*

ゴーギャンのために用意されたゴッホのひまわり「教えてもらう前と後」7枚のひまわりの絵とは?

滝川クリステルがメインMCを務めるTBS系列の「教えてもらう前と後」で、オランダの画家ゴッホが、友達でありライバルでもあるフランスの画家ゴーギャンを「お・も・て・な・し」するために、7枚のひまわりの絵を描いたことについて、絵画の専門家の説明から日本の浮世絵がルーツであることと、その時のゴッホの心情を知ることができました。

 

 

 

 


日本の浮世絵が、ヨーロッパ絵画を根本から変えた?

 

 

西洋絵画というと宗教画が特徴的で、ミケランジェロの「最後の審判」はイタリア・システィーナ礼拝堂の天井画でも有名ですが、その他にはレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」もイエスキリストを中心とした構図で有名です。

 

 

しかしゴッホやマネなど、ヨーロッパ絵画から視点を変えてきた画家がその後出てきて、印象派や後期印象派画家によって、大きく飛躍してきました。

 

 

やはりその代表となったのがゴッホであって、積極的に日本の浮世絵を油絵の中に取り入れていきました。

 

 

 

ゴッホは画商をしていた弟テオに依頼し、400点以上の浮世絵を収集してきました。

 

 

 

そして浮世絵を見ながら模写し(肉眼で見ながら描き写すこと)以前描いていた陰影のある絵から、どちらかというと漫画に近い影のない明るい色彩の絵を描くようになりました。

 

 

 

線と平面だけの絵画は当時のヨーロッパには衝撃的で、もしゴッホが浮世絵から影響を受けていなければ、ムンクやピカソなども誕生していなかったかもしれません。

 

 

 

 

 

 


絵画制作の拠点を、都会のパリから南仏へと移動!

 

黄金の国ジパング(日本)への憧れから、暗いイメージのパリから明るいイメージの南仏での制作へ場所を移動していきました。

 

 

南フランスのアルル地方に、絵画制作するための家を用意し、ゴーギャンを招き入れるために歓迎の「お・も・て・な・し」絵画のひまわりを制作し、ゴーギャンの部屋に飾りました。

 

 

 

自然があるアルルが、まるで日本にいるかのようで、ゴッホは日本を夢見ながら絵を描き続けていきました。

 

 

 

 

 

 


7枚のひまわりの描き方には?

 

 

 

クロムイエローの絵の具とホワイトを使用して描き、またチューブから直接絵の具をキャンバスに塗っていく自由な技法で描いていきました。

 

 

それは浮世絵のマチエール(絵具を盛り上げてボコボコさせる)を参考にしていたのです。

 

 

 

 

 


7枚の絵の行方は?

 

 

7枚のひまわりのレプリカを観ることができるのは、日本最大級の美術館である徳島県鳴門市にある大塚国際美術館だけです。

 

そして本物は、オランダ・日本・ドイツにあります。

 

 

 

日本では1987年に、安田火災海上保険が約53億円で競り落として、東京都新宿にある、東郷青児記念・損保ジャパン日本興亜美術館にあります。

 

 

 

 

 

 

確か生前は5,000円の絵が1枚しか売れなかったと、何かの本で読んだことがあり、ゴッホは弟テオに、「自分が死んだらこれらの絵には相当の値段が付くだろうから手放さないで欲しい。」と告げていましたが、まさしくその通りになったので凄いことだと思いました。

 

 

 

 

 


「お・も・て・な・し」絵画、ひまわりの意味とは?

 

君主への忠誠心であり、ひまわりは人間同士の絆を表す花とされていました。

 

 

 

 

ゴッホは本当にゴーギャンに好意を示していたと思います。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

ゴッホについては、昔いろいろな関連書を読んである程度のことは知っていましたが、ひまわりの絵が7枚も存在していたことは知りませんでした。

 

 

 

何枚かは模写制作をしていたようなので、構図が同じ作品があります。

 

 

しかしゴッホは自己表現がなかなかできなく、不器用なところがあり、浮世絵に出会う前には、とても暗い絵を描いていました。

 

 

 

1885年にオランダで親戚を描いた「ジャガイモを食べる人々」では、貧しい食卓を描いて暴露してしまった形になってしまったので、親戚から怒られる結果になり、ゴッホは自信をなくしていました。

 

 

 

人付き合いも不器用で、お見合いしても断られ、アルル時代には飲み屋の女性としか付き合うことができなかったのです。

 

 

 

 

そんなゴッホがゴーギャンが現れたことによって、生きる力をもらいゴーギャンに依存し、そして裏切られ、ひとりタヒチへ旅立ってしまったゴーギャンの命令で、ゴーギャンの弟子に拳銃を用意させ、ゴッホはその拳銃で自殺してしまった形になったわけです。

 

 

 

 

本当は、左太ももをめがけて試しに発射した弾が、脇腹に命中し命を落としたので、直接的ではないにしても間接的に、ゴーギャンがゴッホを死に導いてしまったことになります。

 

 

 

 

それだけ「ひまわり」の絵は完成度が高く、ゴーギャンを嫉妬の鬼にしてしまったのだと思います。

 

 

 

 

タヒチに渡ってから、ゴーギャンはひまわりの絵を描いていました。

 

 

 

またゴーギャンもゴッホに敬意を示していたのだと思います。

 

 

 

 

 

テレビでは解説されなかったゴッホとゴーギャンの関係を、付け加えさせていただきました。

 

 

 

ちなみに私は25年前にフランスのオルセー美術館へ、ゴーギャンの描いたひまわりの絵を観に行きましたが、その時はありませんでした。

 

 

 

係り員の方に訊ねたところ、日本の上野へ行っているということでした。

 

 

 

 

その時思いました。

 

 

日本って本当にお金持ちの国だったんだ!

 

 

 

 

ゴッホが憧れた「黄金の国」ジパングだったのです。

 

 

ヨーロッパ絵画を変えるきっかけを作った日本を、誇りに感じました。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

要人は、やはり金正恩委員長だった・・・中国との関係を修復か?

3月25日から28日まで中国訪問で、緑色に黄色のラインの特別列車へ乗り込もうとしている要人が

記事を読む

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と

記事を読む

1万人以上のアンケート結果・・・恋愛に消極的な理由とは? やはり経済面重視?

東大研究チームによる1万人以上の分析結果によると、シングルの約半数が「異性との交際に関心がない」とい

記事を読む

ガストなどファミレスで、プラスチック製ストロー利用中止!

環境破壊や人体にも良くないということで、ファミリーレストラン最大手の、すかいらーくホールディングスは

記事を読む

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネスとしている人は、持っている知

記事を読む

中国のエジソンとは?中国話題の発明家「無駄なエジソン」は無駄ではなかった・・・

SNSでのフォロワー数は300万人以上の、中国で注目されている発明家ガン・シュアイさん(31)は「無

記事を読む

全学校休校?3月2日から春休みに入るまで、全学校(小中高・特支)の臨時休校を呼びかけた安倍総理の決意と国民の混乱

安倍総理は2月27日に、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部で、私立校を含めた全国全て

記事を読む

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のドリーがクローン羊として誕生し、

記事を読む

貧困は格差社会に反映され、子どもの教育や就職の選択範囲も狭まる・・・夢や希望を奪う避けたい状況?

国内の6人に1人の子どもは貧困状態にあると、厚生労働省の調査で確認されていて、格差社会は教育格差にも

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







大寒は1年で最も寒いと言われ、2021年寒の入り1月20日からは、寒さ厳しいので気をつけて過ごしましょう!

「大寒」の名前の如く、1年で一番寒さが厳しくなる時期と言われ、2021

「ひらめき」を起こす思考法と、4つのステップでマインドに働きかけ、関心から情熱に変化を・・・

「ひらめき」からビジネス戦略を生み出し、オープンマインドで自らを未知の

「ひらめき」から得るビジネス戦略 実はステージを上るだけだった・・・

仕事でも趣味でも、変化を与え成功するにはアイデアが発端となり、自ら思い

大統領もただの人 韓国の元大統領が懲役20年の求刑~ かつては神童と呼ばれた人も・・・

韓国の元大統領であった朴槿恵(パク・クネ)氏は、以前からの知人と共謀し

スマホの電池が消耗しない方法〜 電池の経年劣化は避けられないので、せめて消耗速度を遅らせよう!

スマホのない生活は考えられなくなり、全ての仕事や日常生活にネット環境が

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑