*

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.09人で、昨年の冬の54.33人を上回り、1999年以降では過去最多となり、全国都道府県で「警戒レベル」となっています。

 

 

 

 


インフルエンザにかかった患者数

 

 

 

 

インフルエンザで医療機関を受診したのは、全国で約222万6千人(推計)で、前の週から10万人近く増えました。

 

全国約500の医療機関から報告された入院患者数は、この1週間で3205人に上り、集中治療室を利用されたり人工呼吸器を付けたり、脳波検査などが必要なケースは、延べ628人にまで上りました。

 

 

昨年冬のピーク時では、報告のあった入院患者数が2050人で、それぞれの検査が必要なケースは379人となっていて、今年の冬は重症患者が目立っていて深刻な状況です。

 

 

やはり体力のない70代以上の入院患者が、全体の半数以上を占めている中で、全体の約2割は9歳までの乳幼児から小学生となっていて、各地で死亡の報告も相次いでいる状態です。

 

 

 

 

 


厚生労働大臣の記者会見では?

 

 

 

根本匠厚生労働大臣は、閣議後の記者会見の場で、

 

 

「具合が悪い場合には、早めに医療機関を受診していただきたい!」

 

 

と、今後拡大が懸念されているインフルエンザに対しての予防を、投げかけていました。

 

 

 

 

 


都道府県別での状況は?

 

都道府県別では埼玉県の84.09人が最多となっていて、続いて新潟県の77.70人、千葉県の73.00人、宮城県の69.81人、そして神奈川県の67.94人が続いています。

 

31の都道府県では前の週より増えている一方で、北海道や東京などを覗いた16府県は減ってきています。

 

 

 

 

 

 

 


全国の小中学校でも学級閉鎖がおこなわれている・・・

 

 

 

休校や学年閉鎖や学級閉鎖となった保育所、幼稚園、小中高校は、全国で計8928施設もあります。

 

 

前の週の6343施設から拡大していて、休校になっている学校以外は給食を食べてすぐ帰宅しているようです。

 

 

集団生活を送っている保育園や幼稚園、学校や介護施設、その他会社などは、やはり誰かがかかるとすぐ広がってしまいます。

 

発症までの潜伏期間内におしゃべりしたりしても菌をもらってしまう可能性があるので、この時期は十分注意して行動していきたいですね?

 

 

 

 

 


2つのウイルスが混在?

 

 

 

昨年から今年冬にかけての推計患者数は約764万1000人で、今現在猛威を振るっている2009年に新型ウイルスとして流行したA型と、香港A型が混在しています。

 

そして昨年流行ったB型は1%にとどまっています。

 

 

 

厚生労働省は、こまめな手洗いや、咳やくしゃみが出る時はマスクを着用するといった「咳エチケット」の徹底を呼び掛けています。

 

 

 

やはり飛沫感染が最大の拡大原因になっているので、人に移さないように気配りすることが予防の一歩になると考えられます。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

毎年インフルエンザは冬の乾燥している時に流行り始めますが、昨年末から今現在にかけて、雨天の日が少なく室内外が乾燥しているので、喉には非常に悪い環境であり、生活しにくい状態になっています。

 

 

顔や手足も乾燥していることがわかり、保湿クリームを塗ってなんとか過ごしていますが、この乾燥している環境が風邪やインフルエンザが大変好む環境であるので、注意が必要です。

 


 

 

インフルエンザや風邪がおさまるまで、まだまだかかりそうですが、体力が低下していかないように食事や睡眠は十分とるようにして対策していきたいですね?

 

 

もうしばらく頑張りましょう!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

他にも関連サイトやお役立ち情報など、是非ご覧になってみてくださいね(*^^*)

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

かき氷の進化系~ 炙りかき氷とドンペリかき氷で、冷たさの中にロマン漂わせ、大人のかき氷を楽しむ・・・

かき氷にも種類があり、きめ細かくふんわりした氷もあれば、ザクザクした昔ながらの氷でシロップや練乳をか

記事を読む

五月祭!! 東大生は未知数の可能性の持ち主

今朝テレビで、東京大学の五月祭について紹介していました。   東大の赤門を潜る

記事を読む

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

ハリポタテーマパークが、東京としまえんに! 時代の変化で地域活性へ・・・

ハリーポッターのテーマパーク、アトラクションと言えば「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」USJが有名

記事を読む

年末になると、なぜ忙しくなるのでしょう?「師走(しわす)」の名の通り、走り回るくらい忙しい12月をのんびり過ごすことはできるのでしょうか?

年末に近づけば近づくほど忙しさを増すのは、年末にクリスマスや忘年会、お正月の準備や大掃除など、普段な

記事を読む

新型コロナで給食費無償化!大阪市の新たなる政策と、中国の離婚率の急増

新型コロナウイルスの影響は留まるところなく広がっていますが、そんな中大阪市の市長は、仕事へ行くのもま

記事を読む

「どうしてお腹が空くのだろう?」就寝前の食事は極力避けたいけれど、眠れない場合の対処法ってあるの?

童謡で「おなかがへるうた」がありますが、お腹が空き過ぎて夜眠れないってことってあると思います。

記事を読む

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、508億円で落札!最後の個人所有作品「サブラトール・ムンディ」とは、どんな絵画?

最高額508億円で落札された「サブラトール・ムンディ」は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた最後の個人

記事を読む

「ゲーム障害」は新たな病気?香川県から発信される「スマホ使用時間制限条例」は大阪まで・・・

18歳未満を対象にして、平日は60分まで、休日は90分までと定めた「スマートフォンなどの使用制限」が

記事を読む

日大アメフト部、橋詰新監督就任と宮川選手の復帰で、活気戻る!

東京世田谷区での会見で、8月に日大アメフト部の新監督として就任された橋詰功氏の発言で、悪質タックルで

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







緊急事態宣言・7都府県と新型コロナ感染後の悲痛な叫び

安倍総理は、今月7日から来月6日の1ヶ月間、東京、神奈川、埼玉、千葉、

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつか

米・トランプ大統領、新型コロナ対策に四苦八苦! 健康な国民にもマスク着用を任意で・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米・トランプ大統領は今月3日、拡大

新型コロナで院内感染を防ぐ「オンライン診療」 今後どうなる?

4月1日現在で国内の新型コロナウイルス感染者が、2419人、死者69人

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑