*

いよいよ始まる、キューバ危機以来の緊張高まる。アサド政権は化学兵器を使用!

シリアでは今、毒ガスなどの化学兵器を用いての戦争で、罪のない国民の命が失われています。

 

連日のテレビ報道で目にするのは、小さな子ども達が消毒用のマスクで処置され、瀕死の重傷を負っている姿です。

 

シリア内では宗教の対立から分裂の状況になっていますが、お互いを支援している国々もあり、経済効果を狙っている国も存在していることから、複雑な状況になっていると言えます。

 

シリアには1割の政府軍からなるシーア派と、7割の反政府(国民)からなるスンニ派がありますが、シーア派は独裁者である亡きアサド大統領から始まり、クーデターで国民の生活や命を奪い、政権が次男に渡った今でもそれは続いています。

 

次男のバッシャールは医者を目指していて、政治には全く興味がなかったのですが、後を継ぐはずの長男が交通事故で亡くなり、大人しい性格のバッシャールが後を継ぐことになりました。

 

しかし反政府が、政権交代した息子のバッシャールに攻撃的な態度をとった為に、父と同じように国民に制裁を加えるようになっていきました。

 

それも化学兵器という恐ろしい手段での攻撃を・・・

 

 

 

アメリカのトランプ大統領はツイッターで、シリアのアサド政権への攻撃も検討していると言っていますが、もしシリアにミサイル(トマホーク)を落とせば、ロシアに宣戦布告することになり、でもしかしロシアを敵にまわすまでして戦いたくはないと言っていて、なんとも複雑なことになっています。

 

これはキューバ危機以来のことで、核戦争が現実のものになってきています。

 

それでは1962年10月に起きたキューバ危機とは、どのようなものだったのでしょう?

 

 

キューバはサトウキビで有名な国で、サトウキビ畑を持つ農民は地主に利益を取りあげられ、またその地主からアメリカは利益を吸い取っていきました。

 

国民の不満が積もる中、カストロという人物が現れ、アメリカと仲が良かったバティスタ政権を倒し、アメリカとキューバは国交断絶で緊張感が高まりました。

 

当時のソ連(ロシア)と関係を深めていたキューバは、国内にソ連のミサイル基地を建設しました。

 

ミサイル基地はアメリカの探査機からの空撮で発覚し、アメリカのケネディ大統領がキューバ海域を封鎖して、ソ連の侵入を警戒するようになりました。

 

もしこの時、アメリカがキューバに空爆を仕掛けたら、ソ連はベルリンに侵攻して核戦争にまで発展していたかもしれません。

 

 

 

そして現在も危機的状態です。

 

国際機関である、化学兵器禁止機関OPCWが、4月14日からシリアの現地調査に入ります。

 

4月17日と18日は日米首脳会談があり、27日は南北首脳会談、5~6月に米韓首脳会談が行われる予定です。

 

ロシアのプーチン大統領と何回か会談を重ねて、良い関係を築いている安倍首相が、日本が、今後のカギを握っているとされていますが、内閣支持率が、第2次安倍政権発足後から最低の26.7%にまで下がってしまっているので、なんとか頑張って外交で挽回してほしいと思います。

 

今後もテレビの報道が気になりますが、良い方向にいってくれることを願うばかりです。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの内容についてのコメントは大歓迎です。また他にも日常会話していますので、良かったら読んでみてくださいね?(*^-^*)

カフェちっくな日常

 

見逃したニュースをいち早くキャッチ! その後シリアのアサド政権は? ロシアやアメリカは?

 

 

スポンサードリンク







関連記事

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせない家電製品や携帯電話などが益々

記事を読む

デジタル税で税制改革? 大手IT企業に3%の課税・・・製品の高騰あり?

業績を上げている大手IT企業に、国は税金を課す方向へ検討を進め、大手企業の「GAFA」はフランスが導

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

サムスン(韓国)は日本の輸出規制のため、半導体材料が不足し製造が危ぶまれている?

韓国のIT企業のサムスンが、日本による半導体材料の輸出規制強化を受けて、チップ不足を懸念した米大手I

記事を読む

米中貿易摩擦・米中貿易戦争の原因と、追加関税(第1~4弾)の実施結果から今後も継続なるか?

2018年7月(第1弾)にアメリカは中国に対して、340億ドル分の中国製品(800品目)に25%の追

記事を読む

今、中東が変わろうとしている・・・ サウジアラビアで外国人労働者を減らす政策が進んでいる

サウジアラビアを離れていく、外国人労働者が過去最高に達していて、政府が課徴金を引き上げたことが原因だ

記事を読む

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつかの状況証拠があることがわかりま

記事を読む

景気回復を狙う中国がいま実施すること、民間企業を支援する政策とは?

アメリカとの貿易摩擦で中国経済が落ち込み、中小企業などの民間企業を救い景気減速に、歯止めをつける政策

記事を読む

新型コロナでイタリアが凄いことに!そして日本国内でも経済立て直しと、国民への現金給付を検討

イタリアの感染者数は、18日の調査では3万5713人、死者は2978人以上に上っています。中国は相変

記事を読む

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルスで亡くなった人の数も16,000人を超え、感染者数も把握している限りでは、36万人

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







緊急事態宣言・7都府県と新型コロナ感染後の悲痛な叫び

安倍総理は、今月7日から来月6日の1ヶ月間、東京、神奈川、埼玉、千葉、

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつか

米・トランプ大統領、新型コロナ対策に四苦八苦! 健康な国民にもマスク着用を任意で・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米・トランプ大統領は今月3日、拡大

新型コロナで院内感染を防ぐ「オンライン診療」 今後どうなる?

4月1日現在で国内の新型コロナウイルス感染者が、2419人、死者69人

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑