*

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

公開日: : 最終更新日:2019/02/07 最新情報, 生活

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで、街頭インタビューでのご主人の声からの内情で、普段は優しい奥様が突然鬼嫁化する原因を探ってみました。

 

 

 

 

 


結婚3年になる医療関係で働いている26歳のご主人の場合

 

 

 

会社の同僚と飲んで遅くなってしまい、やむなくタクシーで帰宅し玄関を開けて入ろうとしたら、チェーンロックがかけられていて開かなくなっていて、ひたすら電話してみても出ないので30分くらい外にいたけれど、寒くて凍えそうだったのでもう一度電話をかけてみました。

 

 

そして何度目かに出てくれたので、

 

 

 

「すみませんでした。」

 

 

 

と謝ったら開けてくれたそうです。

 

 

 

 

奥さんの機嫌を直すことが最優先だったので、素直に謝ったそうです。

 

 

 

 

 

 


結婚18年になる44歳の会社員の場合

 

普段はとっても優しいのですが、ある時だけ鬼嫁になるそうです。

 

 

その原因はご主人のイビキがうるさくて寝られないということで、顔を蹴られたり首を絞められたりされたそうです。

 

 

それも結構本気で・・・

 

 

 

たかがイビキで殴られるなんて納得がいかないと、自分でスマホのアプリに録音して聞いてみたら、イビキが酷くて本当に殺したくなり妻の気持ちがわかったそうです。

 

 

そして寝室を別々にすることで解決はしましたが、別々の寝室では寂しいので、手術して喉ちんこを取ってしまったそうです。

 

 

 

それで息がよく通るようになって、ちょっと静かになりました。

 

 

 

 

 

「いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 


結婚14年になる48歳の自営業者の場合

 

 

普段から少し気性が荒い奥様ですが、結婚前にご主人が車を運転中に、車内で些細なことで口論になり、奥さんが急に鍵を開けて飛び降りようとしたので、それを止める為に左手を出したら、血が出るまで噛まれて、その後不敵な笑みを浮かべて恐ろしかったそうです。

 

 

しかしその時、奥さんとの結婚を決めたそうです。

 

 

ご主人は自分がわがままなので、そのわがままを正してくれると思ったそうです。

 

 

本当は優しくて可愛らしいところが気に入っているようです。

 

 

 

 

 


結婚36年になる63歳の警備員の場合

 

 

 

 

たまにケーキとか買って帰ると、

 

 

「こんなもの買ってきて!」

 

「いらないから!」

 

 

 

と文句言いながら食べているところは、可愛いと思っているご主人ですが、唯一鬼嫁と思う瞬間があるそうです。

 

 

 

 

それは、ご主人が作った折り紙作品をゴミと言った時です。

 

 

 

実際にご自宅にお邪魔して、折り紙を見たところ、精密に作られている折り紙がずら~と並んでいて、8年前から折り紙を始めて賞を取ったり、個展を開いたりしたそうです。

 

 

 

ミロのヴィーナスやマリリンモンローなど、芸術の域にある作品もあり、それをゴミ扱いしてくる妻は鬼嫁に見えることがあるそうです。

 

 

 

しかし奥さんはきっと、その折り紙たちに嫉妬しているのかもしれないですね?

 

 

 

ご主人が留守している時に、折り紙を持ち出して人に自慢しているみたいなので、長年連れ添っているご夫婦の情が湧いての行動にもとれますね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

鬼嫁といっても普段はとても優しい奥様で、なんとなく夫婦愛が感じられ、どこの家庭もお互い言いたいことはあるけれど、少し我慢しながら生活していることがわかりました。

 

 

これからもその調度よい関係は続いていくのだと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトやお役立ち情報なども是非ご覧になってみてくださいね(*^^*)

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ネガティブ思考=否定的? ではポジティブ思考の人は、肯定的な考え方なのでしょうか?

ネガティブそしてポジティブと、人の気持ちを支配しているそれぞれの考え方や気持ちの持ち方、いわゆるモチ

記事を読む

クレカ利用率の最多年齢は41歳~50歳! まだまだキャッシュレスに慣れていない日本

カードを持つことによってポイントが貯まったり、現金をお財布から出し入れする手間もなく、お財布の軽量化

記事を読む

お笑いコンビ・キングコングのとっても深いコンビ愛に感動! 梶原雄太はユーチューバーとして、西野亮廣は絵本作家として第二の職業をエンジョイ中です。

[ドッキリ]激レアスニーカー100足突然紛失事件で謝罪した、カジサックこと梶原雄太にはお笑いの血が流

記事を読む

連続4回転は、必須だったのでしょうか?

平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕して、各国の選手が今までの血も滲むような練習の成果を、本番で出

記事を読む

アバ再結成?? マンマ・ミーヤ! 新アバ誕生の裏側とは・・・?

軽快な音楽♪でついつい楽しくなっちゃう・・・そんな40代~50代の人達にはお馴染みのアバのメロディー

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

赤いメガネがトレンドマークの奥華子 イベントでの観客ゼロのワケ・・・

7月16日の大阪公演の第2部に誰も観客が来なくて、後から応募当選した人たちへのメールが送信されていな

記事を読む

ピース綾部はニューヨークの街で、ヒロミ(タレント)とツーショット写真をインスタに・・・

お笑いコンビの「ピース」綾部祐二さん(41)が、ニューヨークに来たヒロミさん(54)に久々に会い、ツ

記事を読む

6月に女性を襲う不快臭撃退法! 梅雨時にでる、嫌な臭い

汗臭と疲労臭と加齢臭と後一つがやっかいな臭いで、加齢臭の倍の臭いがするミドル脂臭は、女性から放つ臭い

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとし

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑