*

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

公開日: : 最終更新日:2019/02/07 最新情報, 生活

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで、街頭インタビューでのご主人の声からの内情で、普段は優しい奥様が突然鬼嫁化する原因を探ってみました。

 

 

 

 

 


結婚3年になる医療関係で働いている26歳のご主人の場合

 

 

 

会社の同僚と飲んで遅くなってしまい、やむなくタクシーで帰宅し玄関を開けて入ろうとしたら、チェーンロックがかけられていて開かなくなっていて、ひたすら電話してみても出ないので30分くらい外にいたけれど、寒くて凍えそうだったのでもう一度電話をかけてみました。

 

 

そして何度目かに出てくれたので、

 

 

 

「すみませんでした。」

 

 

 

と謝ったら開けてくれたそうです。

 

 

 

 

奥さんの機嫌を直すことが最優先だったので、素直に謝ったそうです。

 

 

 

 

 

 


結婚18年になる44歳の会社員の場合

 

普段はとっても優しいのですが、ある時だけ鬼嫁になるそうです。

 

 

その原因はご主人のイビキがうるさくて寝られないということで、顔を蹴られたり首を絞められたりされたそうです。

 

 

それも結構本気で・・・

 

 

 

たかがイビキで殴られるなんて納得がいかないと、自分でスマホのアプリに録音して聞いてみたら、イビキが酷くて本当に殺したくなり妻の気持ちがわかったそうです。

 

 

そして寝室を別々にすることで解決はしましたが、別々の寝室では寂しいので、手術して喉ちんこを取ってしまったそうです。

 

 

 

それで息がよく通るようになって、ちょっと静かになりました。

 

 

 

 

 

「いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 


結婚14年になる48歳の自営業者の場合

 

 

普段から少し気性が荒い奥様ですが、結婚前にご主人が車を運転中に、車内で些細なことで口論になり、奥さんが急に鍵を開けて飛び降りようとしたので、それを止める為に左手を出したら、血が出るまで噛まれて、その後不敵な笑みを浮かべて恐ろしかったそうです。

 

 

しかしその時、奥さんとの結婚を決めたそうです。

 

 

ご主人は自分がわがままなので、そのわがままを正してくれると思ったそうです。

 

 

本当は優しくて可愛らしいところが気に入っているようです。

 

 

 

 

 


結婚36年になる63歳の警備員の場合

 

 

 

 

たまにケーキとか買って帰ると、

 

 

「こんなもの買ってきて!」

 

「いらないから!」

 

 

 

と文句言いながら食べているところは、可愛いと思っているご主人ですが、唯一鬼嫁と思う瞬間があるそうです。

 

 

 

 

それは、ご主人が作った折り紙作品をゴミと言った時です。

 

 

 

実際にご自宅にお邪魔して、折り紙を見たところ、精密に作られている折り紙がずら~と並んでいて、8年前から折り紙を始めて賞を取ったり、個展を開いたりしたそうです。

 

 

 

ミロのヴィーナスやマリリンモンローなど、芸術の域にある作品もあり、それをゴミ扱いしてくる妻は鬼嫁に見えることがあるそうです。

 

 

 

しかし奥さんはきっと、その折り紙たちに嫉妬しているのかもしれないですね?

 

 

 

ご主人が留守している時に、折り紙を持ち出して人に自慢しているみたいなので、長年連れ添っているご夫婦の情が湧いての行動にもとれますね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

鬼嫁といっても普段はとても優しい奥様で、なんとなく夫婦愛が感じられ、どこの家庭もお互い言いたいことはあるけれど、少し我慢しながら生活していることがわかりました。

 

 

これからもその調度よい関係は続いていくのだと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトやお役立ち情報なども是非ご覧になってみてくださいね(*^^*)

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

人材不足に有効活用、あなたの近くのヘッドハンティング!

以前から転職を考えている人の為の斡旋会社が、企業の情報や個人一人一人にあった会社を紹介しています。

記事を読む

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品を摂取することによって、糖尿病

記事を読む

アバ再結成?? マンマ・ミーヤ! 新アバ誕生の裏側とは・・・?

軽快な音楽♪でついつい楽しくなっちゃう・・・そんな40代~50代の人達にはお馴染みのアバのメロディー

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

最先端技術を持った、日本のトヨタ! コネクテッドカーとして、新型クラウンとカローラスポーツ

6月26日にコネクテッドカーとして、トヨタは高級車の「クラウン」フルモデルチェンジと、新型車として「

記事を読む

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン

記事を読む

3.11 芥川賞候補作品に、類以問題浮上!

東日本大震災を舞台に描かれた小説が、芥川賞候補作品であり、文章が許可なく引用されているとして、講談社

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

「月旅行」ZOZO前澤社長の計画は順調か? 1,000億円かけた壮大なロマンは夢で終わる?

女優の剛力彩芽の交際相手、ZOZOTOWNの前澤社長は、月旅行へ画家やミュージシャン、小説家など幅広

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑