*

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC うすずみ」という商品を1本23万円で売買されていたことがわかり、なぜ超高価格で取引きされているのかが疑問視されています。

 

この「ハイテクC うすずみ」という商品は、3年前に販売終了になってしまったカラーで、希少価値はあり「うすずみ」愛用者には必須アイテムになっているのですが、しかしなぜここまで価格が高騰してしまったのかが疑問です。

 

 

 

 

 

 


ツイッターの呟きで、価格高騰が発覚!

 

2018年11月14日に、あるユーザーが呟いたことで注目が集まりました。

 

アマゾンの商品ページの画像を載せて、

 

 

「去年あたりから価格がおかしい!」

 

 

 

と投稿していて、確かに0.5ミリの「ハイテックC05 うすずみ」が新品で、価格23万円前後で出品されているのが分かります。

 

 

 

 

実際にアマゾンのページを確認すると、16日時点でハイテック「C05」の新品が4点出品されていて、ボールペン1本なのに22万884円~23万4759円といずれも超高額です。

 

 

 

 

なお0.3ミリの「C03」、0.4ミリの「C04」の出品はありませんでした。

 

 

 

 

商品公式サイトによると同シリーズの参考定価は210円で販売価格は168円です。

 

 

 

 

そして現在の状況というと、

 

 

 

現在お取り扱いしておりません
この商品の再入荷予定は立っておりません。

 

というコメントが出ていて、本当に購入者のところにしか商品が存在しない状況になっています。

 

 

 

パイロットの営業企画部担当者曰く「ハイテックC」シリーズのうち、「うすずみ」というカラーは2004年に登場して、2015年に生産を終了しているとのことでした。

 

「ハイテック」は今でも販売している超人気商品で、色の種類で多い時には40色以上も揃っていましたが、色の入れ替えなどは流行や売れ行きなどを確認しながら定期的に行っているということなので、全種類が揃うことはないみたいです。

 

 

 

 

 


ビジネスマンの手帳用などを想定して販売されていた?

 

もともとはビジネスマン用に作られたカラーボールペンでしたが、カラー色が増えるにつれ、小さな文字でノートや手帳の隅々まで、びっしりと書く女子中高生を中心に支持されてきました。

 

また、細密なイラストを描く方からもご指名していただいていたそうです。

 

 

 

 

 

 


「うすずみ」の異常高騰の理由とは?

 

アマゾンを見てみると、終売となった他のカラーは、1万数千円ほどで取引されているものはありますが、23万円前後が4点もそろっているのは「うすずみ」だけで、こうした高騰についてパイロット担当者に聞いてみると、

 

「すでに販売を終了している商品であり、その価格については当社は回答する立場にありません。ご了承のほどお願いいたします。」

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 


ツイッターユーザーさんも復活を熱望

 

「ハイテックC うすずみ」の魅力ですが、ツイッターで愛用者に聞いてみたところ使用歴10年のツイッターユーザーさんは、日記や手紙、ノートづくりやイラストなどに使用していて、理由としては、

 

「とにかく色がちょうどいいグレーで、びっしり文字を書いても、うっとうしくならなくて愛用していました。

字が汚くて黒だとげんなりするのが和らぎます。

 

 

それからアルコールマーカーで色を塗っても滲んだりせず、やわらかい印象になります。」

 

「ハイテックCの書き味の良さが他にはなく、強い筆圧でも耐えられるペン先、かすれにくく細い綺麗な描線、重さ、持ちやすさなど、お気に入りです。」

 

 

 

と、絶賛していました。

 

 

終売になってからは、他のグレーボールペンも試しましたが、色の濃淡、ムラ、描線の美しさなどが、自分の思っていた感じと違っていたようです。

 

パイロットでは、グレーカラーの後継品としてゲルインキボールペン「ジュース」を販売していますが、色味と書き味の点で代用品にはならない状態です。

 

 

 

そして万年筆のグレーインクも使ってみたそうですが、未だに理想のグレーには出会えていないと話していました。

 

 

ぜひ再販してもらえると嬉しいと述べていて、そうしたら箱買いしたいと復活を望んでいるようです。

 

 

そしてアマゾンで23万円前後で出ていても、高すぎて手が出せないですと言っていました。

 

 

 

 


まとめ

 

根強い人気の「ハイテクC うすずみ」ですが、終売になってここまで値段が上がるボールペンは今までなかったことなので、一度その書き味を試してみたくなりました。

 

二度と出会うことができなくて、手に入らない物が気になりだし、どんな物なのか一度使ってみたいという人間の心理をついて価格も高騰していったのだと思いますが、やはり一度どんな物なのか使ってみたいです。

 

 

結局アマゾンで出品されていた商品が全て売れたのかは確認とれませんが、1本200円前後の物が23万円前後と1000倍以上になってしまうなんて、本当に驚きです。

 

 

他の例もあったら確認してみたいですね?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ドキュメンタリー脳神経外科のスペシャリスト&ゴッドマザー加藤庸子氏の情熱大陸・・・命を救われた人々との会食会

脳神経外科医の加藤庸子さん(66)は、女性医師として日本の大学病院で初めて教授になり、手先の器用さと

記事を読む

「オッケーGoogle お化け屋敷に連れていって!」 AIアシスタントで生活に幅が・・・

2018年8月25日から9月2日まで、東京都渋谷区の表参道「SO-CAL LINK GALLERY」

記事を読む

ネガティブ思考=否定的? ではポジティブ思考の人は、肯定的な考え方なのでしょうか?

ネガティブそしてポジティブと、人の気持ちを支配しているそれぞれの考え方や気持ちの持ち方、いわゆるモチ

記事を読む

ユーチューバー専門学校の学長が語る、YouTube動画の魅力とは? アメリカのライアン君がおもちゃで遊び、とんでもない月収を獲得!

子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や子供でも稼げる時代になり、楽し

記事を読む

虎ノ門ヒルズでLIVE会見 7月31日スッキリ!で放送 2020年東京オリンピック開閉会式演出は?

2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向け、着々と準備が進んでいく中、31日朝のスッキリ!

記事を読む

証人喚問で得たものとは? 改ざんの真実は明かされたのか?

3月27日 9時30分から、元理財局長である佐川氏の、衆参予算委員会による証人喚問が始まりま

記事を読む

自虐ネタは、自慢話しに捉えられると、自滅ネタになる。 だから気をつけよう!

ソフトバンクの孫正義さんがホリエモンこと堀江貴文さんほどパッシングを受けないのは、自虐ネタが上手いか

記事を読む

職人の街「蔵前 」7月25日スッキリタッチで紹介!オシャレなお店がズラリ〜

7月25日のスッキリタッチで紹介された、ハッシュタグ蔵前は、今はオシャレな店が立ち並ぶトレンディーな

記事を読む

インフルエンザや風邪予防! 紅茶の効能が意外なところに・・・

11月1日の「紅茶の日」に紅茶の日記念ティーセミナーがあり出席された方からの情報で、インフルエンザや

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







苺ダイエットってあり? 甘くて美味しい旬の苺を食べて、夏バテ防止に備えよう!

旬の苺にはビタミンCや葉酸が豊富に含まれていて、脂肪の燃焼を助けるだけ

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマ

ゴーギャンのために用意されたゴッホのひまわり「教えてもらう前と後」7枚のひまわりの絵とは?

滝川クリステルがメインMCを務めるTBS系列の「教えてもらう前と後」で

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑