*

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。

運転免許更新時の綿密検査の強化で、認知症高齢者ドライバーを減らし、逆走による事故を未然に防げると良いですね。

 

 

 

 


認知障害を抱えている高齢者ドライバー

 

 

65歳以上の男性ドライバーの内、中等度の認知障害を抱えている人が6割以上いることが、日本老年医学会の調査でわかりました。

 

 

65歳以上の男性ドライバーの半分以上の方が、なにかしらの認知障害を持っているなんて、他人事ではないと思いました。

 

 

 

ブレーキとアクセルを踏み間違える運転ミスは、マニュアル車からオートマ車に需要が変わってきた時に、デパートなどの立体駐車場などで、ギアをバックに入れたまま、思い切りアクセルを踏んで駐車場から飛び出してしまう事故が何度かありました。

 

 

 

 

テレビ報道で知った時にはあり得ないことだと思っていましたが、その後、一旦停止して突然発進した車がコンビニに突っ込んでしまったりと、相次ぎの運転ミスによる事故に、

 

 

「またかぁ~~」

 

 

 

という気持ちで、高齢者の運転では当たり前の事として、取り上げられるようになりました。

 

 

 

 

 

 


逆走を目の当たりにした時、あなたならどう対処しますか?

 

 

 

一般道だけではなく、高速道路での逆走も少なくありません。

 

 

 

 

偶然にもそんな状況に遭遇した時、どのように対処したら良いのでしょうか?

 

 

私ならまず、連続パッシングで間違いを指摘すると思います。

 

 

 

 

 

 

高速道路では合流の時に、進行方向の間違いに気づき、Uターンして追い越し車線を走る高齢者ドライバーがいるみたいです。

 

 

 

目の前からいるはずのない車が現れたら、連続パッシング後にやはり走行車線へこちら側が避けると思います。

 

 

 

 

 

高速道路上では車は急には止まれないので、相手側(逆走している車)が気づかない限りは、異変に気づいている側が対処するしかないと思います。

 

 

そして余裕があれば、路肩へ止めて警察に連絡するのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

先日、実家の前の一方通行の道路から、1台の軽トラックが逆走してきて、広い道路へ出ようとしていました。

 

 

やはり車にはシルバーマークが貼ってあったので、高齢者だということが確認できたのですが、何を考えているのか広い道路を右へ曲がろうとウインカーを出して止まっていました。

 

 

 

しばらく止まっていたので、ここは一方通行の道だということを教えてあげようとしたら、急に左の方に曲がっていってしまいました。

 

 

 

 

交通ルールや標識は関係ないんですね・・・

 

 

 

 

 


まとめ

 

中等度の認知障害が、どれほどのものかはわかりませんが、ドライバーがもし認知障害を患っていて運転していたとしたら、その車は走る凶器ですね。

 

 

 

警察は事故処理よりも、未然に防ぐ手立てを考えた方が良いのでは?と思ってしまいました。

 

 

 

目の前で逆走している車を見て、その恐ろしさを実感したので、今日は逆走をテーマに書いてみました。

 

 

 

交通ルールを守って、安全運転していきたいですね^ ^

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、

記事を読む

鉄腕アトムの「空飛ぶクルマ」が現実のものに! 2000万円台で、2023年の一般発売を目指し開発~

トヨタ自動車やパナソニックなどが支援する開発者グループの「カーティベーター」は、2023年に「空飛ぶ

記事を読む

新陳代謝を浮上させ、水太りを解消しましょう!

真夏は冷たい水やジュースなどで水分補給したり、エアコンのよく効いてる部屋にこもって体を冷やしたりして

記事を読む

乾燥肌や敏感肌の50代女性たちにも効く、BBクリームランキング トップ10!

50代になると目尻のシワや顔中に広がっているシミが目立ち、紫外線による乾燥肌や敏感肌などの肌トラブル

記事を読む

確定申告の時期は税務署が大賑わい! 一体いつの時期に行けばスムーズに作業が進むのでしょう?

1月~3月のこの時期は確定申告のために、税務署職員や臨時職員が大忙しで、休憩なしで業務をこなしている

記事を読む

財前直見ドラマ出演、御巣鷹山での惨事を再現!日航機墜落事故から33年経った今・・・

川上慶子さん、あの時確か12歳くらいだったと思うけれど、日航機123便が御巣鷹山へ墜落しての生存者救

記事を読む

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

514店舗あるスシローに、回転寿司ならではのサイドメニューが登場! まぐろを使ったラーメンが人気№1になった秘密・・・

回転寿司はファミリー層に人気で、レーンのお寿司だけではなく、タッチパネルで注文するサイドメニューが充

記事を読む

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑