*

ユーチューブで炎上しているカジサックこと、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太は「カジサックの部屋」の登録数が70万人に達し、「激レア スニーカードッキリ!!」が吉と出るか、凶と出るか・・・

[ドッキリ]激レア スニーカー100足はどこに?の撮影で、ヤスタケの実家に上がり込み、大切にしているレアものスニーカーをスニッカーズに変えてしまうイタズラで、ユーチューブ内は炎上し52万回の視聴中、1.6万の非難ゴーゴーで「カジサックの部屋」のアカウントは凍結されてしまう怖れに、脅かされているカジサックこと梶原雄太がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 


お笑いコンビ・キングコングは今、別々の道を歩んでいる・・・

 

ツッコミ役の西野亮廣さんは、今の職業が絵本作家・小説家であり、タモリさんからアドバイスをもらったことをキッカケに、絵本作家を目指し独学で絵を学び、5年後に初の作品「Dr.インクの星空キネマ」を発売し、「にしの あきひろ」で絵本作家としてデビューしました。

 

 

 

その後、クラウドファンディングで出資者を募り、2013年2月にニューヨークにおいて初の海外絵本絵画展を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

一方、ボケ担当の梶原さんは、2018年10月1日からユーチューブで「カジサック」として着々と動画を撮り、フォロワー数を増やしていき、広告収入を上げています。

 

 

 

 

 

 


今回問題になった動画は、スニーカーマニアを怒らせるくらい行き過ぎ?

 

 

 

 

 

ユーチューブ動画のカメラマンをしているヤスタケさんが、別の仕事をしていることから急きょ別のカメラマンをつけて、留守しているヤスタケさんの部屋にお母さんの了解を得て侵入しました。

 

 

「お笑いがわかっているお母さんだ」

 

 

と、家の中に入れてもらった喜びを満面の笑みで表現し、カジサックはイタズラを決行するために、スニッカーズのお菓子を袋一杯買いこんで、準備万端でした。

 

 

 

臨時カメラマンにも一度は止められたけれど、レアなスニーカーがずらりと並んでいる部屋に侵入し、プラスチックのケースに入っているスニーカーをゴミの袋にとりあえず入れて、空のケースにスニッカーズを1本ないし、超レアスニーカーが入っていたケースには2本入れていき、外に出ている10万円はするスニーカーの履き口にも、スニッカーズを縦に刺していき、本物は見えないところに隠して作業終了しました。

 

 

 

そしてヤスタケさんが仕事場から帰ってくるまで、近くの喫茶店で待っていることにしました。

 

 

 

 

仕事が終わりヤスタケさんが帰ってくると、まず上着を脱いでファブリーズで消臭した後ハンガーにかけ、暫くたたずんでスニーカーの方に目をやった時、ビックリして尻もちをつきました。

 

 

 

すぐケースをかたっぱしに開けていき、メモが入っているケースを見つけてカジサックに電話しました。

 

 

 

 

 

電話をかけて15分後に喫茶店からカジサックが到着しました。

 

 

 

 

笑いながら部屋に入ってくるカジサックを見て、ヤスタケさんは笑い顔一つ見せずに、

 

 

「なんでこんなこと、するんすか?」

 

と完ぺき起こっていて、

 

 

「ヤスタケがスニーカーめっちゃ好きって聞いて、スニッカーズに全部変えたら面白いなって思って・・・」

 

と言うと、

 

 

「面白くないですよ・・・」と、その場で座り込み、どうやって入ったのか聞くと、

 

 

 

「お母さんが入れてくれて・・・いや、お笑いのわかるお母さんやわ」

 

 

 

 

ヤスタケさんは、

 

「めっちゃ怖かったすよ、最初」

 

「いや、笑わないですよ」

 

「すげえ怖かったすよ」

 

「中に入ってるのはなんですか?」

 

 

と聞くと「カモフラージュ」だとカジサックが答えて、

 

 

「カモフラージュになんないやん。」

 

 

 

 

とマジで怒っているヤスタケさんを見て、ユーチューブ動画を見た人の中には、

 

 

 

「大事な物を隠すのはイジメと同じ」

 

 

 

「なかなか手に入らないスニーカーもあるのに、やたら触ったりして傷ついたらどうするの?」

 

 

 

「保管すると言って、ゴミの袋に無造作に入れて・・・」

 

 

 

 

などの批判するコメントがあり、最悪の事態であるユーチューブのアカウント凍結が心配です。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

キングコングの二人は既に別々の道を歩き始めていて、西野さんは絵本作家になるまでに5年の歳月をかけて独学で勉強し、梶原さんは空白の何年かはあったけれど、ユーチューバーとして活躍されているようなので、生計は立っているように思われます。

 

 

 

 

梶原さんの母親が生活保護の不正受給をしたことから、周囲からたたかれて結局は干されてしまったような結果になったけれど、それから年数はしっかり流れていて、西野さんは芸術面で才能を開花させ、梶原さんはユーチューバーとして動画を撮り続けています。

 

 

 

 

今回のことでアカウントが凍結してしまったら、超レアスニーカー紛失の恐怖どころではないと思います。

 

 

 

 

やはり悪ふざけはやめて、謙虚に生きていくのが成功への近道ですね?

 

 

本当にそう思いました。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連サイトなど是非ご覧になってみてくださいね?

 

 

スポンサードリンク







関連記事

消費税2%増に伴い「プレミアム商品券」で対策? 対象者はどんな家庭?

2019年10月の消費税率10%に備え、2万円で2万5000円分になる「プレミアム商品券」が発行され

記事を読む

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで

記事を読む

アバ再結成?? マンマ・ミーヤ! 新アバ誕生の裏側とは・・・?

軽快な音楽♪でついつい楽しくなっちゃう・・・そんな40代~50代の人達にはお馴染みのアバのメロディー

記事を読む

連続4回転は、必須だったのでしょうか?

平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕して、各国の選手が今までの血も滲むような練習の成果を、本番で出

記事を読む

LINEのテーマパークって、楽しめるのかな? タイの首都バンコクで、テーマパークが開園!

LINEのスタンプでもおなじみのクマさんやうさぎさん、親指立ててゲッツをしている金髪の人など、正式な

記事を読む

「忘れられない父の言葉」 みんな心の奥底で感謝してます。

6月25日のスッキリ!タッチでは、父が発した忘れられない一言を街頭インタビューから調査して、お父さん

記事を読む

「孤独のグルメ」のおっさんと「おっさんずラブ」のおっさん。おっさんが可愛い!おっさんが癒される?おっさんがトレンディー?おっさん旋風巻き起こる・・・

田中圭や吉田鋼太郎の「おっさんずラブ」や、松重豊がひたすら食べ続ける「孤独のグルメ」がまだまだ人気絶

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン

記事を読む

ブランディング(Wiki) ブランド戦略とマーケティング戦略による経営戦略の先には、消費者視点があった・・・

「ブランディング」と言う言葉は最近よく耳にしますが、ブランド価値を高めていく重要な役割を果たす戦略の

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとし

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑