*

あの上野樹里似の韓国女優「シム・ウンギョン」が、日本映画「新聞記者」にキャスティング! 政治色から守るために蒼井優、満島ひかり以外で・・・

菅義偉官房長官の天敵と言われている、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(43才)をモデルにした映画の撮影がいよいよ開始されましたが、当初の予定では、主役には蒼井優や、満島ひかりなどの名前があがっていましたが、やはり政治色が強くなる為に、人畜無害な韓国人女優のシム・ウンギョン(24才)が主役を務めることになりました。

 

 

 


加計問題などについて、執拗に質問を浴びせかけた?

 

望月記者は社会部に所属していますが、2017年6月から菅官房長官の定例会見に出席して、加計問題などについて質問を浴びせかけ、一躍注目を集め有名人となりました。

 

 

 

 


それ以来、菅官房長官とのバトルは続いている?

 

官邸へ詰めている記者によれば、それ以降も、菅官房長官とのバトルは続いていて、11月28日には、出入国管理法改正案について、「強行に採決が行われた!」などと望月記者が質問したのに対し、菅官房長官は「強行採決なんかやっていない!全く事実と違うことの質問はすべきではない!」と反論をしていたことを報告していました。

 

 

 

 

 


望月衣塑子記者とは?

菅官房長官の天敵として、一躍有名になった望月記者は、2000年に中日新聞社に入社しました。

事件記者として務め、2017年秋に自伝本「新聞記者」を角川書店から出版しました。

 

 

その自伝本を原案とした映画の撮影が始まり、自分の役を韓国人女優が演じることについては、

「会社から、映画のことは喋ってはいけないと言われていまして・・・」

 

と、映画についてはノーコメントの姿勢でした。

 

 


東京新聞は、撮影に全面協力!

12月1日、2日、16日の休日の3日間を利用して、東京新聞社7階の放送芸能部や文化部などで、ロケが行われました。

 

会社側は東京新聞の知名度を上げるために、撮影に協力することにしたようです。

 

 

 

 

 


シム・ウンギョンと松坂桃李のダブル主演?

主役の新聞記者を演じる韓国人女優のシム・ウンギョンさんと、集客力を見込んで起用された人気俳優の松坂桃李さんがクランクインしました。

 

松坂さんは新聞記者とともに、不正に塗れた上司を追及する内閣情報調査室の役人という役柄を演じます。

 

 

 

 

 


人気ドラマ「ファン・ジニ」に出演していた

 

 

望月記者役のシム・ウンギョンさんは、チャン・グンソクとともに「ファン・ジニ」に子役で出演していました。

 

演技力には定評があり、演技神童と呼ばれていたほど韓国では誰もが知るお馴染みの女優さんですが、人気があるというわけではないみたいです。

 

 

 

2017年春にシム・ウンギョンさんは、門脇麦や安藤サクラの所属事務所と契約を交わし、日本での活動を本格化させたと言われています。

 

 

 


シム・ウンギョンさんは、「のだめカンタービレ」の上野樹里さんにソックリ!!

 

以前、上野樹里さんは韓国バラエティーの「私たち結婚しました」の仕掛人としてゲストで出演していました。

 

 

映画「のだめカンタービレ」の宣伝を兼ねての出演でしたが、その場にいても違和感なく馴染んでいました。

 

 

そして今回、韓国人女優のシム・ウンギョンさんを知り、上野樹里さんにソックリだと思いました。

 

 

 

 


まとめ

映画「新聞記者」の公開予定は、来年2019年6月頃のようですが、韓国人女優のシム・ウンギョンさんの演技と、もう1人の主演、松坂桃李さんとの絡みが気になるところです。

 

菅官房長官が一番観たくない映画がクランクインされ、来年公開となるので心情複雑だと思いますが、観客側は楽しみに待っていると思います。

 

 

 

さぁ、どのような映画になるのか、楽しみですね?

 

 

スポンサードリンク







関連記事

渡辺大 マドリードの地で「日本ワイン」の美味しさをアピール!

渡辺謙さんの息子渡辺大(33才)が、スペインのマドリード国際映画祭で「最優秀外国語映画主演男優賞」を

記事を読む

吉本興業の岡本社長による会見ストップ! 宮迫と亮による手作り会見LIVE、アメバTVで真実が全て明るみに・・・

マネジメント契約解除を受けた、雨上がり決死隊の宮迫と、ロンブーの亮が20日15:00頃から自分たちの

記事を読む

ゴミ捨て場に潜む猫集団、劇団四季のキャッツ!こだわりの3本柱

読めば読むほど面白い村上春樹の本と、観れば観るほど楽しくなる劇団四季のキャッツという例えが気に入って

記事を読む

すごい!「東京タラレバ娘」終了後から「おっさんずラブ」の大ヒットで、今急上昇中の田中圭を知った帰国後の大島優子のコメントとは?

元AKB48のメンバーで女優の大島優子さんが、1年間のアメリカ生活を送り、今までの生活を見直しながら

記事を読む

田中圭や吉田鋼太郎らが益々話題の人へ・・・「おっさんずラブ」コンフィデンスアワード作品賞受賞!!

今年2018年の春テレビ放送された29番組中、質の高いドラマに与える第12回コンフィデンスアワード・

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

自虐ネタは、自慢話しに捉えられると、自滅ネタになる。 だから気をつけよう!

ソフトバンクの孫正義さんがホリエモンこと堀江貴文さんほどパッシングを受けないのは、自虐ネタが上手いか

記事を読む

伊達ちゃんがドッペルゲンガー?? ソックリさん、いらっしゃい! ポイントは「おでこ」です。

サンドウィッチマンの伊達みきおが、ブログの中で「 ドッペルゲンガーかと思う程激似! 」と紹介した男性

記事を読む

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

スポンサードリンク







Comment

  1. 映画で歴史を学んではいけない より:

    望月氏に対して良く知る者ほど
    有能な記者と言うイメージは残念ながらありません。
    それでもこのような映画が作られるあたりに
    日本以外の、外圧が働いてると感じずにはいられません。
    プロパガンダ作品、
    映画は映画、事実は事実と考えられる方だけが見てほしいですね。

    • nonnon より:

      貴重なコメントをありがとうございます。

      確かに実際の事とはかけ離れてしまっているかもしれませんが、
      映画は面白さなどを求めている観客に合わせて作られていると思うので、
      一つの物語として観てみたいと思います(*^-^*)

映画で歴史を学んではいけない にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







クライアントとクライエントの意味の違いと、相談員と相談者のモチベーションの合致するところ

顧客を表すクライアントとクライエントの違いと、それぞれの相談員と相談者

ZOZO前澤(元)社長、孤独な経営者だった瞬間があった・・・苦渋の決断!新事業と月旅行と彼女

ZOZOの前澤社長(43)が12日の記者会見で、ZOZOの代表取締役を

コインランドリー市場、需要拡大! コインランドリー投資の成功の理由とは?

コインランドリー市場が日本全国に約600店舗と拡大し、WASHハウスと

信号機のない車道を横断する時に優先されるのは、車両側?歩行者側?道路交通法での罰則とは?

信号機のない車道を通る人を見かけますが、近くの陸橋や地下道を避けて、車

喉の状態悪化!夏と冬の湿度の違いによる乾燥原因と、潤いケアの方法とは?

呼吸したり飲食をする時に、その通り道となる喉の調子が悪くなると、咳が出

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑