*

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。

運転免許更新時の綿密検査の強化で、認知症高齢者ドライバーを減らし、逆走による事故を未然に防げると良いですね。

 

 

 

 


認知障害を抱えている高齢者ドライバー

 

 

65歳以上の男性ドライバーの内、中等度の認知障害を抱えている人が6割以上いることが、日本老年医学会の調査でわかりました。

 

 

65歳以上の男性ドライバーの半分以上の方が、なにかしらの認知障害を持っているなんて、他人事ではないと思いました。

 

 

 

ブレーキとアクセルを踏み間違える運転ミスは、マニュアル車からオートマ車に需要が変わってきた時に、デパートなどの立体駐車場などで、ギアをバックに入れたまま、思い切りアクセルを踏んで駐車場から飛び出してしまう事故が何度かありました。

 

 

 

 

テレビ報道で知った時にはあり得ないことだと思っていましたが、その後、一旦停止して突然発進した車がコンビニに突っ込んでしまったりと、相次ぎの運転ミスによる事故に、

 

 

「またかぁ~~」

 

 

 

という気持ちで、高齢者の運転では当たり前の事として、取り上げられるようになりました。

 

 

 

 

 

 


逆走を目の当たりにした時、あなたならどう対処しますか?

 

 

 

一般道だけではなく、高速道路での逆走も少なくありません。

 

 

 

 

偶然にもそんな状況に遭遇した時、どのように対処したら良いのでしょうか?

 

 

私ならまず、連続パッシングで間違いを指摘すると思います。

 

 

 

 

 

 

高速道路では合流の時に、進行方向の間違いに気づき、Uターンして追い越し車線を走る高齢者ドライバーがいるみたいです。

 

 

 

目の前からいるはずのない車が現れたら、連続パッシング後にやはり走行車線へこちら側が避けると思います。

 

 

 

 

 

高速道路上では車は急には止まれないので、相手側(逆走している車)が気づかない限りは、異変に気づいている側が対処するしかないと思います。

 

 

そして余裕があれば、路肩へ止めて警察に連絡するのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

先日、実家の前の一方通行の道路から、1台の軽トラックが逆走してきて、広い道路へ出ようとしていました。

 

 

やはり車にはシルバーマークが貼ってあったので、高齢者だということが確認できたのですが、何を考えているのか広い道路を右へ曲がろうとウインカーを出して止まっていました。

 

 

 

しばらく止まっていたので、ここは一方通行の道だということを教えてあげようとしたら、急に左の方に曲がっていってしまいました。

 

 

 

 

交通ルールや標識は関係ないんですね・・・

 

 

 

 

 


まとめ

 

中等度の認知障害が、どれほどのものかはわかりませんが、ドライバーがもし認知障害を患っていて運転していたとしたら、その車は走る凶器ですね。

 

 

 

警察は事故処理よりも、未然に防ぐ手立てを考えた方が良いのでは?と思ってしまいました。

 

 

 

目の前で逆走している車を見て、その恐ろしさを実感したので、今日は逆走をテーマに書いてみました。

 

 

 

交通ルールを守って、安全運転していきたいですね^ ^

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

収納、景観、使い勝手が揃った仕掛けだらけの家 ~世界一周後のこだわり~

自分のマイホームを持つことが夢だという人は、少なくないと思います。 そんな中、自分で設計したお

記事を読む

更年期障害と関節痛の関わり エストロゲンの低下による体の症状、女性ホルモンとは?

更年期障害の症状としては、めまい・頭痛・のぼせ・火照り(ホットフラッシュ)・倦怠感などがあげられます

記事を読む

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

ビジネスについてのメソッドとは? 「メソッドの意味」情報社会には必須な言葉

インターネットで検索していると、ビジネス関連の言葉として「メソッド」というあまり聞き慣れない専門用語

記事を読む

熱いお風呂も効果あり?温熱療法で健康的に!

熱めのお風呂に10分入ると免疫力を高め、運動後の筋肉痛も解消でき、癌にも効くという利点があることがわ

記事を読む

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行くので、鰻屋さんがフル回転して

記事を読む

5Gに注意!DNA損傷を引き起こすと警告?

次世代通信の5Gの発売を心待ちにしている人達がいますが、体に危害を加えることで今問題になっているので

記事を読む

ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く愛用されている、ダイエットも兼

記事を読む

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス(CO2)不足で製造に支障をき

記事を読む

新型コロナでイタリアが凄いことに!そして日本国内でも経済立て直しと、国民への現金給付を検討

イタリアの感染者数は、18日の調査では3万5713人、死者は2978人以上に上っています。中国は相変

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

no image
若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、

いよいよレジ袋が有料化! コンビニでは1枚いくら?エコバッグには誰が入れるの?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まり、スーパーやドラックストア

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑