*

人材不足に有効活用、あなたの近くのヘッドハンティング!

以前から転職を考えている人の為の斡旋会社が、企業の情報や個人一人一人にあった会社を紹介しています。

 

その会社の方針に従わって働かなければならない現状に納得いかず、退職まで後10年というところで、このままこの仕事を続けていっても良いのだろうか?と誰でも考える機会がくると思います。

 

その様な時に、転職サイトや転職エージェントなどを活用して、情報誌やネット検索などで調べながら、一度仕事について考え直すことができます。

 

一生の仕事を探すことは、なかなか難しいことです。

 

仕事の内容や勤務時間重視で探していると、賃金が希望にそぐわない結果にもなるし、逆に賃金に重点を定めると、必要な資格や仕事内容、勤務時間などが過度にのしかかってきます。

 

自分の特技が活かせて、やりがいのがあり達成感のある仕事で、希望する収入を手にすることができる仕事内容であれば、少し立ち止まって考えてしまうと思います。

 

そんな瞬間に、転職のヘッドハンティングに遭遇したら、あなたはどうしますか?

 

・今の仕事は納得いく内容の仕事ではないけれど、毎月決まった固定給が入り安心はしているから、このまま現状維持で退職まで頑張って働いていく考え。

 

・仕事内容にも給料にも勤務時間にも不満を持っているので、そのような話しが舞い込んできたら、好奇心も後押しして、話しを聞くだけ聞いてみてもいいかなぁ?という考え。

 

・以前から転職に興味があって、日頃からいろいろと調べていたので、この機会を逃したくないと積極的に話しを聞き、前向きに検討していく考え。

 

・ヘッドハンティングの会社自体を疑っていて、話しを聞いただけで何かの請求が届くのではないかと不安になる。

 

などなど捉え方は人それぞれだと思います。

 

他にも今の会社から移れない理由としては、部下や会社への義理があり、自分の今やらなければならない義務に支配されている状況にあることです。

 

ヘッドハンティングをおこなっている会社は、まず初めに状況把握の為に、現役の管理職へ直接電話をかけて、今置かれている状況をリサーチしていきます。

 

プロフェッショナルバンクで、61人のヘッドハンターのメンバーがいて、リサーチャーしています。

 

電話でのコンタクトで、100人中15人に会うことができれば良いという状況で、またお会いしてもその場で断られる場合もあるので、転職成立は難しいみたいです。

 

そんな中、仕事に対して微かな不満を抱えている人に対して、転職して経営トップを目指してほしいと切り出します。

 

今まで転職という選択肢がなかった人でも、転職のアドバイザーから助言されると、なんだか自分にも将来の道が開けそうな気になってくるのです。

 

ある企業からも依頼を受けることもあり、今回ターゲットとしてテレビ取材された方は、候補者400人の中から見つけ出した43才男性です。

 

大手メーカーに勤務していて、海外部署を担当していますが、やはり自分の思い通りにいかない現状から、転職について考えていたようです。

 

ヘッドハンターとの話し合いで、一度は転職について行動を起こしてみようと決断はしましたが、それから何週間も連絡が途絶え、現状維持を選択したと諦めかけていたところ、その後連絡がきて転職を決断されました。

 

企業側は総戦力になる人材を探していて、ヘッドハンターの会社に依頼し、優秀な人材が確保でき、会社の業績が延びていくというシステムは画期的でもあり、プロ野球に例えたらドラフトにも似たような感じに思えました。

 

40代、50代は、仕事についてあれこれと考えてしまう年齢だと思います。

 

そして転職しても失敗できない年齢だと思うので、人生の分岐点に立たされ、どちらを選択すれば良いのか迷う年齢でもあると思います。

 

 

現に私も、50過ぎにして転職しました。

以前は会社に勤務していましたが、今は自宅1階のスペースをリフォームして、細々とお店を開いています。

行動に移す前に約3年間構想を練って、リフォームして開業するまでに約2年の歳月を費やしました。

 

いつまでに転職するかの予定を決めてから、リフォームの開始終了の時期を考え、いつから開業べきかを考える時間を過ごしました。

 

夢を持つことは、すぐにでもできますが、夢を現実のものに変えていくことは、並大抵の努力では叶わないということは知っているので、いつでも頭の片隅には仕事について考えるスペースを空けて置き、一歩ずつ近づいていけるように努力しました。

 

ようやく形になって起動にのってきたと思いきや、何度も考えもしなかった試練にぶち当たり、それを乗り越え試行錯誤しながらここまでやってきました。

 

だから一口に転職と言っても必ずしも上手くいくものでもなく、逆に困難な出来事が多いと考えた方がいいと思います。

 

転職のプロ、ヘッドハンターの存在は大きいと思います。

 

そしてその方達に相談することが、転職への近道であり、最小限に失敗を食い止めることができる方法ではないかと思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの内容についてのコメントは大歓迎です。また他にも日常会話していますので、良かったら読んでみてくださいね?(*^-^*)

カフェちっくな日常

 

 

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

スポンサードリンク







関連記事

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

「くいしん坊!万才」松岡修造、新たな再スタート! 10月より月曜夜から日曜昼へ放送変更

9月3日(月)にフジテレビが都内お台場にある本社で、10月改編記者発表を開催し、長寿番組である「くい

記事を読む

今年の梅雨明けはいつ頃?気象庁の出した梅雨入りと梅雨明け宣言。

四季のある日本や韓国北朝鮮などは、毎年梅雨明けを待ち続けて、夏休みがくることを楽しみにしているのでは

記事を読む

タピオカミルクティーは台湾で人気! そして2019年の日本で爆発的人気に・・・原料キャッサバには毒性があった?

タピオカやキャッサバという言葉を最近よく耳にするようになり、パンナコッタやナタデココのような一大ブー

記事を読む

自動車税の税率変更はいつ? 自動車取得税の廃止と環境性能割の導入で、環境対策見直しを!

毎年、納税通知書が送られてくる自動車税ですが、ガソリンの価格も高騰し、新規に車を購入しても「自動車取

記事を読む

G-SHOCK誕生の裏話し。 3階からの落下実験から始まり・・・そして公園の光景からヒントが!!

タイトルだけ見たら、どんな経過をたどりながら開発されていったのか、想像もつかないと思います。

記事を読む

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマホ依存症」や、スマホの使いすぎ

記事を読む

迷惑電話撃退法~ 忙しい時間にかかってくる勧誘電話の断り方とは?

勧誘の電話や営業の電話など、大変忙しい時間帯にかかってくる迷惑電話の対処法に、困っている方は少なくな

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

えっ?村上春樹がラジオDJに?? 村上RADIO(レディオ)、村上春樹初のラジオ放送が始まります。

8月5日(日)のJFN系列全国38局ネットで、午後7時から7時55分まで、作家の村上春樹さんがラジオ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとし

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑