*

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.09人で、昨年の冬の54.33人を上回り、1999年以降では過去最多となり、全国都道府県で「警戒レベル」となっています。

 

 

 

 


インフルエンザにかかった患者数

 

 

 

 

インフルエンザで医療機関を受診したのは、全国で約222万6千人(推計)で、前の週から10万人近く増えました。

 

全国約500の医療機関から報告された入院患者数は、この1週間で3205人に上り、集中治療室を利用されたり人工呼吸器を付けたり、脳波検査などが必要なケースは、延べ628人にまで上りました。

 

 

昨年冬のピーク時では、報告のあった入院患者数が2050人で、それぞれの検査が必要なケースは379人となっていて、今年の冬は重症患者が目立っていて深刻な状況です。

 

 

やはり体力のない70代以上の入院患者が、全体の半数以上を占めている中で、全体の約2割は9歳までの乳幼児から小学生となっていて、各地で死亡の報告も相次いでいる状態です。

 

 

 

 

 


厚生労働大臣の記者会見では?

 

 

 

根本匠厚生労働大臣は、閣議後の記者会見の場で、

 

 

「具合が悪い場合には、早めに医療機関を受診していただきたい!」

 

 

と、今後拡大が懸念されているインフルエンザに対しての予防を、投げかけていました。

 

 

 

 

 


都道府県別での状況は?

 

都道府県別では埼玉県の84.09人が最多となっていて、続いて新潟県の77.70人、千葉県の73.00人、宮城県の69.81人、そして神奈川県の67.94人が続いています。

 

31の都道府県では前の週より増えている一方で、北海道や東京などを覗いた16府県は減ってきています。

 

 

 

 

 

 

 


全国の小中学校でも学級閉鎖がおこなわれている・・・

 

 

 

休校や学年閉鎖や学級閉鎖となった保育所、幼稚園、小中高校は、全国で計8928施設もあります。

 

 

前の週の6343施設から拡大していて、休校になっている学校以外は給食を食べてすぐ帰宅しているようです。

 

 

集団生活を送っている保育園や幼稚園、学校や介護施設、その他会社などは、やはり誰かがかかるとすぐ広がってしまいます。

 

発症までの潜伏期間内におしゃべりしたりしても菌をもらってしまう可能性があるので、この時期は十分注意して行動していきたいですね?

 

 

 

 

 


2つのウイルスが混在?

 

 

 

昨年から今年冬にかけての推計患者数は約764万1000人で、今現在猛威を振るっている2009年に新型ウイルスとして流行したA型と、香港A型が混在しています。

 

そして昨年流行ったB型は1%にとどまっています。

 

 

 

厚生労働省は、こまめな手洗いや、咳やくしゃみが出る時はマスクを着用するといった「咳エチケット」の徹底を呼び掛けています。

 

 

 

やはり飛沫感染が最大の拡大原因になっているので、人に移さないように気配りすることが予防の一歩になると考えられます。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

毎年インフルエンザは冬の乾燥している時に流行り始めますが、昨年末から今現在にかけて、雨天の日が少なく室内外が乾燥しているので、喉には非常に悪い環境であり、生活しにくい状態になっています。

 

 

顔や手足も乾燥していることがわかり、保湿クリームを塗ってなんとか過ごしていますが、この乾燥している環境が風邪やインフルエンザが大変好む環境であるので、注意が必要です。

 


 

 

インフルエンザや風邪がおさまるまで、まだまだかかりそうですが、体力が低下していかないように食事や睡眠は十分とるようにして対策していきたいですね?

 

 

もうしばらく頑張りましょう!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

他にも関連サイトやお役立ち情報など、是非ご覧になってみてくださいね(*^^*)

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

安室奈美恵 いよいよ引退に・・・25年間本当にありがとう!

2018年9月16日のファイナルをもって、芸能界から引退した安室ちゃんこと安室奈美恵さん、歌手、女優

記事を読む

電気を使わず、坂道スイスイ~ レンタサイクルのビジネスも拡大!

シェアリングは都心ではすでに日常的に利用されているようで、通勤通学時に乗り捨てできることで大変便利に

記事を読む

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。 運転

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

赤いメガネがトレンドマークの奥華子 イベントでの観客ゼロのワケ・・・

7月16日の大阪公演の第2部に誰も観客が来なくて、後から応募当選した人たちへのメールが送信されていな

記事を読む

瞳はキムタク似? スタイル完璧なコーキさん!

身長170㎝の15才、エル・ジャポンの表紙を飾っているのは、キムタクと工藤静香さんの娘のコーキ(ロー

記事を読む

まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が今注目されている・・・恵方巻が大量処分に!

最近廃棄のニュースが多く、豚コレラにより岐阜県を中心に大量な豚たちが殺処分されたという報告があり、人

記事を読む

シミ抜きにも流派が・・・ いらず流(不入流)のクリーニングが家でもできるの?

諦めていたシミを落とす不入流(いらずりゅう)で、祖主の高橋さん(69才)が家庭のシミを落としまくる企

記事を読む

(特集)スッキリ座談会・・・母の変化と認知症の症状とは? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送され、前回はもの忘れと認知症の違いについてと

記事を読む

続「蔵前」ハッシュタグ検索でオシャレなお店を見つけました(´∀`)

前回はオリジナルノートが作れるお店についてアップしましたが、今回は蔵前のお茶屋さんと、美術館のような

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑