*

糖尿病や高血圧、脂質異常から身を守る低GI食品! 食後の血糖値の上昇を抑えてくれる、優秀な食材とは?

GI(グライセミック・インデックス)は1981年に、トロント大学のジェンキンス博士らが発表し、現代人に急増しつつある肥満やメタボリックシンドロームの予防や改善に今、低GI食品が注目されています。

 

 

 


GIとは?

 

GI(グライセミック・インデックス)とは、食後の血糖値の上昇度合いを示す「血糖上昇指数」のことで、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すものです。

 

 

食品ごとにGI値が違い、GI値が低い食品は血糖値の上昇を穏やかにします。

 

低GI食品は、健康診断で食生活の改善を指摘された方にすすめられています。

 

 

 

 

 


食前・食後の血糖値を見て、食生活の改善を!

 

健康な人は食事を摂ると、食べ物の中の糖分がブドウ糖として血液中に取り込まれ、すい臓からインスリンが分泌されます。

 

ブドウ糖は肝臓や筋肉、脂肪組織などの細胞に取り込まれるので、血糖値は食事前の値まで下がります。

 

 

 

しかしインスリンの分泌が少なかったり、血糖の処理が上手くいかずに血糖値が下がりにくい場合もあります。

 

 

そのために食事の選択が重要になり、摂取する食品によって血糖値の上昇率が変わってきます。

 

 

 

 

 

 


食生活の見直しは、重要ポイント!

 

内蔵脂肪型肥満(高血糖・高血圧・脂質異常)という言葉を、一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

 

これらの病気は恐ろしく、高血糖から糖尿病になり、糖尿病による三大合併症を引き起こし、放っておくと以下のような結末を迎えることになります。

 

 

糖尿病性腎症は、人工透析

糖尿病性網膜症は、失明する

糖尿病性神経障害は、激痛や足の壊疽

 

 

また脂質異常からは、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こし、糖尿病と同じく死に至ることがあります。

 

 

 

 


食生活を改善するために、低GI食品を!

 

 

 

 

そこで登場するのが低GI食品で、血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。

 

 

一般的に一番血糖値が上がりやすいのは、ご飯やパン、めん類の炭水化物と言われています。

 

しかし炭水化物を食べないと栄養のバランスが悪くなったり、食事の満足感も得られなくなるために、たんぱく質や脂質を過剰に摂取してしまうことも起こるので、やはりバランスの良い食生活が重要になってきます。

 

 

 

そしてGI値の目安としては、一般的に70以上を高GI食品、56~69が中GI食品、55以下が低GI食品として分類することができます。

 

低GI食品は血糖値の上昇を穏やかにする他、腹持ちも良いのでおやつにも適しています。

 

低GI食品のおやつを上手に摂って夕食を軽めにすると、血糖値の上昇を穏やかにするのでおすすめです。

 

 

 

おやつも摂り方次第では、健康的な食生活に繋げることができるのです。

 

 

 

 


低中高のGI食品には?

 

 

 

最初に摂る食事(ファーストミール)が、次に摂る食事(セカンドミール)後の血糖値にも影響するということを「セカンドミール効果」と定義しています。

 

セカンドミール効果は、GIの提唱者であるジェンキンス博士が、1982年に発表しました。

 

 

 

低GI食品

そば、うどん、スパゲティ、ライ麦パン、ヨーグルト、牛乳、長芋(生)、みかん、グレープフルーツ、りんご

 

 

中GI食品

玄米、麦入りご飯、酢飯、かぼちゃ、ブドウ、柿、パイナップル

 

 

高GI食品

白米ご飯、食パン、お粥、餅、さつまいも、じゃがいも、里芋、ようかん、煎餅、カステラ

 

 

以上の食品を上手に組み合わせながら摂取すると、血糖値も急激に上がることなく、体への負担も無くなります。

 

 

 

 

 


まとめ

 

若い時から生活習慣病予備群として、食生活の見直しの指導を受けている人は少し気を付けなければいけないかもしれません。

 

 

私も1年に1回の定期健診でいつも、コレステロールや中性脂肪で悪い判定を受けています。

 

脂質異常なので食生活の改善が必要ですが、ついつい体に悪い物を食べてしまって後で後悔してしまうのです。

 

 

無理なく少しずつでも改善できたら、判定結果も違ってくると思います。

 

 

GI食品を表示して、いつも気にしながら少しずつ低GI食品を摂取できるように頑張りたいと思います。

 

やり続けることが大切なので、できることから実践していきたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

新型コロナウイルスへの影響で、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期の措置への要請

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期

記事を読む

偽善者とは良い人の振りをすること? ネット上でよく聞くワードだが、自覚症状のない人が多い?

「この、偽善者が!」と面と向かって相手に言う人は多くはないですが、何かしら会話やその時の態度から、感

記事を読む

これからの生活には精神論が役に立つ? 物質主義だけでは人間関係が築けない

人生山あり谷あり、誰しも平凡な人生を歩むことができない仕組みになっています。  

記事を読む

夏用マスクの素材に適してるもの 冷感素材で気分もリフレッシュ!

夏用のひんやりと冷たさが持続して、つけていて負担に感じないマスクの需要が高まっている中、各メーカーや

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

(特集)スッキリ座談会・・・母の変化と認知症の症状とは? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送され、前回はもの忘れと認知症の違いについてと

記事を読む

ドーパミンはやる気と若さのバロメーター! いつまでも若くいられて、積極的に行動できる秘訣とは?

「やる気」がドーパミンの放出と密接に関係し、またいつまででも若くいられるコツにもドーパミンが一役買わ

記事を読む

新型コロナでイベント中止、旅行も自粛!感染リスクが少ない場所が今注目されている・・それはどんなとこ?

全世界が新型コロナウイルスの渦の中にいる現在、各地で外出はもちろんのこと、イベントも中止、旅行も自粛

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も進化

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が

情報革命家と冒険投資家の二つの顔を持つ孫正義氏のビジョンとは、先を見据えた壮大なロマン?

ソフトバンクグループの孫正義氏は、日本を代表する実業家であり、情報革命

毎年恒例になったハロウィンパーティー 今年はどんな変化があるのか楽しみです。

バレンタインデイやホワイトデイ、ハロウィンやクリスマスなど、年間行事と

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑