*

ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く愛用されている、ダイエットも兼ねたエクササイズ健康法です。

ズンバを上手に生活に取り入れて、健康的な生活を送っていきましょう!

 

 

 

 

 

 


ズンバの発祥地は?(Wikipediaより)

 

ズンバ (zumba)とは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・”ベト”・ペレスによって創作されたフィットネス・プログラムの名称です。

 

主にラテン音楽 (クンビア、サルサ、メレンゲ、マンボ、チャチャ、レゲトン、ソカ、サンバ、アシェ、ミロンガ)などによってエクササイズが行われていますが、これにヒップホップ やフラメンコ、タンゴ、ベリーダンス、ボリウッド (インド舞踊)などが加わっています。

 

 

さらに2016年からは JPOPが追加されました。

 

 

エアロビクスなどのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としています。

 

 

 

クラブなどでの「実用性」にも富んでいて、人気の秘密に結びついているという見方もあります。

 

 

 

また、ズンバという言葉に特定の意味はなく、ブランド名として名付けられたものであります。

 

 

 

 

 

 


ズンバの特徴とは?(Wikipediaより)

 

 

ズンバの典型的な特徴は、インストラクターが事前に振り付けについて説明しないということです。

 

 

生徒に向かって正面で踊ることが多いので、生徒は鏡に反転させた感じで踊ります。

 

 

 

 

ダンスの振り付けの正確性を競う種目ではないので、レッスンは一曲目からインストラクターの説明はなく、ストレッチなどの要素を含みながらダンサブルに行われます。

 

 

インストラクターはレッスン中は喋ってはいけない決まりになっていて、生徒はインストラクターの振り付け(ジェスチャー)を見ながらレッスンします。

 

 

 

 

インストラクターの手本が難しいと感じたら、左右にステップを踏むだけでも良く、逆に簡単過ぎると感じたらターンやジャンプを付け足しても良いです。

 

 

 

 

 

ズンバは生徒側の自由度が高いダンスで、曲調に合わせて自由にかけ声を入れても良く、他のダンス(Hip Hop、ジャズダンス、ストリートダンス等)に比べると、見せるために正確な振り付けを覚えるダンスというよりは、楽しむためにその日の気分でアドリブで楽しむダンスエクササイズと言えます。

 

 

 

 

 

初めのウォームアップはもちろん、終了時のクールダウンもダンサブルに柔軟に行われるので、生徒が足りないと感じたら自主的にあらかじめ柔軟体操やストレッチを行う必要があります。

 

 

 

一般的に骨盤を非常に激しく動かすダンスではありますが、2~3曲激しいダンスを踊った後、スローな曲調のダンスが行われることも少なくありません。

 

 

 

 

また、4つの基本リズムごとに4つの基本動作が定められていて、これら16ステップの組み合わせや応用で構成されています。

 

 

 

 

 

 

 


生徒とインストラクター間の相性も関係あり?

 

 

非常に自由度の高いダンスと言うことで、指導を行うインストラクターには、振り付けのセンスはもちろん、その日の生徒の気分や習熟度に合わせて、選曲のセンス、ファッション、生徒との会話能力など、様々な要素が要求されてきます。

 

 

振り付けや選曲の種類はインストラクターによって様々な傾向があり、生徒は自分の好みに最も合ったインストラクターのもとでレッスンを受けるのが理想的です。

 

 

 

 

 


ズンバ動画

 

どんな動きのダンスなのか気になりますよね?

 

下記のYouTube動画からご覧いただけます。

 

 

 

雰囲気を掴めましたら、記事の続きをご覧ください^ ^

 

引用 : YouTube ズンバ公式サイト

 

 

 

 


ズンバを禁止した国とは?

 

 

自由な考え方でのダンスエクササイズのズンバですが、気に入られていない国もあります。

 

 

イラン政府は、2007年6月にズンバを禁止しています。

 

 

 

ラテンアメリカ発祥のズンバの動きが、イスラム的な価値観に反しているとの見解が出され、禁止されてしまいました。

 

 

 

確かにサンバカーニバルの様な激しい動きも加わると、イランの風潮に反した動きであるように思われます。

 

 

 

 

 


骨盤ダイエットには最適?

 

ズンバを継続してやったことにより、ウエストの贅肉が落ちて、ダイエットに成功した実例もあります。

 

 

 

腰回り中心のダンスをすると、筋力アップにもなり、贅肉も落ちてスリムになっていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

ラテン音楽など、ノリの良い音楽を聴きながら、型にハマらずに自由に体を動かせるズンバは、ストレス解消にもなり、広い場所もいらないので、手軽に続けられるダイエットエクササイズの一つだと思います。

 

 

 

ズンバの種類も豊富で、通常タイプから筋力アップを目的としたプログラムや、プールで行うことができたり、幼児から体を動かすことができる初心者タイプまで様々あり、生活に自然に取り入れることができます。

 

 

 

上手にズンバを取り入れながら、ダイエットも兼ねながら、健康的に生活していけたら良いですね?

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

激痛で苦しむ八木亜希子アナ(元フジテレビアナウンサー) 中高年の女性に多い「線維筋痛症」

元フジテレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーである八木亜希子(54)アナが突然の休養を発表し、

記事を読む

マスク対策激化!そして劇的改善の見通しが・・・新型コロナウイルスの治療、タイで発表~

中国国内で蔓延している「新型コロナウイルス」は死者数も増え続け、国内外までその威力は拡大しています。

記事を読む

新型コロナウイルスと紫外線との関係は? 気温と湿度の上昇は効果あり?

アメリカ政府では、紫外線や気温・湿度の上昇が、新型コロナウイルスを撃退する効果があることを発表しまし

記事を読む

虎ノ門ヒルズでLIVE会見 7月31日スッキリ!で放送 2020年東京オリンピック開閉会式演出は?

2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向け、着々と準備が進んでいく中、31日朝のスッキリ!

記事を読む

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、本日(8日)から3日間に渡って認知症について放送され、もの忘れとは違う若年性

記事を読む

信号機のない車道を横断する時に優先されるのは、車両側?歩行者側?道路交通法での罰則とは?

信号機のない車道を通る人を見かけますが、近くの陸橋や地下道を避けて、車がスピードを出して走行している

記事を読む

1000万円以上の絵画が、いつの間にか廃棄される。 作品の価値がわからない人は、知識と興味に欠けている??

東京大学生協は、昨年9月に大学の中央食堂に展示されていた、亡き宇佐美圭司画伯の作品を、食堂の改修工事

記事を読む

「大人になったなぁ~」と思った時はどんな時? 成人式を迎えた人、これから迎える子ども達、2度目3度目の成人式を過ぎた人達にインタビュー

大人の仲間入りをした新成人をお祝いしつつ、朝の情報番組スッキリでは「大人になったなぁ~」と思った時は

記事を読む

焼肉ドラゴの八丁堀店に、花畑牧場の田中義剛社長がダメ出し徹底立て直し開始!

「坂上&指原のつぶれない店」の新企画で、天才ビジネスおじさんの田中義剛が、芸能人の店を立て直

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑