*

ドーパミンはやる気と若さのバロメーター! いつまでも若くいられて、積極的に行動できる秘訣とは?

「やる気」がドーパミンの放出と密接に関係し、またいつまででも若くいられるコツにもドーパミンが一役買われていて、気持ちのモチベーションを保つためにもドーパミンを放出し、「やる気」の無い状態から抜け出す秘訣は、実は意外と簡単なのです。

「やる気」を出し「若さ」を保つ秘訣について、一緒に考えてみましょう。

 

 

 

神経伝達物質のドーパミンを増やしてみよう!

 

 

 

ドーパミンは、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリンや、ノルアドレナリンの前駆物質なのですが、運動調節やホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わりがあります。

 

またアドレナリンは、副腎髄質から分泌されるホルモンで、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもあります。

 

引用:ウィキペディア

 

 

 

要は感情をコントロールしている脳からの伝達により、やる気が出たり出なかったりと、伝達の役割を果たしているドーパミンが深く関わっていることがわかります。

 

・・・ということは、そのドーパミンを増やしていけば「やる気」も出て、おまけに若さを保つことができることに気づくと思います。

 

 

 

 

 


「やる気」を出させるには?

 

 

この課題は誰でも持っていると思いますが、自分の気持ちを自らコントロールして、前に進めていくことは本当に大変だと思います。

 

目標を決めて始めたダイエットも、ウォーキングシューズやサプリメントなどを購入して、

 

「さぁ~今日から始めよう!」

 

と思って始めても、三日坊主で終わってしまって、結局準備のために購入したものが無駄になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

他にもテレショップなどで運動のためのマシーンを購入して、初めのうちは毎日トレーニングしていたけれど、気が付いたら隅に追いやられていて、そのうちその上に物を置いたりして、存在すら忘れ去られてしまうということをよく聞きます。

 

 

ほぼ三日坊主で終わってしまい、今では狭い部屋をもっと狭くしている存在になってしまうのです。

 

 

 

このように、初めはやる気レベルが「グ~ン!」と上がっていたのに、いつ間にかその気持ちも消滅してしまい、ストレスだけが残っていくのです。

 



 

 

 

 

「やる気」を出させる方法としては、まず初めに目標を設定することです。

 

 

 

 

それも達成不可能な目標ではなく、少し頑張れば必ず達成できる目標であって、決して無理をしてはいけないということです。

 

 

 

 

 

そして目標を達成するたびに、ドーパミンが放出されて、自分で自分を

 

 

 

「よくやった!」

 

 

 

と褒める気持ちが沸き上がることにより、また新たな目標に向かって動き出すことができるのです。

 

 

 

 

そしてこの繰り返しにより、次から次へとやらなければいけない仕事を消化してくことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

よく昔から、だましだましやっていくと言うような言葉がありますが、自分の感情をコントロールしてくためには、ご褒美を考えて、

 

 

「これが出来たら自分にプレゼントしよう!」

 

 

と、欲しかった服を自分に買ってあげるような、だましのテクニックを使えばやる気も倍増するし、最高の達成感を味わうことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 


いつまでも若くいられる秘訣とは?

 

こちらも人生の課題といっても過言ではないと思いますが、年齢より若くみられる人をよく目にします。

 

 

 

そして昔からよく言われる言葉に、

 

 

「なんの苦労もなくていいわね。」

 

 

とか、

 

 

 

「苦労なんてしたことないでしょ?」

 

 

 

という、ちょっと失礼ともとれる言葉を耳にすることがあります。

 

 

 

 

現に私は、昔から割と苦労知らずの雰囲気を漂わせているのか、年相応に見られたことがない一人です。

 

 

 

しかし決して苦労知らずであるわけではなく、日々新しい何かと向き合っている状態です。

 

 

 

 

「若く見られる=努力」

 

 

 

 

だと私は思っています。

 

 

 

 

そして人生は挑戦(チャレンジ)の連続であり、一歩も二歩も先に進んでいかなければいけないと思っているのです。

 

 

 

 

ネガティブ(消極的)よりポジティブ(積極的)で、楽を選択するより、苦を選択する人の方が、目標達成ができると信じています。

 

 

 

 

そうしたことにより、自分の前に壁がド~ン!と立ちはだかり、それを何とか越えようとする努力が必要となってくるのです。

 

 

 

その時、体中からアドレナリンが分泌され、やる気成分のドーパミンが一気に増えて、行動を起こしていくのです。

 

 

 

 

 

 

年齢よりも老けて見られる人は、このドーパミンが少ない人だと考えられます。

 

 

平穏に暮らしていければそれでいい・・・というような考えで、自ら変化を好まない停滞状態を保っているのです。

 

 

 

 

そして最終目標も小さいものであり、努力することが苦手な人です。

 

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

「やる気」スイッチは、誰でも必ず持っています。

 

 

 

それを誰が押すのかはわかりませんが、もし誰も押してくれなる人がいない時には自分で押すしかないのです。

 

 

 

それは勇気がいることであり、もしかしたら苦難が待ち構えているのかもしれません。

 

 

 

でも逃げてしまったら、そこで終わりです。

 

 

 

 

 

最終目標は大きくして、それに向かって小さな目標を作り達成していくことで、叶わないと思っている夢も叶えられるのです。

 

 

 

 

筆者である私自身も、目標を達成するまでの途中段階で、必死に目標に向かっている状態です。

 

 

 

 

「やる気」「勇気」そして「若さ」を持ち続けていきましょう!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなどで、アルコール消毒液の転売が法

記事を読む

二宮金次郎が背負っているのは「蒔(まき)」ではなく、昔話に出てくる「桃太郎」のお爺さんが山へ刈りに行った「柴(しば)」だった。 金次郎が唱えた報徳訓とは?

二宮金次郎(二宮尊徳)が読書しながら、背負っているのは雑木(小枝)などの柴で、それを売って小遣い稼ぎ

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

更年期障害と関節痛の関わり エストロゲンの低下による体の症状、女性ホルモンとは?

更年期障害の症状としては、めまい・頭痛・のぼせ・火照り(ホットフラッシュ)・倦怠感などがあげられます

記事を読む

心理学やビジネスに登場するカタルシス効果 再出発に適してる?

精神分析の用語や、ビジネスのマーケティングにも応用されている「カタルシス効果」は、「心の浄化」を意味

記事を読む

いじめは教育現場で生徒のみならず、先生の間でも浸透している? 教諭いじめで被害届を提出!

新聞やメディアでも連日取り上げられ、学校教育の現場にてあるまじき行為が実際にあり、子どもを持つ親や教

記事を読む

かき氷の進化系~ 炙りかき氷とドンペリかき氷で、冷たさの中にロマン漂わせ、大人のかき氷を楽しむ・・・

かき氷にも種類があり、きめ細かくふんわりした氷もあれば、ザクザクした昔ながらの氷でシロップや練乳をか

記事を読む

まだまだ広がる「新型コロナウイルス」ニューヨーク市の実態

新型コロナウイルスによる、全世界の感染者数は13日の時点で、約184万7千人となり、死者は11万4千

記事を読む

(簡単便利)音声翻訳機で会話成立!  もんじゃ焼きの作り方はしっかり伝わるの?

日常生活や旅行先でも外国人旅行客や移住者が増え、会話に苦労することが多くなり、今、話すだけで翻訳して

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑