*

注意!花粉症と新生活スタートからのストレスは、新たな病気を引き起こす要因になる?

公開日: : 最終更新日:2020/08/08 最新情報

新生活がスタートする春は、花粉の飛ぶ季節でもあり、お花見で楽しい時期でもあるのにどこか不安で神経がピリピリしてくる時期で、花粉症に悩まされる人も少なくありません。

 

新学期や新年度などでの、環境の変化からくる人間関係などのストレスから病気になってしまい、それに追い打ちをかけるように花粉症に悩まされ、心身ともに大変な時期になります。

 

疲れからくる心労で、夜イビキをかくことがあれば注意しなければならないことがあります。

 

そんなイビキについて調べてみたので、一緒に見ていきましょう!

 

イビキはやっかいなもの?

春のイビキは大変やっかいなものなので、改善していくのがベストです。

 

花粉症になり鼻がつまり、夜寝る時に呼吸が苦しくなりつい口呼吸をしてしまうと、今までかかなかったイビキをかくようになってしまいます。

 

 

そしてそれが癖になり、ずぅ~っとかくようになってしまうのです。

 

 

イビキくらい・・・と思っているかもしれませんが、イビキは大変危険で、病気を引き起こす要因になるのです。

 

 

 


無呼吸症候群に・・・

 

寝ている時に無呼吸症候群になり、しばらく呼吸が止まって脳に酸素が行かない状態になります。

 

 

認知症の原因になったり、脳梗塞の原因になったりするのです。

 

 

イビキは男性がかくというイメージがありますが、男性同様に40才以上の女性がかくことも多いのです。

 

 

これは歳をとって女性ホルモンが減少することにあるようです。

 

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、プロゲステロンは喉を開いてくれるホルモンで、歳をとると気道が狭くなり、呼吸し辛くなってきます。

 

 

特に春になると、花粉症や新生活スタートからくる疲れやストレスから筋肉が緩み、またお酒の席も増えるために、飲み過ぎて喉が腫れてきて気道が塞がり口呼吸することになるのです。

 

 

イビキで悩む女性は、40才代になると増えてきます。

 

 

30代の女性が9.6%のところ、40代になると19.9%に増えます。

 

 

このままほおっておくと、不正静脈や認知症になり、7年寿命が短くなるそうです。

 

 

 

ではどのような対処法をとればよいのでしょう?

 

 

 


イビキの対処法

 

 

睡眠用マウスピースや、鼻に装着して使用するシーパップをつけて寝ると、イビキをかくことなく安眠できるそうです。

 

 

マウスピースは口を広げた形にする物でイメージできますが、鼻につけるシーパップとはいったいどのような物なのでしょう?

 

 

酸素を送り込む人工呼吸器に近い装置と考えれば、わかりが良いかもしれません。

 

 

シーパップは、鼻に装着したマスクから空気を送り込み、ある一定の圧力を気道にかけることによって呼吸がしやすくなり、安心して睡眠がとれる器具です。

 

 

 

これをすることにより、寿命が7年延びると言われています。

 

 

しかしこの器具をつける人は重症の方で、まだ自分で気をつければ改善できる人には、手作り玄関マット枕がオススメみたいです。

 

 

 


手作り玄関マット枕

 

新しい玄関マットを三つ折りにして、その上にタオルケットを置き、それを枕にして寝るだけです。

 

 

タオルケットで高さ調節をして、下に引いた玄関マットの固さが調度よく、頭と肩にフィットするらしいのです。

 

 

大谷クリニックの大谷先生推奨の方法です。

 

 

気道確保に最適な角度は15度で、額の中心から首の高さが平行になる姿勢が、安眠をもたらしてくれるみたいです。

 

 

 

 


まとめ

 

他には、ストレス解消法として、寝る前に「すっぴん日記」を書くのがいいみたいです。

 

 

その日あったことを、包み隠さず日記として書くことにより、気持ちがスッキリできてゆっくり眠れるみたいです。

 

 

試してみる価値はありそうですね?

 

 

寿命を延ばす為にも是非実践して、良質な睡眠をとることにより朝も目覚め良く起き、一日のやる気に繋がると嬉しいですね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

他にも関連記事を書いていますので、宜しかったらお時間のある時に読んでみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルス検査用キットが、続々販売に・・・そしてマスクが高値で転売?

新型コロナウイルスの検査用キットが、各メーカーで開発され、販売され始めました。 マスクについて

記事を読む

国内外72組がカバー、中島美嘉の「雪の華」は国も世代も超え世界のファンを魅了する歌に・・・映画は2月1日から公開!

「今年最初の雪の華を~~♪」と歌う、歌手の中島美嘉さん(35)が平成15年に発表した大ヒット曲「雪の

記事を読む

空に謎の飛行物体・・・UFOなのかドローンなのか気球なのか?

宮城県仙台市の上空に、6月17日の朝「謎の飛行物体」UFOらしきものが出現して、SNS上で憶測が飛び

記事を読む

激痛で苦しむ八木亜希子アナ(元フジテレビアナウンサー) 中高年の女性に多い「線維筋痛症」

元フジテレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーである八木亜希子(54)アナが突然の休養を発表し、

記事を読む

サモトラケのニケを手元に置ける日が・・・ ルーヴル美術館を身近に感じる、そんな日がやってきました。

頭部と腕の部分がない、ルーヴル美術館所有の「サモトラケのニケ」ですが、フィギュア化されたようで、話題

記事を読む

白髪って、抜くと増えるの??

ある年齢になると、白髪や抜け毛に悩まされる人って、多いと思います。 私もその中の一人なのですが

記事を読む

514店舗あるスシローに、回転寿司ならではのサイドメニューが登場! まぐろを使ったラーメンが人気№1になった秘密・・・

回転寿司はファミリー層に人気で、レーンのお寿司だけではなく、タッチパネルで注文するサイドメニューが充

記事を読む

証人喚問で得たものとは? 改ざんの真実は明かされたのか?

3月27日 9時30分から、元理財局長である佐川氏の、衆参予算委員会による証人喚問が始まりま

記事を読む

缶コーヒーWiki おすすめをメーカーさんに聞きました! 自販機やコンビニで買える缶コーヒー

自動販売機やコンビニで手軽に買えて、すぐ飲むことができる缶コーヒーは、日常の中で不可欠な存在となり、

記事を読む

トランプ大統領が服用している抗マラリア薬で、全米がハラハラドキドキ!

トランプ米大統領(73)が18日に明らかにした、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の服用で、副作用

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







5000年前からの歴史・・・インダス文明の都市モヘンジョダロは神秘の世界・・・瞑想で心を落ち着かせプラス思考に変えていこう!

瞑想は、約5000年前のインダス文明最大級の都市、モヘンジョダロで行わ

「イオン」ネットスーパー事業強化のため、銀行から劣後ローンで600億円の融資を受けることに! 巣ごもり需要で市場拡大か?

600億円の融資を取引銀行から受ける流通大手の「イオン」が、新型コロナ

(お手軽)お家での防寒対策 リーズナブルにお部屋を暖かくする方法とは?

防寒対策をしていく季節になり、少しずつ寒い冬を越す準備をしていく中で、

新型コロナ対策にAIが活躍 携帯料金の引き下げも実現なるか?

AI(人工知能)の今後の可能性について菅総理は、新型コロナウイルス感染

100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑