*

SNSの種類と、使いやすさと煩わしさ 「いいね!」される率の高さなどの実経験のまとめ ~ミクシーをピックアップ!~

フェイスブックやインスタグラム、ミクシーやアメーバブログ、LINEやツイッター、ユーチューブ、そして自身のホームページなど、まだまだ沢山SNSは存在しますが、人それぞれ自分に合ったSNSを利用して、日頃の写真のアップや日記のような活用法、ビジネスツールとしての拡散や、リターンを見込んだ集客に結びつけている方もいて、世界中で活用され毎日新しいビジネスが誕生している現実社会で、私が実際使ってみての感想をお話ししてみたいと思います。

 

 

 


SNSとの出会い

 

 

初めてソーシャルメディアサービスという言葉を知り、やり始めたのはミクシーでした。

 

現在もミクシーは存在していますが、昔と比べ利用者はだいぶ減ってきているように思います。

 

 

今は自分で登録してすぐ始めることができますが、盛んだった頃は誰かの紹介がなければ入れないという、会員制のようなシステムでした。

 

 

別サイトのあるグループでやりとりするようになって、私もそのグループメンバーの知り合いから招待していただきましたが、利用者はほとんど10代後半から20代後半までという若年層で、盛り上がる話題に年齢の差を感じることが多々ありました。

 

 

 

 

 


ミクシーでの利点と不利な点とは?

 

 

 

ミクシーやインスタグラムなど、フェイスブック以外はニックネームやハンドルネームを使用できるので、個人情報の流出にならずに気軽に始められます。

 

 

フェイスブックは個人名でまず登録して、お店屋さんやビジネス関係のページ設定もできるので、どちらかというと仕事向きな感じです。

 

 

 

そしてインスタグラムは、「インスタ映え」と言われているようにメインは写真で、いかに美しく、お料理だったら美味しそうに写せるのかのカメラのスキルアップに活かすことができます。

 

 

やはり美味しそうに写せた方が、記念に素敵な写真のまま残せるし、フォロアー数も増えていき世界も広がっていけるので、魅力的ですよね?

 

 

 

 

 

そしてミクシーは、日々のつぶやきや日記を気軽にアップできたり、趣味で繋がりたい時にはコミュニティに参加して全国のお友達を増やすことができるので、そこが利点です。

 

そして「イイネ!」がなくても訪問してくれると足あとで誰が訪れたのか?自分が誰のページを訪問したのかがわかるところも利点だと思います。

 

 

 

 

お友達になると「マイミク」として、知り合いの知り合いなどにコミュニケーションをとる時など、

 

「○○さんのマイミクの○○です。 よろしくお願いします。」

 

 

のような、ちょっと可愛い挨拶ができます。

 

 

 

日常会話のような使い方をしていて、本名ではなくハンドルネームでの会話ができるので、仕事に結び付けようと思っている方には不向きかと思います。

 

 

ミクシーはどちらかというと日本国内にお友達を増やしていくツールになりますが、フェイスブックのように住所や名前、経歴や現在の仕事内容などがわかるツールは、ビジネスに直結している点では実用的で、海外の方とも知り合える機会があるので、コミュニティの幅が広がっていく利点があるので、マイミクの何人かはフェイスブックに移行していきました。

 

 

未だミクシーでつぶやいているマイミクさんはいますが、昔ほどコメントで盛り上がってはいないので、今は仕事直結型のフェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどに参加される方が増えていくのだと思います。

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

SNSでいろいろな人達と知り合い、生活に彩りを添えることができるので、楽しみでもあり生活していく上での励みになりますが、その反面、犯罪に巻き込まれるおそれがある危険なツールと言えるので注意しながら使うことが必要です。

 

世の中には、いい人ばかりではないということですね?

 

 

仲良くなっておいて、そこから人を利用する人が後を絶えないので、気を付けていきたいと思います。

 

 

 

今回はミクシーについてご紹介させていただきましたが、私はミクシーの「絵画ペインティング」のコミュニティで知り合ったマイミクさんと、昔絵の交換をしたことがあり、その後何年も経っていますが、インスタグラムで再会しお話しすることができました。

 

 

 

上手にSNSを利用することにより、交友関係が広がっていくので、これからも楽しみながら続けていこうと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

次回もSNSについて書いてみたいと思います。

 

次回もお会いできることを楽しみにしております。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ノイローゼ(神経症)は「不安」や「恐怖」からきて、うつ病は心理的ストレスから? 精神科や心療内科の利用者急増~

極度な不安や恐怖、環境からくるストレスによりノイローゼ(神経症)やうつ病になる人が急増していて、その

記事を読む

地中化される電線のメリット、デメリットとは? 美しい景観を守るため、災害時の電柱破損による停電防止の「電線類地中化」を進めている地域が拡大している

郊外へ出ると、車道の両サイドに電柱が等間隔に並び、電線が複雑に絡み合う光景をよく目にすることがありま

記事を読む

アプリの数に比例して、アップデートの回数も増え続ける? iPhoneの設定で面倒な操作も解消・・・

アプリのApp Storeでのアップデートは、アプリの数に比例していて、機能の追加やiOSのバージョ

記事を読む

江崎びす子の「夢かわいい」「病みかわいい」が人気に!体温計までアクセサリーに?

東京都世田谷区出身の男性漫画家、江崎びす子さんは、「病み可愛」の「メルヘラチャン」のキャラクターで売

記事を読む

腰痛は体重と関係あり? 腰痛による痛みの症状は、背骨・神経・精神によるものが多く改善法は様々?

寒くなると神経痛が出て・・と子どもの頃よく老年期の方が、腰や足をさすっている姿を見かける事がありまし

記事を読む

(簡単便利)音声翻訳機で会話成立!  もんじゃ焼きの作り方はしっかり伝わるの?

日常生活や旅行先でも外国人旅行客や移住者が増え、会話に苦労することが多くなり、今、話すだけで翻訳して

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドイツも国境封鎖!ヨーロッパも警戒態勢

ドイツメディアは15日に、ドイツが16日の朝から新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、フランスや

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

旅行するなら今でしょ! 猛暑とコロナ禍を避け、旅行は「Go To トラベル」を使い35%割引プランで・・・

連日の猛暑とコロナ第2波の影響により、旅行会社は厳しい経営状況にあり、政府が打ち出した「Go To

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナ対策にAIが活躍 携帯料金の引き下げも実現なるか?

AI(人工知能)の今後の可能性について菅総理は、新型コロナウイルス感染

100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプ

「フレーミング効果の法則」は心理作戦か? 心を誘導する言葉に左右される日常

フレーミング効果は、対象をフレームに当てはめ効果的に誘導する考え方を言

美味しさと手軽さがウリ、グリコ「ポッキー」の商品開発へのこだわりとギネス認定!

こおり水の入ったお洒落なグラスに、グリコ「ポッキー」を入れてテーブルの

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑