*

人材不足に有効活用、あなたの近くのヘッドハンティング!

以前から転職を考えている人の為の斡旋会社が、企業の情報や個人一人一人にあった会社を紹介しています。

 

その会社の方針に従わって働かなければならない現状に納得いかず、退職まで後10年というところで、このままこの仕事を続けていっても良いのだろうか?と誰でも考える機会がくると思います。

 

その様な時に、転職サイトや転職エージェントなどを活用して、情報誌やネット検索などで調べながら、一度仕事について考え直すことができます。

 

一生の仕事を探すことは、なかなか難しいことです。

 

仕事の内容や勤務時間重視で探していると、賃金が希望にそぐわない結果にもなるし、逆に賃金に重点を定めると、必要な資格や仕事内容、勤務時間などが過度にのしかかってきます。

 

自分の特技が活かせて、やりがいのがあり達成感のある仕事で、希望する収入を手にすることができる仕事内容であれば、少し立ち止まって考えてしまうと思います。

 

そんな瞬間に、転職のヘッドハンティングに遭遇したら、あなたはどうしますか?

 

・今の仕事は納得いく内容の仕事ではないけれど、毎月決まった固定給が入り安心はしているから、このまま現状維持で退職まで頑張って働いていく考え。

 

・仕事内容にも給料にも勤務時間にも不満を持っているので、そのような話しが舞い込んできたら、好奇心も後押しして、話しを聞くだけ聞いてみてもいいかなぁ?という考え。

 

・以前から転職に興味があって、日頃からいろいろと調べていたので、この機会を逃したくないと積極的に話しを聞き、前向きに検討していく考え。

 

・ヘッドハンティングの会社自体を疑っていて、話しを聞いただけで何かの請求が届くのではないかと不安になる。

 

などなど捉え方は人それぞれだと思います。

 

他にも今の会社から移れない理由としては、部下や会社への義理があり、自分の今やらなければならない義務に支配されている状況にあることです。

 

ヘッドハンティングをおこなっている会社は、まず初めに状況把握の為に、現役の管理職へ直接電話をかけて、今置かれている状況をリサーチしていきます。

 

プロフェッショナルバンクで、61人のヘッドハンターのメンバーがいて、リサーチャーしています。

 

電話でのコンタクトで、100人中15人に会うことができれば良いという状況で、またお会いしてもその場で断られる場合もあるので、転職成立は難しいみたいです。

 

そんな中、仕事に対して微かな不満を抱えている人に対して、転職して経営トップを目指してほしいと切り出します。

 

今まで転職という選択肢がなかった人でも、転職のアドバイザーから助言されると、なんだか自分にも将来の道が開けそうな気になってくるのです。

 

ある企業からも依頼を受けることもあり、今回ターゲットとしてテレビ取材された方は、候補者400人の中から見つけ出した43才男性です。

 

大手メーカーに勤務していて、海外部署を担当していますが、やはり自分の思い通りにいかない現状から、転職について考えていたようです。

 

ヘッドハンターとの話し合いで、一度は転職について行動を起こしてみようと決断はしましたが、それから何週間も連絡が途絶え、現状維持を選択したと諦めかけていたところ、その後連絡がきて転職を決断されました。

 

企業側は総戦力になる人材を探していて、ヘッドハンターの会社に依頼し、優秀な人材が確保でき、会社の業績が延びていくというシステムは画期的でもあり、プロ野球に例えたらドラフトにも似たような感じに思えました。

 

40代、50代は、仕事についてあれこれと考えてしまう年齢だと思います。

 

そして転職しても失敗できない年齢だと思うので、人生の分岐点に立たされ、どちらを選択すれば良いのか迷う年齢でもあると思います。

 

 

現に私も、50過ぎにして転職しました。

以前は会社に勤務していましたが、今は自宅1階のスペースをリフォームして、細々とお店を開いています。

行動に移す前に約3年間構想を練って、リフォームして開業するまでに約2年の歳月を費やしました。

 

いつまでに転職するかの予定を決めてから、リフォームの開始終了の時期を考え、いつから開業べきかを考える時間を過ごしました。

 

夢を持つことは、すぐにでもできますが、夢を現実のものに変えていくことは、並大抵の努力では叶わないということは知っているので、いつでも頭の片隅には仕事について考えるスペースを空けて置き、一歩ずつ近づいていけるように努力しました。

 

ようやく形になって起動にのってきたと思いきや、何度も考えもしなかった試練にぶち当たり、それを乗り越え試行錯誤しながらここまでやってきました。

 

だから一口に転職と言っても必ずしも上手くいくものでもなく、逆に困難な出来事が多いと考えた方がいいと思います。

 

転職のプロ、ヘッドハンターの存在は大きいと思います。

 

そしてその方達に相談することが、転職への近道であり、最小限に失敗を食い止めることができる方法ではないかと思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの内容についてのコメントは大歓迎です。また他にも日常会話していますので、良かったら読んでみてくださいね?(*^-^*)

カフェちっくな日常

 

 

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

スポンサードリンク







関連記事

ユーチューバー専門学校の学長が語る、YouTube動画の魅力とは? アメリカのライアン君がおもちゃで遊び、とんでもない月収を獲得!

子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や子供でも稼げる時代になり、楽し

記事を読む

大寒は1年で最も寒いと言われ、2021年寒の入り1月20日からは、寒さ厳しいので気をつけて過ごしましょう!

「大寒」の名前の如く、1年で一番寒さが厳しくなる時期と言われ、2021年の寒の入りは1月20日で、指

記事を読む

ふるさとへ恩返し・・・ふるさと納税が始まったのはいつ? 納税額の目安と返礼品の充実!

ふるさと納税は、数々の返礼品の内容の良さから注目を集めている制度ですが、もともとは自分が応援したいと

記事を読む

適職に転職するために四柱推命で占い、確実に自分に向いている職業を見つけてみよう! 楽しく仕事をするための必須診断

四柱推命とは、中国に伝わる陰陽五行説を元にして命運を占う方法で、その中には自分にあった適職も記録され

記事を読む

空に謎の飛行物体・・・UFOなのかドローンなのか気球なのか?

宮城県仙台市の上空に、6月17日の朝「謎の飛行物体」UFOらしきものが出現して、SNS上で憶測が飛び

記事を読む

新型コロナで給食費無償化!大阪市の新たなる政策と、中国の離婚率の急増

新型コロナウイルスの影響は留まるところなく広がっていますが、そんな中大阪市の市長は、仕事へ行くのもま

記事を読む

2020年の運勢は、吉と出るか凶と出るか・・・おみくじで重視するものは?

年明けの初詣で、今年一年の抱負と無病息災、家内安全を祈願するために神社へお参りし、運試しでおみくじを

記事を読む

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディスタンスという言葉を、よく耳に

記事を読む

デトックス効果で毒素排出! 美容と健康のために必要な食材とは?

美容と健康のために、デトックス効果のある食材を摂るように心がけると、便秘が解消されて、ガサガサだった

記事を読む

激痛で苦しむ八木亜希子アナ(元フジテレビアナウンサー) 中高年の女性に多い「線維筋痛症」

元フジテレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーである八木亜希子(54)アナが突然の休養を発表し、

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







花粉症対策に効く食事と、花粉の飛散量が少ない時間帯のウォーキングで免疫力アップ! 

花粉が飛び舞う時期になり、一日中くしゃみや鼻水、喉のイガイガや目の痒み

50年の時を経て、砂丘に埋まる錆びていない缶を発見! 70年代前半も今もファンタは愛され続けている

2月16日に鳥取砂丘から出土した「ファンタグレープの空き缶」は、50年

最後まで使い切れる注射器と、やはり出た副作用で不安拡大! そして不織布マスクの効果的な使い方

コロナウイルスのワクチン接種が始まって医療従事者から順に接種し、接種後

福祉が整っている国に潜む落とし穴! 夢や希望を持つことが幸せへの第一歩

福祉が充実している国と言えば、フィンランドやデンマークなどの北欧が思い

不二家のペコちゃんの初期・中期・現代~ 女優の酒井美紀さんが「不二家」の取締役に就任!

「ミルキーはママの味」でお馴染みの不二家に、女優の酒井美紀さん(42)

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑