*

注意!花粉症と新生活スタートからのストレスは、新たな病気を引き起こす要因になる?

公開日: : 最終更新日:2020/08/08 最新情報

新生活がスタートする春は、花粉の飛ぶ季節でもあり、お花見で楽しい時期でもあるのにどこか不安で神経がピリピリしてくる時期で、花粉症に悩まされる人も少なくありません。

 

新学期や新年度などでの、環境の変化からくる人間関係などのストレスから病気になってしまい、それに追い打ちをかけるように花粉症に悩まされ、心身ともに大変な時期になります。

 

疲れからくる心労で、夜イビキをかくことがあれば注意しなければならないことがあります。

 

そんなイビキについて調べてみたので、一緒に見ていきましょう!

 

イビキはやっかいなもの?

春のイビキは大変やっかいなものなので、改善していくのがベストです。

 

花粉症になり鼻がつまり、夜寝る時に呼吸が苦しくなりつい口呼吸をしてしまうと、今までかかなかったイビキをかくようになってしまいます。

 

 

そしてそれが癖になり、ずぅ~っとかくようになってしまうのです。

 

 

イビキくらい・・・と思っているかもしれませんが、イビキは大変危険で、病気を引き起こす要因になるのです。

 

 

 


無呼吸症候群に・・・

 

寝ている時に無呼吸症候群になり、しばらく呼吸が止まって脳に酸素が行かない状態になります。

 

 

認知症の原因になったり、脳梗塞の原因になったりするのです。

 

 

イビキは男性がかくというイメージがありますが、男性同様に40才以上の女性がかくことも多いのです。

 

 

これは歳をとって女性ホルモンが減少することにあるようです。

 

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、プロゲステロンは喉を開いてくれるホルモンで、歳をとると気道が狭くなり、呼吸し辛くなってきます。

 

 

特に春になると、花粉症や新生活スタートからくる疲れやストレスから筋肉が緩み、またお酒の席も増えるために、飲み過ぎて喉が腫れてきて気道が塞がり口呼吸することになるのです。

 

 

イビキで悩む女性は、40才代になると増えてきます。

 

 

30代の女性が9.6%のところ、40代になると19.9%に増えます。

 

 

このままほおっておくと、不正静脈や認知症になり、7年寿命が短くなるそうです。

 

 

 

ではどのような対処法をとればよいのでしょう?

 

 

 


イビキの対処法

 

 

睡眠用マウスピースや、鼻に装着して使用するシーパップをつけて寝ると、イビキをかくことなく安眠できるそうです。

 

 

マウスピースは口を広げた形にする物でイメージできますが、鼻につけるシーパップとはいったいどのような物なのでしょう?

 

 

酸素を送り込む人工呼吸器に近い装置と考えれば、わかりが良いかもしれません。

 

 

シーパップは、鼻に装着したマスクから空気を送り込み、ある一定の圧力を気道にかけることによって呼吸がしやすくなり、安心して睡眠がとれる器具です。

 

 

 

これをすることにより、寿命が7年延びると言われています。

 

 

しかしこの器具をつける人は重症の方で、まだ自分で気をつければ改善できる人には、手作り玄関マット枕がオススメみたいです。

 

 

 


手作り玄関マット枕

 

新しい玄関マットを三つ折りにして、その上にタオルケットを置き、それを枕にして寝るだけです。

 

 

タオルケットで高さ調節をして、下に引いた玄関マットの固さが調度よく、頭と肩にフィットするらしいのです。

 

 

大谷クリニックの大谷先生推奨の方法です。

 

 

気道確保に最適な角度は15度で、額の中心から首の高さが平行になる姿勢が、安眠をもたらしてくれるみたいです。

 

 

 

 


まとめ

 

他には、ストレス解消法として、寝る前に「すっぴん日記」を書くのがいいみたいです。

 

 

その日あったことを、包み隠さず日記として書くことにより、気持ちがスッキリできてゆっくり眠れるみたいです。

 

 

試してみる価値はありそうですね?

 

 

寿命を延ばす為にも是非実践して、良質な睡眠をとることにより朝も目覚め良く起き、一日のやる気に繋がると嬉しいですね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

他にも関連記事を書いていますので、宜しかったらお時間のある時に読んでみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

オリンピックのベストショット!!

オリンピックの公式写真を撮っている、メインプレスセンター(MPC)の「ゲッティ」特設オフィスでは、5

記事を読む

冬の乾燥が深刻化! 体の乾燥注意報で、頭皮の乾燥にも気を配ることがベスト!

今年の冬は暖冬と言われ比較的過ごしやすい毎日を過ごしていますが、インフルエンザが拡大して集団生活を余

記事を読む

高速バス・全国初64人乗りの大型バス導入~  しずてつジャストラインで快適なバスの旅

高速バス・しずてつジャストラインの路線バスは、2019年9月末から一部区間で、64人乗りの大型バスを

記事を読む

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、508億円で落札!最後の個人所有作品「サブラトール・ムンディ」とは、どんな絵画?

最高額508億円で落札された「サブラトール・ムンディ」は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた最後の個人

記事を読む

テレワークを導入している企業が増加!サテライトオフィスを有効活用

新型コロナウイルス感染拡大により、企業の中にはリモートワーク(テレワーク)を実施していて、テレワーク

記事を読む

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少年で、お父さんがドイツ人、お母

記事を読む

LINEのテーマパークって、楽しめるのかな? タイの首都バンコクで、テーマパークが開園!

LINEのスタンプでもおなじみのクマさんやうさぎさん、親指立ててゲッツをしている金髪の人など、正式な

記事を読む

吉本興業の岡本社長による会見ストップ! 宮迫と亮による手作り会見LIVE、アメバTVで真実が全て明るみに・・・

マネジメント契約解除を受けた、雨上がり決死隊の宮迫と、ロンブーの亮が20日15:00頃から自分たちの

記事を読む

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネスとしている人は、持っている知

記事を読む

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







大統領もただの人 韓国の元大統領が懲役20年の求刑~ かつては神童と呼ばれた人も・・・

韓国の元大統領であった朴槿恵(パク・クネ)氏は、以前からの知人と共謀し

スマホの電池が消耗しない方法〜 電池の経年劣化は避けられないので、せめて消耗速度を遅らせよう!

スマホのない生活は考えられなくなり、全ての仕事や日常生活にネット環境が

「商売っ気がない人」でも、自分なりの経営戦略を持っている? 得意分野を活かし希少価値を追求・・・

お店をやっていて、よく「商売っ気ないねぇ~」と言われることがありますが

コロナ禍中、人気職業ランキング! 意外な事実が発覚、医療従事者が・・・

コロナ禍で失業者が増える中、人気の職業に意外な事実があることがわかり、

自ら運気を上げていく方法〜 風水を上手に取り入れながら、お部屋をリフレッシュ!

気持ちが落ち込んでいる時や、物事がうまく行っていない時に、気分転換に部

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑