*

ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く愛用されている、ダイエットも兼ねたエクササイズ健康法です。

ズンバを上手に生活に取り入れて、健康的な生活を送っていきましょう!

 

 

 

 

 

 


ズンバの発祥地は?(Wikipediaより)

 

ズンバ (zumba)とは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・”ベト”・ペレスによって創作されたフィットネス・プログラムの名称です。

 

主にラテン音楽 (クンビア、サルサ、メレンゲ、マンボ、チャチャ、レゲトン、ソカ、サンバ、アシェ、ミロンガ)などによってエクササイズが行われていますが、これにヒップホップ やフラメンコ、タンゴ、ベリーダンス、ボリウッド (インド舞踊)などが加わっています。

 

 

さらに2016年からは JPOPが追加されました。

 

 

エアロビクスなどのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としています。

 

 

 

クラブなどでの「実用性」にも富んでいて、人気の秘密に結びついているという見方もあります。

 

 

 

また、ズンバという言葉に特定の意味はなく、ブランド名として名付けられたものであります。

 

 

 

 

 

 


ズンバの特徴とは?(Wikipediaより)

 

 

ズンバの典型的な特徴は、インストラクターが事前に振り付けについて説明しないということです。

 

 

生徒に向かって正面で踊ることが多いので、生徒は鏡に反転させた感じで踊ります。

 

 

 

 

ダンスの振り付けの正確性を競う種目ではないので、レッスンは一曲目からインストラクターの説明はなく、ストレッチなどの要素を含みながらダンサブルに行われます。

 

 

インストラクターはレッスン中は喋ってはいけない決まりになっていて、生徒はインストラクターの振り付け(ジェスチャー)を見ながらレッスンします。

 

 

 

 

インストラクターの手本が難しいと感じたら、左右にステップを踏むだけでも良く、逆に簡単過ぎると感じたらターンやジャンプを付け足しても良いです。

 

 

 

 

 

ズンバは生徒側の自由度が高いダンスで、曲調に合わせて自由にかけ声を入れても良く、他のダンス(Hip Hop、ジャズダンス、ストリートダンス等)に比べると、見せるために正確な振り付けを覚えるダンスというよりは、楽しむためにその日の気分でアドリブで楽しむダンスエクササイズと言えます。

 

 

 

 

 

初めのウォームアップはもちろん、終了時のクールダウンもダンサブルに柔軟に行われるので、生徒が足りないと感じたら自主的にあらかじめ柔軟体操やストレッチを行う必要があります。

 

 

 

一般的に骨盤を非常に激しく動かすダンスではありますが、2~3曲激しいダンスを踊った後、スローな曲調のダンスが行われることも少なくありません。

 

 

 

 

また、4つの基本リズムごとに4つの基本動作が定められていて、これら16ステップの組み合わせや応用で構成されています。

 

 

 

 

 

 

 


生徒とインストラクター間の相性も関係あり?

 

 

非常に自由度の高いダンスと言うことで、指導を行うインストラクターには、振り付けのセンスはもちろん、その日の生徒の気分や習熟度に合わせて、選曲のセンス、ファッション、生徒との会話能力など、様々な要素が要求されてきます。

 

 

振り付けや選曲の種類はインストラクターによって様々な傾向があり、生徒は自分の好みに最も合ったインストラクターのもとでレッスンを受けるのが理想的です。

 

 

 

 

 


ズンバ動画

 

どんな動きのダンスなのか気になりますよね?

 

下記のYouTube動画からご覧いただけます。

 

 

 

雰囲気を掴めましたら、記事の続きをご覧ください^ ^

 

引用 : YouTube ズンバ公式サイト

 

 

 

 


ズンバを禁止した国とは?

 

 

自由な考え方でのダンスエクササイズのズンバですが、気に入られていない国もあります。

 

 

イラン政府は、2007年6月にズンバを禁止しています。

 

 

 

ラテンアメリカ発祥のズンバの動きが、イスラム的な価値観に反しているとの見解が出され、禁止されてしまいました。

 

 

 

確かにサンバカーニバルの様な激しい動きも加わると、イランの風潮に反した動きであるように思われます。

 

 

 

 

 


骨盤ダイエットには最適?

 

ズンバを継続してやったことにより、ウエストの贅肉が落ちて、ダイエットに成功した実例もあります。

 

 

 

腰回り中心のダンスをすると、筋力アップにもなり、贅肉も落ちてスリムになっていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

ラテン音楽など、ノリの良い音楽を聴きながら、型にハマらずに自由に体を動かせるズンバは、ストレス解消にもなり、広い場所もいらないので、手軽に続けられるダイエットエクササイズの一つだと思います。

 

 

 

ズンバの種類も豊富で、通常タイプから筋力アップを目的としたプログラムや、プールで行うことができたり、幼児から体を動かすことができる初心者タイプまで様々あり、生活に自然に取り入れることができます。

 

 

 

上手にズンバを取り入れながら、ダイエットも兼ねながら、健康的に生活していけたら良いですね?

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

(特集)スッキリ座談会・・・母の変化と認知症の症状とは? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送され、前回はもの忘れと認知症の違いについてと

記事を読む

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすす

記事を読む

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

ポッコリお腹を宿便で解消~~ 太る体質を改善して痩せられます。

毎日の食生活や運動を続けることによって、特にお腹部分をスッキリ!させることはできますが、腸内にこびり

記事を読む

チョコレートでスッキリ痩せられる?チョコレートに含まれるPEA(アンフェタミン)は、ドーパミン などの放出を手助けし、脳に働きかけていた・・・

高カロリーのチョコレートがなぜ、ダイエット効果をもたらすのか不思議に感じるが、脳内ホルモンのドーパミ

記事を読む

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

花粉症対策グッズ 今年も花粉の飛び交う季節が・・・手元に置きたい花粉症対策グッズとは?

花粉の季節は本当に辛いという方が年々増えてきていて、新陳代謝が活発な若年層に増えてきていますが、花粉

記事を読む

レシートがお金に換えられる、画期的なアプリ誕生! 夢の金券ショップは、17才起業家の手中に・・・

買い物して代金と引き換えにもらうレシートは、家計簿をつける時に必要なだけで、後は処分してしまうと思い

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑