*

吉田栄作が退社! デビュー作「ガラスの中の少女」から30年・・・個人事務所設立へ

俳優の吉田栄作(50才)が、大手芸能事務所の「ワタナベエンターテイメント」を退社して、今後は個人事務所を設立し活動していくことが明らかになり、1988年後藤久美子の相手役としてデビュー出演した、映画「ガラスの中の少女」から30年経過した節目の決断となりました。

 

 


「ワタナベエンターテイメント」からのコメントとは?

 

 

「このたび、弊社タレントである吉田栄作との契約が、2018年12月31日をもちまして終了いたしますことをお知らせ申し上げます。

 

デビューより30年に渡り、大変多くの皆様にお世話になって参りましたことを、心から感謝申し上げます。

 

ワタナベエンターテイメントを離れましても、これまでと同様に吉田栄作への変わらぬご声援をお願いし、ご報告とごあいさつとさせていただきます。」

 

 

 

と、契約満了を迎えた報告をされています。

 

 

また契約関係者などによると、ファンクラブへの報告は既に昨年、手紙が送られていたみたいです。

 

 

 

 


SNSの開始を発表!

 

吉田栄作さんは4日にブログを更新して以下のコメントを残し、今までのブログの終了を告げました。

 

 

 

 

「昨日1月3日、50歳に成りました。

今年は自分にとって起承転結の『転』の年・・・

 

この先まだまだ表現の旅を続けるうえで、この新しい一歩を大切にしたいと思っています。」

 

 

 

 

 


「ガラスの中の少女」では初々しさが評判に!

 

 

主役の後藤久美子さんが14歳で、相手役として抜擢された吉田栄作さんが20歳の時の映画で、お二人のフレッシュさが清々しく話題作となりました。

 

 

元祖「国民的美少女」の後藤久美子さんのファンが多い中、相手役として抜擢されてのデビュー作となったので、映画「ガラスの中の少女」への思い入れは強かったのではないかと思います。

 

 

 

 

 


「ガラスの中の少女」について

 

 

 

 

この映画は、国会議員を父に持つ令嬢と、高校を中退した青年との純愛ストーリーで、自らが置かれている納得いかない立場での葛藤の日々を描いた、見終わった後に何故か考えさせられるものができてしまうような映画です。

 

 

有馬頼義の小説を映画化し、脚本・監督は「白い野望」の出目昌伸、共同脚本は「泥の河」の重森孝子、撮影は「首都消失」の飯村雅彦がそれぞれ担当しています。

 

主題歌は、左木伸誘で「ガラスの中の少女」です。

 

 

 

そしてキャストは錚々たるメンバーで、吉田栄作さんの度胸とスター性が感じられました。

 

 

 

キャスト

 

後藤久美子(沖中靖子)

吉田栄作(広田陽一)

藤谷美紀(広田悦子)

浅茅陽子(広田道代)

ジョエル・ソテロ(ホセ)

ラサール石井(佐々木)

峰岸徹(江藤)

長山藍子(女の人)

萬田久子(沖中左都子)

津川雅彦(沖中杉太郎)

 

 

 

懐かしの名作を一挙配信! のんびりくつろぎながら、映画を観てみませんか?  一度試聴してみる価値あるサイトです。

 

 

 

 

 


今後の活動として・・・

 

個人事務所設立後の初めてのお仕事は、1月19日スタートの日本テレビ系「イノセンス 冤罪弁護士」(午後10時)の、第1話のゲスト出演がもう決まっています。

 

ブログの中でも、「既に次の作品も動き始めています」と、今後も精力的に芸能活動を続けていく意欲を示しています。

 

 

 

 

 


まとめ

 

「ガラスの中の少女」からもう30年経ってしまったなんて、本当に人生って(あっという間だな?)と思いました。

 

 

 

美少女コンテストが流行っていて、国民的美少女として後藤久美子さんがメディアに取り上げられた時には、(こんなに綺麗な少女が日本にもいたんだ!)と思ったことを覚えています。

 

 

 

そして映画「ガラスの中の少女」のビデオを買って、当時何度も観ましたが、やっぱり美しい子だなぁ~~と、そして大勢の中から選ばれた、吉田栄作さんの演技力の凄さにもビックリ!しました。

 

 

今後も「初心忘るべからず」で、頑張っていってほしいなぁ~~と思います。

 

あの時の初々しい2人を懐かしく思い、未だ映画の余韻に浸っている私でした(笑)

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

スポンサードリンク







関連記事

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

虎ノ門ヒルズでLIVE会見 7月31日スッキリ!で放送 2020年東京オリンピック開閉会式演出は?

2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向け、着々と準備が進んでいく中、31日朝のスッキリ!

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

フォロワー数最高潮、とってもキュートなケイティ・ペリーさん、応援してます!

今日は朝の情報番組のスッキリに、4年半ぶりの生出演をしたケイティ・ペリーさん(33才)を見て

記事を読む

サモトラケのニケを手元に置ける日が・・・ ルーヴル美術館を身近に感じる、そんな日がやってきました。

頭部と腕の部分がない、ルーヴル美術館所有の「サモトラケのニケ」ですが、フィギュア化されたようで、話題

記事を読む

引退原因はまさかの声帯? 安室ちゃんが7年前から絶不調だったことを告白!

2018年9月16日に引退した、歌手・安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 平成史

記事を読む

証人喚問で得たものとは? 改ざんの真実は明かされたのか?

3月27日 9時30分から、元理財局長である佐川氏の、衆参予算委員会による証人喚問が始まりま

記事を読む

田中圭や吉田鋼太郎らが益々話題の人へ・・・「おっさんずラブ」コンフィデンスアワード作品賞受賞!!

今年2018年の春テレビ放送された29番組中、質の高いドラマに与える第12回コンフィデンスアワード・

記事を読む

サンドウィッチマンと渡辺直美が紅白の舞台裏、副音声を担当! 知られざる紅白の裏事情~~

第69回NHK紅白歌合戦は、大晦日の「ゆく年くる年」の前に必ず家族で見る、お茶の間のお約束番組でした

記事を読む

ついに日本にもカジノが・・・ 与党賛成多数で統合型リゾートの実現へ・・・

19日の衆院本会議で与党などの賛成多数で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、日本

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑