夏は夏痩せの時期と考え、ダイエット中の人はつい安心してしまいがちですが、実はエアコンの効いた涼しい部屋にいる時間も増え、冷たい物を摂取するため、逆に太りやすい季節であると言えるのです。

 

 

 

 

 

 


なぜ冷えると痩せないの?

 

日本の夏は湿度が高いので、それほど気温が上昇していなくても、とても暑く感じてしまいます。

 

 

 

 

その為、つい冷たい飲み物や、アイスやかき氷、スイカなどを食べ過ぎてしまい、体の芯から冷やしてしまっています。

 

 

 

 

冷えてくると寒さから身を守る為に、皮下脂肪を蓄えようと頑張るので代謝が低下し、太りやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 


夏痩せする人は、代謝が良いの?

 

 

 

夏になると暑さで食欲がなくなり、今までしっかり朝昼晩と食事を摂っていた人でも、お昼はそうめんだけとか、熱々のラーメンから、サッパリした冷やし中華にしたりと食事の内容に変化が見られます。

 

 

夏痩せするのは食欲減退により、1日に摂取するカロリーに届かない為に、運動して代謝を上げなくても痩せてしまうのです。

 

 

そのままの状態が続くと夏バテになり、せっかくの夏休みがつまらないものになってしまうので、食欲不振による夏痩せは避けたいものです。

 

 

 

 

 

 

 


夏はどのようにして過ごすのが良い?

 

夏バテしないように、朝昼晩としっかり食事を摂り、バランスの良い食生活を心がけることで、暑い夏を乗り切ることができます。

 

 

 

そして冷たい物は極力避けて、もし冷たい物を食べたり飲んだりする時は、少量を数回に分けて摂るように、一気に摂取して体を冷やさない方が良いです。

 

 

 

エアコンの温度もあまり下げ過ぎずに、湿気が取れるくらいの温度で過ごすと体にも良さそうです。

 

 

 

入浴も夏はシャワーのみになりがちなので、シャワーも冷えやすい部分(肩やお腹、足先など)には集中的にかけるようにして、温まってから出た方が良いです。

 

 

 

お風呂に入る時は、熱めよりもぬるめのお湯に長く浸かる方が良さそうです。

 

 

 

 

寝る前までエアコンを付けていても、時間で切れるようにタイマーをかけておくと、部屋の冷気が朝まで続き、ぐっすり眠ることができるので、自分にあった設定温度と時間でタイマーをかけておくのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

昨年の夏は40度近い地域もあり、猛暑で熱中症になってしまった人も大勢いました。

 

 

 

エアコンは我慢しないで付けた方が良いのですが、それにより冷え過ぎてしまわないように調整していくことが大切です。

 

 

 

今年の夏はどんな気温になるのかまだわかりませんが、上手に体温調整していき、夏バテによる夏痩せではなく、健康的に痩せられるようにすると良いと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)