苺ダイエットってあり? 甘くて美味しい旬の苺を食べて、夏バテ防止に備えよう!

旬の苺にはビタミンCや葉酸が豊富に含まれていて、脂肪の燃焼を助けるだけではなく、美白効果あり、老化防止効果あり、そしてむくみも解消されダイエット効果もあるので、苺を積極的に摂取して夏バテ防止に備えていきましょう。

 

 

 

 

 

 


苺は低カロリーでダイエットにも良い?

 

 

よく苺狩りに行くと、コンデンスミルクなどに付けて食べたりしていますが、実は苺は食べ方によってミルクに頼る必要がないくらいに甘いのです。

 

 

苺をとってヘタの部分を持って、つい食べてしまいそうになりますが、実はヘタの部分が一番味が薄い部分なのです。

 

 

 

味が薄いところから濃いところへと食べ進めていくと、とっても甘く感じます。

 

 

 

 

 

1粒食べて少し間をおいてから、またヘタの方から食べていくと甘味があり、ヘルシーなのにビタミン豊富で、抗酸化作用があるエラグ酸も豊富に含まれているので、美白効果がありシミなどにもよく効き、またダイエット効果もあるのでおすすめな果物と言えます。

 

 

 

 

 

 

 


ブドウから作るワインにも、ダイエット効果が・・・

 

ビールや日本酒、焼酎やウイスキーなど、飲み過ぎてしまうと下っ腹がポッコリしてきてしまい、とても気になります。

 

 

そんなお酒の中で唯一ワインは、ダイエット効果が臨める洋酒です。

 

 

 

 

ワインは脂肪燃焼を助ける役割があり、肥満や脂肪肝などの改善につながるという研究結果が出ています。

 

 

 

 

 

ブドウに含まれる天然成分の中で、エラグ酸という天然ポリフェノールが脂肪酸の代謝を促進させる効果があります。

 

 

 

 

エラグ酸は苺にも豊富に含まれていて、若さの源になっています。

 

 

 

 

他にはブルーベリーやラズベリー、ざくろにも含まれていて、美味しいのにダイエット効果も見込めるので、是非試していただきたい果物です。

 

 

 

 

 

 


苺の赤は、アントシアニン色素?

 

 

 

アントシアニンって耳にしたことがあると思いますが、苺を半分にして中を見ると外側と同じ赤色が確認できると思います。

 

 

この赤がアントシアニンの色素なのです。

 

 

 

 

 

 

アントシアニンの効能

 

・視力改善

 

・疲労回復

 

・糖尿病予防

 

・抗酸化作用

 

・老化防止

 

・毛細血管保護

 

・血圧抑制

 

 

 

まだまだ挙げていくとキリがないくらいに、アントシアニンの効能は素晴らしいものです。

 

 

 

 

その他、ブドウやベリー・カシス、そして赤ジソや黒ごま・黒豆などにも含まれています。

 

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

苺の効能について調べてみると、医療関係にまで及ぶ、たくさんの体に良い効能があることがわかりました。

 

 

抗酸化作用があり、ビタミン豊富で若々しくいられることは知っていましたが、それ以外に疲労回復作用や、ベリーと同じく視力改善も臨めることを知り、旬の時期に積極的に苺を摂っていこうと思いました。

 

 

 

 

少しくらい食べ過ぎてしまってもダイエット効果も見込めるので心配することなく、また夏バテ防止にもなるので、病気知らずの果物で良いと思いました。

 

 

 

 

苺の種類も増えてきているので、甘味を楽しみながら食べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)