アメリカとの貿易摩擦で中国経済が落ち込み、中小企業などの民間企業を救い景気減速に、歯止めをつける政策を中国政府が打ち出し、今後の盛り返しを期待しています。

 

 

 

 


資金力のない民間企業への配慮

 

 

景気対策としては、減税や社会保険料の引き下げをすることで、企業の負担を約33兆円(日本円)に軽減することにしました。

 

また国有銀行が、中小零細企業に向けた融資を、30%以上増やすといった支援策も盛り込まれ、景気の減速をなんとか食い止めようと対策しています。

 

 

 

 

 


製造業はグローバル経済変動のあおりを受けて・・・

 

 

 

中国政府の経済政策をまとめる、委員会トップの何立峰主任は6日の記者会見で、

 

 

 

「中国企業の中でも、製造業はグローバルな経済変動の影響が避けられなくなっている。」

 

 

と述べています。

 

 

 

 

また、

 

われわれは、民間企業の発展を重視しています。

 

民間中心の経済をさらに推し進めるために、なすべきことは多い。」

 

 

と、民間企業の支援に力を入れていく発言をしました。

 

 

 

 

 

 


5日から始まった全人代(全国人民代表大会)では?

 

 

 

 

中国では今年の経済成長率の目標を「6~6.5%」に引き下げることによって、中小企業の負担軽減を考え始めています。

 

 

 

李首相は中国経済の現状について、

 

 

「アメリカとの貿易摩擦が、一部の企業の生産や経営、市場の期待に影響を与えた。」

 

 

 

 

などとして、今年の経済成長率の目標を昨年の「6.5%前後」から引き下げることによって負担を軽くし、今後の動向を見ていくつもりです。

 

 

 

そしてさらに李首相は、

 

 

 

「発展に伴う試練に向けた準備を、しっかりしておかなければならない。」

 

 

 

と、厳しい現状からの思いを受け止めています。

 

 

 

 

中国ではリーマンショック後のインフラ投資や、過剰な設備投資のツケが回ってきていて、景気が減速し地方政府や国有企業が抱える債務が、問題視されています。

 

 

 

 

 

 


雇用の保障こそが、安定成長の第1の目的!

 

 

 

技能などを学ぶ職業訓練学校の募集定員を、100万人増やして雇用対策を進めていきます。

 

 

 

そして、中国では人件費の高騰や米中の貿易摩擦により、工場を海外に移す動きも出していて、労働者の雇用に一層力を入れる方針でいます。

 

 

 

 


まとめ

 

 

米中の貿易摩擦には、日本経済にも影響が出ていて、やはり立場が弱い中小企業などは倒産も免れない厳しい現状の会社もあります。

 

 

リーマンショックがここまで尾を引いているとは思ってもいなかったので、世界中の景気が早く回復することを願っています。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

その他、関連サイトなども是非覗いてみてくださいね?

 

 

 

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)