を読む

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC

記事を読む

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン

記事を読む

「くいしん坊!万才」松岡修造、新たな再スタート! 10月より月曜夜から日曜昼へ放送変更

9月3日(月)にフジテレビが都内お台場にある本社で、10月改編記者発表を開催し、長寿番組である「くい

記事を読む

兵役のある韓国の男性芸能人は悪戦苦闘! 「兵役は芸能人の墓場」??

18歳から29歳までの男性に約2年に及ぶ兵役の義務がある韓国は、芸能人にとって忘れられやすく過酷な徴

記事を読む

漫才とコントはお笑いの真骨頂~ お笑い本来の姿であるのは、漫才かコントか?

漫才とコントは、お笑い芸人がその場その場のステージで、使い分けてネタを考えていますが、どちらもボケと

記事を読む

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

「だれか教えて!」石田ゆり子が巨大な火の球を目撃! インスタで呼びかけ、コメント数はついに799件に・・・

12月16日に女優の石田ゆり子が、自身のインスタグラムで、「巨大な火の球」を目撃したことを興奮覚めや

記事を読む

証人喚問で得たものとは? 改ざんの真実は明かされたのか?

3月27日 9時30分から、元理財局長である佐川氏の、衆参予算委員会による証人喚問が始まりま

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑