*

まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が今注目されている・・・恵方巻が大量処分に!

最近廃棄のニュースが多く、豚コレラにより岐阜県を中心に大量な豚たちが殺処分されたという報告があり、人間の生活に被害が及ぶために仕方ない判断でしたが、今回の恵方巻の廃棄処分に関しては「まだ食べられる食品をもったいない!」と、広く批判が及んでいます。

 

元々は大阪で節分に太巻きを食べる風習があり、2019年の恵方は「東北東」という事で、無言で必死に食べ切ると良い事がありそうですが、さすが「食い倒れの街」大阪が発祥であるということがよくわかります。

 

 

 

 

 


セブンイレブンの広島市舟入店の野田氏が広めた?

 

 

1989年に広島県広島市中区舟入店の野田靜眞さんが、大阪で節分に太巻きを食べる風習があることを聞いて、それに目を付け仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり始め、2000年代以降から急速に広まっていったそうです。

 

 

それ以前に「恵方巻」と呼ばれていた文献類は見つかっていないそうで、その他には「幸運巻寿司」「恵方寿司」「招福巻」などと呼ばれていたようです。

 

 

 

 

 

 


食品ロスの削減はなぜ必要なのか?(消費者庁ホームページより)

 

 

 

まだ食べられるものを廃棄してしまうなんて、本当にもったいないと思います。

 

 

 

統計によると、日本では年間2842万トンもの食品廃棄物等が出されています。

 

 

 

 

この内まだ食べられるのに廃棄される食品(食品ロス)は、646万トンあり、これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。

 

 

 

また食品ロスを国民一人当りに換算すると、お茶碗約1杯分(約139g)の食べ物が、毎日捨てられていることになるのです。

 

 

 

 

 

本当に「もったいない!」話しです。

 

 

 

 

 


「もったいない!」騒動

 

 

以前船場吉兆の女将である「ささやき女将さん(記者会見の席でささやいていた)」が、残った料理をもったいないからという理由から、「料理の使い回し」「食材偽装」をしたことで謝罪会見を開いた事がありました。

 

 

女将さん曰く、

 

「まだ食べられるものなのに、もったいない!」

 

 

ということで、下げられた料理を処分することなく、使い回していました。

 

 

 

 

「食べ物を粗末にするな!」と言われているにも関わらず、残った食材を簡単に処分してしまうような「もったいない行為」に対しては、世間を騒がせる程度で済んでしまうのですが、「捨ててしまうのは、もったいない!」ということで、それを違う形で再利用しようとすると罪になってしまう・・・

 

 

本当に難しいことだと思います。

 

 

また食品には賞味期限消費期限というものがあるので、それを過ぎたらやはり処分するしかないのです。

 

 

 

 

 

 


消費者や事業者の協力が必要です!

 

食品産業では、平成24年4月から食品廃棄物の発生する率が高い業種について、環境省及び農林水産省が食品リサイクル法に基づく発生の基準値を設定して、食品ロスの削減に努めています。

 

 

しかし食品ロスが発生する原因の一つには、消費者の過度な鮮度志向があるのではと言われています。

 

 

 

 

関係府省庁の協力のもと、消費者が食品ロスに対する認識を高めるために、消費者庁のホームページに

 

「食べもののムダをなくそうプロジェクト」

 

 

というページを設けて呼びかけています。(平成24年10月17日)

 

 

 

 


まとめ

確かに鮮度重視と、添加物などを見て食品を購入しているところがあるので、なんとも言えませんが、まだ全然食べられるものでも、期限切れということで簡単に処分されてしまいます。

 

ムダをなくすために各関連省庁が動いていますが、それがいつも水面下での働きかけであって、今回の「恵方巻、大量処分」という問題に至ってしまったのではないかと思われます。

 

 

災害にあって初めてわかる食料品の有難さを、日頃から意識していきたいものです。

 

 

 

「尊いもの=もったいないもの」

 

今回のことから気づかされたことですが、食料品に限らず身の廻りにある、まだ使えそうな物たちを大切に考えていこうと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトやお役立ち情報などを是非ご覧になってみてください(*^^*)

 

 

スポンサードリンク







関連記事

マインドセット、マインドフルネスのやり方と、モチベーションとマインドの違い

マインドセットやマインドフルネスという言葉を最近よく聞くようになり、ポジティブ思考やネガティブ思考、

記事を読む

世界で史上最高額の絵画と、世界最古のオークション会社「サザビーズ」の信じ難い決まり・サザビーズ法とは?

史上最高508億円で落札されたレオナルド・ダ・ヴィンチの作品「サブラトール・ムンディ」は、クリスティ

記事を読む

(大打撃)韓国明洞からユニクロ撤退! 中国からキムチが逆輸入~

2020年1月31日が最終日となった、韓国明洞にある「ユニクロ」が9年間の幕を閉じ、コロナ禍で他店も

記事を読む

福祉が整っている国に潜む落とし穴! 夢や希望を持つことが幸せへの第一歩

福祉が充実している国と言えば、フィンランドやデンマークなどの北欧が思いあたりますが、生活保護制度や障

記事を読む

スッキリ!感染症法の分類見直しで、新型コロナは2類から5類へ? そのメリット・デメリットとは?

朝の情報番組スッキリ!で、新型コロナの分類の位置づけが検討されていることがわかり、インフルエンザやは

記事を読む

バスタブが空を飛ぶ? ドイツの仲良し3人組が企画して、大成功!

空飛ぶバスタブ?テレビの映像を見ていて目を疑うほどに完璧な飛行で、その姿は大型ドローン、もしくは小型

記事を読む

最高のクリスマスを過ごす方法~ 年の最後の一大イベントであるクリスマスを、どう過ごしたいですか?

ハロウィンが終わり、次に控えているクリスマスの準備はもう始まっています。 デパートの売り場にも

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

「大人になったなぁ~」と思った時はどんな時? 成人式を迎えた人、これから迎える子ども達、2度目3度目の成人式を過ぎた人達にインタビュー

大人の仲間入りをした新成人をお祝いしつつ、朝の情報番組スッキリでは「大人になったなぁ~」と思った時は

記事を読む

前澤友作社長は、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長でもあった?

今話題のZOZOTOWN(スタートトゥデイより社名変更)の前澤友作社長(43才)は、現代芸術振興財団

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑