*

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマホ依存症」や、スマホの使いすぎで肩こりや頭痛、吐き気までもよおしてしまう「スマホ症候群」が急増し、便利であるはずのスマホが悩みのタネとなっている今の時代、改善策をしっかり考えていくことが重要なポイントです。

 

 

 


バスの中でも電車の中でもスマホを・・・

 

 

少し時間があれば、必ずと言っていいほどスマホを操作していることってありますよね?

 

 

 

携帯電話とは違って、アプリをダウンロードすれば、限りなく色々なことができてしまい、パソコンとも違うお手軽なスマートフォン機能は、私たちの生活に欠かせない存在になってきています。

 

 

 

国内普及率は約50%ということで、2人に1人がスマホを持ち、また10代~50代に限って言えば、60%以上の人がスマホを利用していると言われています。

 

 

 

 

 


「スマートフォン症候群」とは?

 

 

スマホの長時間の使用によって起こる、肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの症状のことを「スマートフォン症候群」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

スマホの利用に関しては、こういった身体の直接的な不調だけではなく、スマホがないと不安に感じてイライラしたり、とても心細くなって落ち着かなくなったりと、精神面の不調を引き起こす「スマホ依存症」なども社会問題になっています。

 

 

 

 

 

スマートフォン症候群について、いくつ当てはまることがあるのか、自己チェックしてみましょう!

 

 

・肩こりや首が痛くなる

 

・1日1時間以上利用する

 

・目が疲れやすい

 

・首を後ろに倒すと痛みがある

 

・猫背である

 

・頭痛持ちである

 

・肩が上がらない

 

 

当てはまった数によって、スマホからの影響が大きく、うつむいた姿勢での首への負担は、正しい姿勢で過ごしている時の約3倍もあることがわかってきたのです。

 

 

 

 

人間の頭部の重さは5~6kgはあると言われていて、5kgの米袋を首で支えていると考えると、うつむき姿勢になることが相当の負担であることがわかります。

 

 

 

 

 

 


肩こりになる根本的な原因とは?

 

 

人間の体で痛みを感じるのは、神経が通っているところです。

 

 

 

よく歯痛などで神経が出てきてしまって、痛くて我慢できない時に、神経を抜いてもらうことってあると思います。

 

 

 

 

肩こりや痛みの直接的原因は、神経がある筋肉が緊張した状態になり、血管や神経が圧迫されるために、痛みや痺れが出てくるのです。

 

 

 

 

 

 


首の負担を軽くして、筋肉を休ませる方法とは?

 

 

首の負担を減らすためには、長時間座っていたり、うつむき姿勢を減らすことです。

 

 

 

長時間のデスクワークなどは、もっとも神経に負担がかかる行為で、仕事するのをやめるわけにはいかないので、ストレッチを間に挟んだりして筋肉をほぐすことが良いと思います。

 

 

 

 

あとは寝ている間に、いかに筋肉を休ませるかが回復のカギとなってきます。

 

 

 

人間は、人生の時間の3分の1は寝ています。

 

 

 

 

 

この睡眠時間に筋肉を休ませることで、筋肉が緊張された状態から解放されるのです。

 

 

 

 

安眠枕や首ウォーマーなどを上手に使って、肩こりなどのない快適な生活を過ごしていきたいですよね?

 

 

 

 

 

 

 


自然な寝返りが打てる安眠枕

 

 

人は寝ている時に、一定の部分に重みがかかって筋肉が疲労したり、血液やリンパ液の循環が悪くなったりするのを避けるために、20回以上寝返りを打ちます。

 

 

 

寝返りによって、血液循環を正常に戻し、筋肉を休ませてくれているのです。

 

 

 

 

 

そのためには自然に寝返りが打てる、自分に合った安眠枕があると良いと思います。

 



 

 

 

 


まとめ

 

 

パソコンが普及し始めた頃には電磁波が気になり、電磁波防止フィルムや、長時間座っていても腰が痛くならない、後ろに足を引っ掛けて座るタイプの椅子などが出回ったりしたことがありました。

 

 

 

スマホを使うようになってからは、スマホホルダーなど立てて動画を楽しんだり、指にフィットさせて落下させないアクセサリーを目にするようになりました。

 

 

 

快適に使用するためのアクセサリーは、やはり重要だと思います。

 

 

 

 

 

安眠枕もITの世の中には重要な役割があり、種類も豊富に出ています。

 

 

 

その他、首ウォーマーなど、普段でもスッポリ被って、首をリラックスさせる効果のある商品も出ています。

 

 

 

 

 

 

首ウォーマーについては、こちらをご覧になってみてくださいね?

 

 

肩こりでお悩みの方には安眠枕と首ウォーマーを・・・ ストレス解消で活力アップの効果!

 

引用:カフェちっくな日常

 

 

 

 

 

 

毎日使うスマホだから、快適に無理なく使っていきたいですね?

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

前澤友作社長は、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長でもあった?

今話題のZOZOTOWN(スタートトゥデイより社名変更)の前澤友作社長(43才)は、現代芸術振興財団

記事を読む

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすす

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

人材不足に有効活用、あなたの近くのヘッドハンティング!

以前から転職を考えている人の為の斡旋会社が、企業の情報や個人一人一人にあった会社を紹介しています。

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。 運転

記事を読む

やる気が出ない・・過重労働や睡眠不足、食欲不振などによる副作用で「やる気」が減退・・・改善法とは?

仕事をするにも「やる気」が出ない・・休日にする事がなく過ごしてしまう・・そんな精神的要因からくる倦怠

記事を読む

仮装しているから言える「ごめんなさい!」 スッキリ!タッチで仮装している親子連れに調査・・・「えっ?初めて知った!」

渋谷のスクランブル交差点は、今年も沢山の人達で賑わいましたが、少数の身勝手な人達によって軽トラが横倒

記事を読む

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネスとしている人は、持っている知

記事を読む

(特集)スッキリ座談会・・・母の変化と認知症の症状とは? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送され、前回はもの忘れと認知症の違いについてと

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







花粉症は大気汚染で凶暴化! スギ花粉は汚染物質で破裂していた?

花粉症対策をしている人も徐々に増えてきて、市販のマスクでは防ぎきれずに

no image
劣等感は恐れの連鎖・・・親子とも何かに怯えていてうまくいかない家庭の原因とは?

児童虐待の根本にあるものは、恐れからくるものかもしれません。 い

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回

お金は信用(クレジット)で借金できる? 借金できることは信用されていること! 信用の度合いはバランスシート

ホリエモンこと堀江貴文さんが、YouTube動画で「今明かすお金の正体

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑