*

盲目の少年ドラマー酒井響希くん・・・「ママもう泣かんといてな」とプロドラマーとしての決意宣言を!

2月26日の朝の情報番組「スッキリ!」で、大阪に住む盲目の少年ドラマー酒井響希くんがステージ上で演奏を披露し、将来の夢を語り、2018年4月2日にスッキリ!に生出演してからも急成長を見せている響希くんの姿に、母も感動の涙を流していました。

 

 

 

 

 

 


「ママが横におるだけで楽しい♪」

 

 

 

 

「希望を響かせる」という両親の願いから響希くんと名付けられ、すくすく育ちましたが、1歳の時に左目の異変に気づいた母は、急いで大きな病院へ連れて行き検査をしました。

 

 

 

響希くんは「網膜芽細胞腫」と診断され、医者はその場ですぐ摘出手術を受けてくださいとご両親に告げました。

 

 

 

 

しかし、すぐには両目の摘出手術には踏み切れずに、抗がん剤治療を選択しましたが、ガンの進行を止めることはできませんでした。

 

 

 

 

 

そして主治医の先生が、

 

 

「取った後の響希くんを育てるのはお母さんだし、家族だし、無責任な言い方かもしれないけれど、私たちは育てるわけではないからね。

 

 

でもね、今なら命が絶対に助けられるから・・・助かるから。

 

 

だからお母さん、(両目を)取ってください。」

 

 

 

というように言われて、両目の摘出手術に踏み切りました。

 

 

 

 

盲目になってしまった響希くんですが、「ママが横におるだけで楽しい♪」と、今は元気よく暮らしています。

 

 

 

 

 


「ママー、もう泣かんでいいよ」

 

手術後の響希くんは、物が見えなくなってしまったために食べることを嫌がり、どんどん痩せていきました。

 

 

お母さんは泣いてばかりで、響希くんを外に出すことも拒んで、その時は絶望と不安しかありませんでした。

 

 

 

そんな時、成長した響希くんが

 

 

「ママー、もう泣かんでいいよ。」

 

「僕な、もうなんでもできるからな。」

 

 

 

と言って、お母さんは、自分が泣いているのがきっと嫌だったからではないかと話していました。

 

そして、何気にポーンと言われたことが、本当に申し訳なかったなぁ~と思ったようです。

 

 

 

 

 

 


音楽に興味を示す・・・

 

 

 

 

マドラーで叩いて遊ぶことが好きで、部屋の中で叩いていた所は後が残ってしまうほど熱中しました。

 

 

 

 

お父さんがドラムセットのある場所へ連れて行ったことがきっかけで、音楽に興味を示し、Def Techのコンサートへ行き、ハワイ育ちのShenと東京出身のMicroの2人(インディーズレゲエユニット)に会い、4年後一緒にステージに立とうと約束し、2018年7月に、観客2500人の前でドラムの披露をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


演奏後の感動的なコメント・・・

 

 

 

 

「またいつか、大きな舞台に立つことを夢見て頑張ります。

 

 

そして最後にママ・・・今まで僕を育ててくれて、ありがとう。

 

 

僕は僕に生まれてきて良かったです。

 

 

 

これからもプロドラマーとして、一生懸命生きていきます。

 

 

ママ、もう泣かんといてな。」

 

 

 

 

 

 


春から中学生に・・・

 

 

外を歩く時は、支援学校の先生が付き添ってくれていますが、1人で外を歩けるようになりたい・・・と新たな挑戦をしようとしています。

 

 

 

1人で白杖を持って、いずれは1人で電車に乗って、すいすい行けるようになりたいと、いつでも前向きな姿勢です。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

人生は挑戦への連続・・・というけれど、盲目であることをしっかり克服して、元気よく生きている響希くんは凄い精神力の持ち主だと思いました。

 

 

お母さんと一緒にいる時が楽しくて、自分で何でもできるから心配いらないと、本当に心優しい響希くんには、きっと周りに自然と協力してくれる人達が、これからも増えていくことだと思います。

 

 

将来の道がすでに見えているので、ご両親も少しホッとされていることと思います。

 

 

プロのドラマー目指して、これから前進あるのみですね?

 

演奏が楽しみです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

かき氷の進化系~ 炙りかき氷とドンペリかき氷で、冷たさの中にロマン漂わせ、大人のかき氷を楽しむ・・・

かき氷にも種類があり、きめ細かくふんわりした氷もあれば、ザクザクした昔ながらの氷でシロップや練乳をか

記事を読む

企業公認アレンジレシピ  永谷園のお茶漬けから、亀田の柿の種までアイデア満載!

永谷園のお茶漬け海苔や、日清のチキンラーメン、そしてカゴメジュースや亀田製菓の柿の種まで、シンプルに

記事を読む

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。 運転

記事を読む

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

「だれか教えて!」石田ゆり子が巨大な火の球を目撃! インスタで呼びかけ、コメント数はついに799件に・・・

12月16日に女優の石田ゆり子が、自身のインスタグラムで、「巨大な火の球」を目撃したことを興奮覚めや

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

和式トイレと洋式トイレ 外出先ではどちらを利用しますか? 和式トイレの年間出荷量は全体の0.7% ゼロにならない理由とは?

外出先での公共トイレの中に、和式トイレが1つだけあることがありますが、未だゼロにならないのには理由が

記事を読む

ついに日本にもカジノが・・・ 与党賛成多数で統合型リゾートの実現へ・・・

19日の衆院本会議で与党などの賛成多数で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、日本

記事を読む

防災備蓄品はもしもの為に備えておこう! 消費期限がある食料品や飲料水はこまめにチェック、大切です。

9月1日の防災の日は様々な災害について認識を深め、それら災害に対する心構えを準備するために1960年

記事を読む

楽しいクリスマスを迎えるための心構え! 平成最後のクリスマスは、最高の思い出を・・・第1弾

2018年の12月25日のクリスマス当日は火曜日なので平日ということで、それだけでもテンションダウン

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







クライアントとクライエントの意味の違いと、相談員と相談者のモチベーションの合致するところ

顧客を表すクライアントとクライエントの違いと、それぞれの相談員と相談者

ZOZO前澤(元)社長、孤独な経営者だった瞬間があった・・・苦渋の決断!新事業と月旅行と彼女

ZOZOの前澤社長(43)が12日の記者会見で、ZOZOの代表取締役を

コインランドリー市場、需要拡大! コインランドリー投資の成功の理由とは?

コインランドリー市場が日本全国に約600店舗と拡大し、WASHハウスと

信号機のない車道を横断する時に優先されるのは、車両側?歩行者側?道路交通法での罰則とは?

信号機のない車道を通る人を見かけますが、近くの陸橋や地下道を避けて、車

喉の状態悪化!夏と冬の湿度の違いによる乾燥原因と、潤いケアの方法とは?

呼吸したり飲食をする時に、その通り道となる喉の調子が悪くなると、咳が出

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑