12月15日の夜9時から放送された、田中圭24時間テレビ「24時間でドラマはできるのか?生放送、スタートです。」と、くちびる型が押してある紙を持った田中圭さんが、オープニングから勢いよく登場し、24時間の意気込みを叫んでから、くちびる型スタンプの紙を放って、カッコよく去っていく・・・さすがに24時間テレビの主役で、観ている側も最後までお付き合いしてみようかな?という気持ちになってしまう勢いでした。

 

 

 

 


挨拶も元気よく^ ^

 

「皆さん、こんばんは、田中圭です。

 

カメラは止まらない!

 

24時間、田中圭テレビ。

 

24時間でドラマはできるのか?

 

生放送、スタートです。」

 

 

 

と、「田中圭 24時間テレビ」と書かれたTシャツを着て、田中圭さんは元気よくスタートさせました。

 

 

 

大物歌手の和田アキ子さんなど出演のオールキャストで、番組は続けられていき、終わりに近づくにつれ、鈴之助さんが疲れからなのか、感極まって泣き始めるシーンもあり、なんだか初々しくてこちらも観ていて嬉しくなってきました。

 

 


フリーアナウンサーの田中大貴が18日に、自身のInstagramで田中4ショット!を公開

 

 

24時間生放送で1本のドラマを本気で作るAbemaTV特別番組「田中圭24時間テレビ」の束の間のお休みに撮ったショットを、田中大貴さんが自身のInstagramに投稿して、話題を呼んでいます。

 

 

 

田中圭さんと、ゲストとして登場した俳優の鈴之助さん(本名:田中鈴之助)、そしてお笑いコンビのココリコ・田中直樹さんと、Instagramにアップしたフリーアナウンサーの田中大貴さんの「田中4ショット」が、その現場の楽しさを物語っているようで、苗字が一緒の4人は意気投合しているように見えます。

 

 

 

 

 


奇跡の田中集合みたい!

 

このInstagramアップの「日曜に早朝の一枚」には、いろいろなコメントが寄せられていて、「ステキ写真!」「また奇跡の田中集合みたい!」「チーム田中(笑)」などたくさんの反響を呼んでいます。

 

 

 

 


眠らないテレビAbema TV

討論会が面白い!

 

AbemaNewsチャンネル『田原総一朗&堀江貴文の「スマホで“朝生”」』という番組は、一晩中ある問題に対しての討論を繰り広げていくのですが、82歳現役ジャーナリストである田原総一朗さんが司会進行役として、いろいろなパネラーさんに質問をしていくというスタイルで番組が進行していきます。

 

 

 

ITについて滅法強い44歳の実業家・自由人である堀江貴文さんがサポート役で、キレの良いトークで、これからの時代の人間の幸福論を徹底討論していきます。

 

 

 


ある日のパネリスト

 

【司会】
田原総一朗(ジャーナリスト)

 

【メインパネリスト】
堀江貴文(SNS media&consulting(株)ファウンダー)

 

 

【パネリスト】

雨宮処凛(作家・社会運動家)
池澤あやか(タレント)
落合陽一(筑波大学助教・メディアアーティスト)
小西洋之(民進党・参議院議員)
豊田真由子(自民党・衆議院議員)
パックン(タレント・東京工業大学非常勤講師)
藤原和博(奈良市立一条高校校長・著述家)
牧野正幸(ワークスアプリケーションズ代表取締役CEO)
米良はるか(READYFOR代表取締役CEO)

 

 

 

 


ドラゴン堀江もエキサイト!

 

 

新番組の「ドラゴン堀江」では、高校3年生の夏の時にE判定やF判定だったにもかかわらず、東京大学文学部の現役合格を果たした実業家の堀江貴文さんが、独学で身につけた「堀江メソッド」を、半年間という短い期間に若手タレントたちに教え、東大合格へと導く受験ドキュメンタリーなのですが、こちらも目が離せないくらいに面白いのです。

 

 

 

こちらの関連記事も是非ご覧ください。

 

すごい!「東京タラレバ娘」終了後から「おっさんずラブ」の大ヒットで、今急上昇中の田中圭を知った帰国後の大島優子のコメントとは?

 

 

 

 


まとめ

 

ホリエモンも推奨しているAbema TVは、時間のない人たちにも気軽に視聴でき、それも電波の届いている場所であるならどこでも観ることができるので、自分のお気に入り番組を登録しておくと大変便利かもしれません。

 

4人の田中さんのトークも楽しかったし、田中圭さんは芸能人ではないようないつも自然体で、とても親しみがあって良かったです。

 

 

ますますAbema TVから、目が離せなくなりました。

 

 

出演者が熱く語るとこちらも見入ってしまうので、眠らない街東京と同じく、眠らないテレビAbema TVをこれからも視聴していこうと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)