*

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。

運転免許更新時の綿密検査の強化で、認知症高齢者ドライバーを減らし、逆走による事故を未然に防げると良いですね。

 

 

 

 


認知障害を抱えている高齢者ドライバー

 

 

65歳以上の男性ドライバーの内、中等度の認知障害を抱えている人が6割以上いることが、日本老年医学会の調査でわかりました。

 

 

65歳以上の男性ドライバーの半分以上の方が、なにかしらの認知障害を持っているなんて、他人事ではないと思いました。

 

 

 

ブレーキとアクセルを踏み間違える運転ミスは、マニュアル車からオートマ車に需要が変わってきた時に、デパートなどの立体駐車場などで、ギアをバックに入れたまま、思い切りアクセルを踏んで駐車場から飛び出してしまう事故が何度かありました。

 

 

 

 

テレビ報道で知った時にはあり得ないことだと思っていましたが、その後、一旦停止して突然発進した車がコンビニに突っ込んでしまったりと、相次ぎの運転ミスによる事故に、

 

 

「またかぁ~~」

 

 

 

という気持ちで、高齢者の運転では当たり前の事として、取り上げられるようになりました。

 

 

 

 

 

 


逆走を目の当たりにした時、あなたならどう対処しますか?

 

 

 

一般道だけではなく、高速道路での逆走も少なくありません。

 

 

 

 

偶然にもそんな状況に遭遇した時、どのように対処したら良いのでしょうか?

 

 

私ならまず、連続パッシングで間違いを指摘すると思います。

 

 

 

 

 

 

高速道路では合流の時に、進行方向の間違いに気づき、Uターンして追い越し車線を走る高齢者ドライバーがいるみたいです。

 

 

 

目の前からいるはずのない車が現れたら、連続パッシング後にやはり走行車線へこちら側が避けると思います。

 

 

 

 

 

高速道路上では車は急には止まれないので、相手側(逆走している車)が気づかない限りは、異変に気づいている側が対処するしかないと思います。

 

 

そして余裕があれば、路肩へ止めて警察に連絡するのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

先日、実家の前の一方通行の道路から、1台の軽トラックが逆走してきて、広い道路へ出ようとしていました。

 

 

やはり車にはシルバーマークが貼ってあったので、高齢者だということが確認できたのですが、何を考えているのか広い道路を右へ曲がろうとウインカーを出して止まっていました。

 

 

 

しばらく止まっていたので、ここは一方通行の道だということを教えてあげようとしたら、急に左の方に曲がっていってしまいました。

 

 

 

 

交通ルールや標識は関係ないんですね・・・

 

 

 

 

 


まとめ

 

中等度の認知障害が、どれほどのものかはわかりませんが、ドライバーがもし認知障害を患っていて運転していたとしたら、その車は走る凶器ですね。

 

 

 

警察は事故処理よりも、未然に防ぐ手立てを考えた方が良いのでは?と思ってしまいました。

 

 

 

目の前で逆走している車を見て、その恐ろしさを実感したので、今日は逆走をテーマに書いてみました。

 

 

 

交通ルールを守って、安全運転していきたいですね^ ^

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

すいかとメロンの生産量の多い県は? 夏バテ防止に水分豊富な野菜や果物を!

2019年の夏も猛暑日が続き、国内外で熱中症対策が広く呼びかけられていて、室内の温度もエアコンなどで

記事を読む

今一番トレンディーなインスタグラムから学ぶこと・・・全世界が身近に感じられて旅行している気分が味わえる?

インスタ映えする写真をアップしたり、アップされている写真を見てオススメのお店や観光できる場所を探す時

記事を読む

クリぼっちは、お一人様生活の延長か? 平成最後のクリスマスは、最高のクリスマスを・・・第2弾

ちょっと前から、お一人様生活用の生活器具や生活雑貨が出回り始め、ますます一人でいる時間が長い人たちが

記事を読む

サンドウィッチマンと渡辺直美が紅白の舞台裏、副音声を担当! 知られざる紅白の裏事情~~

第69回NHK紅白歌合戦は、大晦日の「ゆく年くる年」の前に必ず家族で見る、お茶の間のお約束番組でした

記事を読む

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、本日(8日)から3日間に渡って認知症について放送され、もの忘れとは違う若年性

記事を読む

おにぎりの値下げで勝負に出たミニストップ! おにぎり16品が驚きの100円。

ミニストップはハロハロやプリンパフェが人気で、店内で作るデザートを楽しみに注文する人がいます。

記事を読む

「走行税」導入は、電気自動車普及による、ガソリン税減少の対応策なのか? すでに導入している国とは?

「走行税」とは、走行距離に応じて課税・徴収する税金のことで、電気自動車の普及に伴い、ガソリン税が減少

記事を読む

内臓疾患は皮膚にも現れ、合併症や類似した症状の集まりである症候群に注意が必要!

内臓疾患には、顔面や手足などの皮膚に発疹ができたり、痛みが伴うような症状や発熱などがあり、初めて気付

記事を読む

消費税2%増に伴い「プレミアム商品券」で対策? 対象者はどんな家庭?

2019年10月の消費税率10%に備え、2万円で2万5000円分になる「プレミアム商品券」が発行され

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM

2020年の運勢は、吉と出るか凶と出るか・・・おみくじで重視するものは?

年明けの初詣で、今年一年の抱負と無病息災、家内安全を祈願するために神社

リラックス効果抜群!40℃で10分、寒い冬を正しい入浴法で快適に

健康的で体に良い入浴時間とお湯の温度についてを、朝の情報番組で紹介して

YouTubeチャンネル開設の次の日に、新会社「株式会社LONDONBOOTS」を設立

お笑いコンビのロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が1日、YouTu

ゲーム依存症の確率は4人に1人・・・やめたくてもやめられないゲーム「ゲーム障害」は病気と認定され、対策が求められている?

ゲーム依存症は健康被害にも繋がり、ゲーム依存症に関する全国調査が行われ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑