*

ゲンキング(GENKING)がカミングアウト! タイで手術し女性ホルモンで、体重6キロ超・・要注意

タレントのゲンキング(GENKING)が性同一性障害の診断を受け、タイで性別適合手術をして、名前も男性から女性に変わっていたことをカミングアウトし、体重も6キロ増えたことを報告しました。

 

 

 


いさぎよく隠さず報告

 

 

 

 

タレントのゲンキングこと元輝さんは、タイで性別適合手術を受け真の女性になり、日本に帰国後名前を元輝から沙奈に変えたことを自身のブログで明かしました。

 

 

失敗したくないから、腕の良い先生のいるタイで性別適合手術を、およそ600万円かけておこない、晴れて女性となることができました。

 

 

 

2016年から女性ホルモン投与の治療を開始し、そして2018年5月に性別適合手術を受けたのです。

 

 

 

 

確かにタイはニューハーフが多くいて、中には男性から完全な女性になった人達もいます。

 

 

 

 

きっと、そちらの医療は進んでいるのではないかと思います。

 

 

 

 

 


排尿の時、泣いてしまった・・・

 

 

 

 

術後トイレで小をする時に、力の入れ具合がわからずに、男性の時の加減でしようとしたら、とても痛くて初めて泣いてしまったそうです。

 

 

 

そんな完全プライベートなことも告白し、そして使用前使用後の水着姿も公開しているところが、ゲンキングさんの凄いところだと思いました。

 

 

 

他とは違う体のことは、ひた隠しにするものだけれど、あえて公表しているのは、他に同じ悩みで苦しんでいる人達に勇気を持ってもらい、人は変われるんだということを実証したかったのだと思います。

 

 

 

 

しかし痛みを伴うことが多いはずなのに、それに挑んでいる姿は素晴らしいと思いました。

 

 

 

 

 


体重増加で危険信号

 

 

女性ホルモンの効果もあって、益々女性らしくなってきていますが、30歳を過ぎて少しずつ太り始め、172センチで52キロをキープしていたのに、それから6キロ増えてしまったので、60キロを超えると仕事に支障が出るということで、超えないように努力しているそうです。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

タイで性別適合手術、謂わゆる性転換手術をして帰国し、名前も女性に変わるまでに3年の歳月がかかりましたが、地味な努力で勝ち取ってきたものなので、きっと達成感と女性になれたことへの喜びを感じていることと思います。

 

 

 

世の中にはまだまだ沢山、性の悩みを持っている人がいると思います。

 

 

 

ゲンキングさんのように、努力して克服できた人もいるので、きっと悩みを持ち続けている人達の励みになったのではないかと思います。

 

 

 

 

体の悩みは尽きないものです。

 

 

努力で克服できれば良いと思います。

 

 

 

 

美への追求は、永遠のものだと思うので、少しずつでも努力できたら良いと思いました。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他関連サイトなども、是非ご覧ください。

 

スポンサードリンク







関連記事

達成感を味わいながら、自己肯定感で自分磨きをしていくには?

目標に向かって、いろいろ行動していくと、何回か小さな達成感を味わうことがあります。 「今日はこ

記事を読む

五月祭!! 東大生は未知数の可能性の持ち主

今朝テレビで、東京大学の五月祭について紹介していました。   東大の赤門を潜る

記事を読む

スッピンのブルゾンちえみ 35億の価値は、彼女の飾らない人柄?

男性の数をガムに例えて、味がしなくなったら交換すればいい・・・と、 地球上には男の人ってそんな

記事を読む

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや、食物繊維が摂れる生野菜、低カ

記事を読む

要人は、やはり金正恩委員長だった・・・中国との関係を修復か?

3月25日から28日まで中国訪問で、緑色に黄色のラインの特別列車へ乗り込もうとしている要人が

記事を読む

情熱大陸に出演!「進撃の巨人」作者の諫山創は講談社の若手編集者によって、無償で絵の専門学校へ・・・

11月18日23時から放送の、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS・MBS)に、「進撃の巨人」作

記事を読む

「バカっぽく見えてしまう人」の特徴と、馬鹿の由来とは?

「この差って何ですか?」TBSテレビ放送で紹介された「バカっぽく見えてしまう人」について大変興味深か

記事を読む

あの上野樹里似の韓国女優「シム・ウンギョン」が、日本映画「新聞記者」にキャスティング! 政治色から守るために蒼井優、満島ひかり以外で・・・

菅義偉官房長官の天敵と言われている、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(43才)をモデルにした映画の

記事を読む

兵役のある韓国の男性芸能人は悪戦苦闘! 「兵役は芸能人の墓場」??

18歳から29歳までの男性に約2年に及ぶ兵役の義務がある韓国は、芸能人にとって忘れられやすく過酷な徴

記事を読む

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のドリーがクローン羊として誕生し、

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







健康志向反面、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コロナ太りし生活習慣病が心配に!

57%の人がホームワークと運動不足のために、体重増加し生活習慣病の恐れ

ダイソーのお役立ち商品3選 こんな便利なグッズがあったなんて・・・

100円ショップは一昔前と比べて進化し、300円商品や500円商品も金

ブルーインパルスが東京都心の上空を2周し、医療従事者への敬意表明を!

29日の東京の空はとても快晴で、航空自衛隊の曲芸飛行チームの「ブルーイ

アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑