*

チョコレートがドイツとポーランドで流出! 工場周辺と高速道路は甘い香り漂い、パニックに・・・

ドイツ西部のベルル市で10日、工場のタンクから大量の液状になったチョコレートがあふれ出て、外の道にまで流れ出て、消防隊員が緊急出動するという出来事がありました。

消防は道路を一時封鎖して専門の除去業者が到着するまでの間、シャベルで流れ出たチョコレートを掻き集めて、道の片側に寄せて対応にあたりました。

 

 

 

消防はこの事故により、クリスマスの時期にベルル市にチョコレートが姿を消し、無くなることはないと報告しています。

 

 

 

 

 

 


日本国内にあるカカオ豆の産地とは?

 

 

 

日本が輸入するカカオ豆の約7割は、ガーナ産のもので占めていて、日本がガーナからたくさん輸入している理由は、ガーナは政府が価格や品質を管理しており、安定した品質の豆の輸入が見込めるからだそうです。

チョコレートの消費量を比較すると、日本の年間国内消費量は25ヶ国中4位で、総重量は252,150トンで、1人当たりの消費量は2.01キロで20位となっています。

 

そして消費量の第1位はドイツで、総重量が960,525トンで、1人当たりの消費量は11.7キロです。(2015年の統計)

 

 

日本が輸入するカカオ豆のうち、25%ずつを森永製菓と明治製菓が輸入しています。

 

 

そして、チョコレートのシェアも25%ずつ分けあって、森永はココアで、明治はチョコレートで知られています。

 

 

 

 

 

 


通貨として使われていたことがある、貴重なカカオは美味しい飲み物・食べ物・・・

 

 

 

 

 

カカオは2000年の歴史を持つ貴重な食べ物で、正式名はラテン語で「神々の食物」という意味があります。

 

通貨として使われていたこともあり、例えばうさぎ1匹=10ココアというような使われ方をされていました。

 

カカオは南国の作物で、原産地はブラジルのアマゾン川流域か、ベネズエラのオリノコ川流域と言われています。

 

 

カカオは16世紀にスペインに持ち込まれ、王族の飲み物としてヨーロッパに普及しました。

 

1828年にはオランダでココアパウダーが開発され、1875年にはスイスでミルクチョコレートが登場し、現在の形になっていきました。

 

 

 

 


あなたはどのメーカーのチョコレートが好きですか?

 

ちょっとここで一休み。

 

 

チョコレートメーカーには、明治、森永、グリコ、ロッテ、ロイズ、ゴディバ、モロゾフ、他には不二家やブルボンなどもありますね?

 

 

最近ある動画を見て、面白い~と思ったのですが、既にそのチョコレートは買って食べていました。

 

リピートしてもいいかな?という美味しさでした。

 

 

チョコレートって、本当に幸せな気持ちにさせてくれますよね?

 

 

12月12日にピークを迎えていた動画ですが、来年も12月12日が来るので、ちょっと楽しみです。

 

 

 

ピーク 12月12日はクイーン・デー 12粒のチョコレートで自分にご褒美あげちゃいなよ!
グリコ公式動画 アーモンドピーク

 

 

 

 

 

 


ポーランドでもチョコレートが流出していた?

 

 

 

2018年5月9日に、ポーランドの高速道路で運搬車が横転してチョコレート流出の事故がありました。

 

そして、積み荷の液状チョコレート12トンが路上に流れ出してしまいました。

 

 

メーカーによるとチョコレートは油よりも除去するのが難しく、水圧を高めた熱湯で徐々に取り除くしかないということで、重機でも取り除くのが困難だったようです。

 

 

 

ポーランドの高速道路でチョコレート流出、運搬車が横転(9日)

 

引用 : REUTERSロイター

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

チョコレートは食べると美味しく、疲れた時には救いの神のような存在ですが、外へ流出してしまうと手がつけられないスライムのような存在になることがわかりました。

 

しかしなぜ流出してしまったのでしょう?

 

工場のタンクから溢れ出てチョコレートが道路まで流出したり、高速道路で運搬車が横転してチョコレートが流出したりと、疑問は残るばかりです。

 

 

カカオ豆の状態で散乱しても回収には困ると思いますが、液体のチョコレートはそれ以上に回収に困難なことがわかったので、取り扱いには十分注意した方が良いと思いました。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

反社会団体と右翼で芸能人が引退の危機へ・・・ 雨上がりの宮迫とロンブーの亮、そして引退した島田紳助は被害者だった?

反社会団体の主催する忘年会に「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が参加し、所属する吉本興業から謹慎処

記事を読む

肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を避けるために、アメリカ製の紙飛

記事を読む

キャッサバとジャガイモには、どんな違いがあるのでしょう? タピオカで有名なキャッサバを主食とする国とは・・・

キャッサバは、日本ではタピオカとしてドリンクに混ぜて飲まれていますが、トウダイグサ目トウダイグサ科の

記事を読む

空に謎の飛行物体・・・UFOなのかドローンなのか気球なのか?

宮城県仙台市の上空に、6月17日の朝「謎の飛行物体」UFOらしきものが出現して、SNS上で憶測が飛び

記事を読む

NYのフォーダム大学へ留学し、弁護士資格の取得目指す小室氏! 納采の儀はどうなる?

8日成田空港に姿を現した、眞子さまのお相手の小室圭さん(26才)が、米ニューヨークのフォーダム大学へ

記事を読む

りゅうちぇるの両肩のタトゥーは本物?? インスタで告白、シールじゃないよ。

1児のパパになった、りゅうちぇるが両肩に妻と子供の名前のタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで

記事を読む

車の安全性チェックで、交通事故回避を! 高齢者ドライバーの急ブレーキ訓練の重要性と、家族の協力の必要性

高齢者の車の事故が多発している今、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車とチャイルド

記事を読む

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







「病は気から」ストレスを自然に発散できる方法を知り、健康的な生活を送るには?

昔から「病は気から」とよく言われ、病気は気の持ちようによっては、良くも

8月6日のスッキリで紹介! スマホアプリ「らくがきAR」で、自分が描いたらくがきが動き出す? 評価は星4つ

スマホアプリ「らくがきAR」で、自分の描いたらくがきがスケッチブックか

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディ

リモートワークとテレワークの違い  利用する外国人のメリット・デメリットとは?

今や国民の仕事に定着しつつあるリモートワークですが、会社でも急きょリモ

感動や感謝される職業とは?希望と夢を与える「松下幸之助」さんの参考になるお言葉

人に感動を与え感謝される仕事は、やりがいを感じて長続きすることができ、

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑