*

花粉症対策グッズ 今年も花粉の飛び交う季節が・・・手元に置きたい花粉症対策グッズとは?

花粉の季節は本当に辛いという方が年々増えてきていて、新陳代謝が活発な若年層に増えてきていますが、花粉症予防の薬や漢方薬、サプリメントに頼らずに改善する対策グッズや、この時期大変活躍する便利グッズなどをご紹介してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 


ティッシュ収納バッグ

 

通勤や通学時に鼻水や涙が・・・という時に、サッとティッシュが取り出せるバッグが、大変便利で重宝されています。

 

ショルダーバッグやレッスンバッグ、通勤バッグなどの表ポケットにソフトケースのティッシュが1個入れられて、くしゃみが出そうな時や、鼻水が出てきてしまった時に、すぐ開いて取り出すことができます。

 

 

テレビで紹介されていた商品の参考価格は、ショルダーバッグで1万692円、レッスンバッグで7,020円でしたが、手先の器用な方であれば、ご自分で作れそうですね?(笑)

 

 

また布製作している作家さんからのオーダーメイドも、自分の好みに合わせることができてアリだと思います。

 

 

 

 

 

 


頭からスッポリ被る予防マスク?

 

 

これは画期的~と思ったのですが、見た目がハチの巣駆除用のマスクのような、顔だけが透明シートで全体が黒い、頭からスッポリ被るタイプのマスクで、外を出歩くには少し抵抗がありそうな風貌ですが、発売前から注文が殺到しているということなので、みんなで歩けば怖くないということで、今後黒いマスクの人達が増える可能性はあると思います。

 

 

マスクの中は空気が循環していて、二重フィルターで花粉を除去できるので、目が痒くなったり鼻がムズムズしてくしゃみが出ることは激変するみたいです。

 

 

 

 

 

 

 


鼻うがいは効果的!

 

 

外から帰ってきて、手洗いうがいをすると花粉が全て除去されている気になりますが、実は鼻の奥にたくさん花粉が残っている状態で、暫くするとくしゃみが止まらなくなってきてしまいます。

 

こんな時は鼻うがいが効果的で、鼻うがい洗浄器具が売れています。

 

 

 

鼻洗浄機器に粉末や液体の洗浄剤を入れて、チューブの先端を鼻に入れて洗浄液を注入し、もう片方の鼻から洗浄後の水を出すを繰り返すだけで、花粉が取れてスッキリ爽快になります。

 

 

これは試してみる価値ありますね? 器具は7,000円くらいでネット販売されています。

 

 

 

 

 

 


花粉の付きにくい衣類を・・・

 

花粉症の人は衣類にも気を付けていますが、寒い時期は毛糸のセーターやモコモコしたコートを着がちですが、ナイロン地のツルツルした素材の物が、家に帰ってきて玄関先で花粉を払い落とすことができるので、家の中に持ち込まなくて済み、花粉で苦しい思いをすることがなくなります。

 

 

帽子もニット帽は極力避けたいですね?

 

 

 

 

 


ゴーグルのような眼鏡

 

 

 

 

眼鏡もゴーグルの様に顔にフィットしたタイプが、花粉が侵入してこなくて効果的です。

 

 

しかし装着している時は違和感があり邪魔に感じるので、付けるのは外出中だけにして、花粉が舞っていない室内では外していた方がストレスにはならなくて良いですね?

 

 

 

 

 

 


空気清浄機

 

 

 

これは本当に必須アイテムです。

 

 

花粉のランプを付けて24時間回していれば、清々しい空気が巡回して楽に過ごすことができます。

 

 

花粉症を持っていない人でも、予備軍の人にも効果的なので、1家に1台あるといいですね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

その他、出がけにマスクを女性用マスク、男性用マスクと2重に重ねてしてみたり、洗濯物を部屋干しするために物干しスタンドなどを購入し、花粉の舞い散る季節だけはそこに干すようにすれば、衣類に花粉が付くこともなく安心して過ごせると思います。

 

 

花粉の時期は始まったばかりで、これからです。

 

 

いろいろな対策をして、楽に生活していけると良いですね?

 

 

また便利な対策グッズなど発売されましたら、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

自賠責保険と任意保険、自動車やバイクの運転は安全に!! 任意保険も必要な理由

自動車保険に自賠責保険と任意保険があり、日頃から安全運転を心がけていても、いつ交通事故に巻き込まれる

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

脱出劇!タイ北部のタムルアン洞窟で、少年4人が脱出成功

タイ北部の洞窟へ6月23日に入り、戻って来れなくてなっていたタイのサッカー少年とコーチを含む13人の

記事を読む

マスク対策激化!そして劇的改善の見通しが・・・新型コロナウイルスの治療、タイで発表~

中国国内で蔓延している「新型コロナウイルス」は死者数も増え続け、国内外までその威力は拡大しています。

記事を読む

自動車税の税率変更はいつ? 自動車取得税の廃止と環境性能割の導入で、環境対策見直しを!

毎年、納税通知書が送られてくる自動車税ですが、ガソリンの価格も高騰し、新規に車を購入しても「自動車取

記事を読む

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

「くいしん坊!万才」松岡修造、新たな再スタート! 10月より月曜夜から日曜昼へ放送変更

9月3日(月)にフジテレビが都内お台場にある本社で、10月改編記者発表を開催し、長寿番組である「くい

記事を読む

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフルエンザを予防する抗菌・抗ウイ

記事を読む

車の安全性チェックで、交通事故回避を! 高齢者ドライバーの急ブレーキ訓練の重要性と、家族の協力の必要性

高齢者の車の事故が多発している今、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車とチャイルド

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会

ノイローゼ(神経症)は「不安」や「恐怖」からきて、うつ病は心理的ストレスから? 精神科や心療内科の利用者急増~

極度な不安や恐怖、環境からくるストレスによりノイローゼ(神経症)やうつ

婚活マッチングアプリでカップルへ・・・新婚生活で60万円の補助金取得「結婚新生活支援事業」とは?

結婚したい人のための「婚活マッチングアプリ」の登録者数が増加していて、

(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑