(注意)ビッシング詐欺被害が急増中! 「Googleマップ」が日本向きサービスを開始し益々便利に・・・

Googleが提供する「Googleマップ」を利用しての振り込め詐欺が今、アジアで被害急増中で、リバースビッシングのフィッシング詐欺に注意を呼びかけていますが、今回Googleが日本向けの新しい地図の開発を発表し、その利便性に注目を浴びています。

 

 

 

 


振り込め詐欺の手口とは?

 

 

Googleマップは、地図に表示されている情報が誤っている時などに、利用者が正しい情報を連絡し、訂正することができるようになっています。

 

 

私も、お店のネーミングが変わった時に連絡して、すぐ訂正の対応をしていただきました。

 

 

 

 

この機能を悪用して、銀行などの電話番号を改ざんし、それに気づかず利用者がその番号に電話をかけ、改ざんした張本人(犯罪者)につながってしまうという流れで、悪質な詐欺行為です。

 

 

 

犯罪者が、利用者から銀行の暗証番号などを聞き出す方法などは、一般的な詐欺と変わりないのですが、利用者本人が確かな電話番号だと思い込み電話しているので、通常の振り込め詐欺よりも引っかかりやすいようです。

 

 

 

 

 


リバースビッシングとフィッシング詐欺とは?

 

リバースビッシング

 

ビッシングとは、電話など音声を利用するフィッシング詐欺のことです。

 

そして一般的なビッシングが、犯罪者側から電話をかけるのに対し、リバースビッシングは、被害者側から電話してしまい詐欺に引っかかってしまうということです。

 

 

先ほどの例の、改ざんされた銀行の電話番号に自らかけてしまい、詐欺にあってしまうといったことですね?

 

 

 

 

フィッシング

 

インターネットの世界で行われる、詐欺の一種のことを言います。

 

正規のサービスなどのふりをしたメールで、偽のWebサイト(フィッシングサイト)に誘導させられて、クレジットカードの情報や、ログイン情報(IDとパスワードなど)を盗み出してしまう行為のことです。

 

 

魚を獲る釣りのように、ユーザーを詐欺サイトに誘導することから、フィッシングと呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 


新「Googleマップ」の機能とは?

 

 

現在の案内のような、

 

 

「次を右折」

 

 

といった表現ではなく、もっと細かな指示で、

 

 

 

「コンビニで右折」

 

 

 

のように、ランドマークを目印とするナビゲーションが提供されるので、より便利でわかりやすくなります。

 

 

 

 

さらに、乗換案内やダウンロード可能なオフラインマップなどの機能も加わるみたいなので楽しみです。

 

 

 

スタート日はまだ未定ですが、近々そのような便利機能にバージョンアップします。

 

 

 

 

 


まとめ

 

益々使いやすく便利になる「Googleマップ」ですが、とても期待できそうです。

 

 

スマホがあればカーナビがなくても、親切なナビを提供してくれるので、大変便利になり、目的地への順路が明確になるとお出かけも楽しくなりますね?

 

 

導入されたら、さっそく使ってみようと思います(*^-^*)

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)