*

まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が今注目されている・・・恵方巻が大量処分に!

最近廃棄のニュースが多く、豚コレラにより岐阜県を中心に大量な豚たちが殺処分されたという報告があり、人間の生活に被害が及ぶために仕方ない判断でしたが、今回の恵方巻の廃棄処分に関しては「まだ食べられる食品をもったいない!」と、広く批判が及んでいます。

 

元々は大阪で節分に太巻きを食べる風習があり、2019年の恵方は「東北東」という事で、無言で必死に食べ切ると良い事がありそうですが、さすが「食い倒れの街」大阪が発祥であるということがよくわかります。

 

 

 

 

 


セブンイレブンの広島市舟入店の野田氏が広めた?

 

 

1989年に広島県広島市中区舟入店の野田靜眞さんが、大阪で節分に太巻きを食べる風習があることを聞いて、それに目を付け仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり始め、2000年代以降から急速に広まっていったそうです。

 

 

それ以前に「恵方巻」と呼ばれていた文献類は見つかっていないそうで、その他には「幸運巻寿司」「恵方寿司」「招福巻」などと呼ばれていたようです。

 

 

 

 

 

 


食品ロスの削減はなぜ必要なのか?(消費者庁ホームページより)

 

 

 

まだ食べられるものを廃棄してしまうなんて、本当にもったいないと思います。

 

 

 

統計によると、日本では年間2842万トンもの食品廃棄物等が出されています。

 

 

 

 

この内まだ食べられるのに廃棄される食品(食品ロス)は、646万トンあり、これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。

 

 

 

また食品ロスを国民一人当りに換算すると、お茶碗約1杯分(約139g)の食べ物が、毎日捨てられていることになるのです。

 

 

 

 

 

本当に「もったいない!」話しです。

 

 

 

 

 


「もったいない!」騒動

 

 

以前船場吉兆の女将である「ささやき女将さん(記者会見の席でささやいていた)」が、残った料理をもったいないからという理由から、「料理の使い回し」「食材偽装」をしたことで謝罪会見を開いた事がありました。

 

 

女将さん曰く、

 

「まだ食べられるものなのに、もったいない!」

 

 

ということで、下げられた料理を処分することなく、使い回していました。

 

 

 

 

「食べ物を粗末にするな!」と言われているにも関わらず、残った食材を簡単に処分してしまうような「もったいない行為」に対しては、世間を騒がせる程度で済んでしまうのですが、「捨ててしまうのは、もったいない!」ということで、それを違う形で再利用しようとすると罪になってしまう・・・

 

 

本当に難しいことだと思います。

 

 

また食品には賞味期限消費期限というものがあるので、それを過ぎたらやはり処分するしかないのです。

 

 

 

 

 

 


消費者や事業者の協力が必要です!

 

食品産業では、平成24年4月から食品廃棄物の発生する率が高い業種について、環境省及び農林水産省が食品リサイクル法に基づく発生の基準値を設定して、食品ロスの削減に努めています。

 

 

しかし食品ロスが発生する原因の一つには、消費者の過度な鮮度志向があるのではと言われています。

 

 

 

 

関係府省庁の協力のもと、消費者が食品ロスに対する認識を高めるために、消費者庁のホームページに

 

「食べもののムダをなくそうプロジェクト」

 

 

というページを設けて呼びかけています。(平成24年10月17日)

 

 

 

 


まとめ

確かに鮮度重視と、添加物などを見て食品を購入しているところがあるので、なんとも言えませんが、まだ全然食べられるものでも、期限切れということで簡単に処分されてしまいます。

 

ムダをなくすために各関連省庁が動いていますが、それがいつも水面下での働きかけであって、今回の「恵方巻、大量処分」という問題に至ってしまったのではないかと思われます。

 

 

災害にあって初めてわかる食料品の有難さを、日頃から意識していきたいものです。

 

 

 

「尊いもの=もったいないもの」

 

今回のことから気づかされたことですが、食料品に限らず身の廻りにある、まだ使えそうな物たちを大切に考えていこうと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトやお役立ち情報などを是非ご覧になってみてください(*^^*)

 

 

スポンサードリンク







関連記事

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

りゅうちぇるの実姉・シンガーソングライターの比花知春(ひがちはる)は、アメブロにて芸能活動にピリオドを打ち、その思いを語る

りゅうちぇるは運転中に物損事故を起こし、ツイッターで謝罪の言葉を述べ、りゅうちぇるの実姉 のシンガー

記事を読む

花粉症対策グッズ 今年も花粉の飛び交う季節が・・・手元に置きたい花粉症対策グッズとは?

花粉の季節は本当に辛いという方が年々増えてきていて、新陳代謝が活発な若年層に増えてきていますが、花粉

記事を読む

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルスで亡くなった人の数も16,000人を超え、感染者数も把握している限りでは、36万人

記事を読む

2020年の運勢は、吉と出るか凶と出るか・・・おみくじで重視するものは?

年明けの初詣で、今年一年の抱負と無病息災、家内安全を祈願するために神社へお参りし、運試しでおみくじを

記事を読む

クリスマスケーキが売れなくなったワケとは? 贅沢なものと考えられ健康志向のため、ケーキを買わなくなったとしたら洋菓子店は大ピンチ!

クリスマスケーキが売れなくなり、洋菓子店の倒産が増え続けています。   今年も

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

マスク対策激化!そして劇的改善の見通しが・・・新型コロナウイルスの治療、タイで発表~

中国国内で蔓延している「新型コロナウイルス」は死者数も増え続け、国内外までその威力は拡大しています。

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







緊急事態宣言・7都府県と新型コロナ感染後の悲痛な叫び

安倍総理は、今月7日から来月6日の1ヶ月間、東京、神奈川、埼玉、千葉、

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつか

米・トランプ大統領、新型コロナ対策に四苦八苦! 健康な国民にもマスク着用を任意で・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米・トランプ大統領は今月3日、拡大

新型コロナで院内感染を防ぐ「オンライン診療」 今後どうなる?

4月1日現在で国内の新型コロナウイルス感染者が、2419人、死者69人

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑