*

車の安全性チェックで、交通事故回避を! 高齢者ドライバーの急ブレーキ訓練の重要性と、家族の協力の必要性

高齢者の車の事故が多発している今、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車とチャイルドシートのアセスメントを実施して結果を公表しました。

事故が多い7月、8月に備えて車の安全性のチェックと、どのような安全性能の試験が行われているのかを確認していきましょう。

 

 

 

 

 

 


交通事故を未然に防ぐ、安全性能試験

 

 

事故を予防する7つの試験があるので、順番に見ていきましょう。

 

 

 

1.被害軽減ブレーキ(対車両)

 

試験車を10~60㎞/hで模擬車両に後方から接近させ、警報と被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

2.被害軽減ブレーキ(対歩行者・昼間)

 

昼間に道路横断中の歩行者代のマネキンに、10~60㎞/hで試験車両を接近させて、被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

3.被害軽減ブレーキ(対歩行者・夜間)

 

街灯がある夜間に、道路横断中の歩行者代のマネキンに30~60㎞/hで試験車両を接近させて、警報や被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

4.車線逸脱抑制

 

試験車両を60㎞/h~70㎞/hで、道路の車線からはみ出すように走行させた時に、車線を維持するように車両を制御できるか確認します。

 

 

5.後方視界情報

 

ドライバーが直接確認しにくい後方の視界情報を、車内モニターでどこまで確認できるのかを評価します。

 

 

6.高機能前照灯

 

夜間走行時に、前方の交通状況によってヘッドライトの照射範囲を自動的に変える「自動防眩型前照灯」、または「自動切替型前照灯」の機能を備えているかを確認します。

 

 

7.ペダル踏み間違い時加速抑制

 

試験車を模擬車両に接近させ、停止状態から急速にアクセルペダルを踏み込んだ時に、衝突防止または被害軽減のために急発進や急加速を抑制するのかを確認します。

 

 

 

以上の安全性能の試験をすることによって、より安全性の高い車を開発しています。

 

 

その他、衝突安全性能や歩行者保護性能、乗員保護性能やシートベルトの着用警報装置の試験なども実施されています。

 

 

 

 

 


75歳以上の高齢ドライバーができない、咄嗟の判断回避法とは?

 

 

 

 

「アクセルとブレーキを踏み間違えた・・・」

 

 

 

とオートマ車が出始めた頃から事故原因を聞いていますが、高齢になると咄嗟の判断力が鈍り、急ブレーキを踏む速度も遅れるばかりか、間違えてアクセルを踏んで加速させ事故に繋がってしまったりします。

 

 

これは急ブレーキを日頃から踏んだことがなく、急ブレーキを踏む訓練をしていないことが事故に繋がる原因の一つなのだと思われます。

 

 

 

安全な場所でブレーキを踏みこむ練習をしてみたり、JAFが開いている講習会などに参加して急ブレーキが踏めるようにしていくことが重要だと思います。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

交通事故は起こしてしまった側の家族も、また起こされた側の被害者家族もみんな、加害者の一瞬の不注意によって不幸になってしまうのです。

 

 

一生心に傷を負いながら生活していかなくてはならなくて、事故を起こしてしまってからでは悔やんでも悔やみきれないです。

 

 

 

今、安全運転できる車が開発されていますが、やはりドライバーの日頃の訓練だと思うので、時間のある時にでも家族に助手席に乗ってもらって、どこか安全な場所を捜して練習することが大切だと思います。

 

 

ますます高齢化社会は加速し続けていくと思われます。安心安全な運転で、事故のない社会にしていきたいですよね?

 

 

 

私も気を付けて運転していこうと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

1000万円以上の絵画が、いつの間にか廃棄される。 作品の価値がわからない人は、知識と興味に欠けている??

東京大学生協は、昨年9月に大学の中央食堂に展示されていた、亡き宇佐美圭司画伯の作品を、食堂の改修工事

記事を読む

吉本興業の岡本社長による会見ストップ! 宮迫と亮による手作り会見LIVE、アメバTVで真実が全て明るみに・・・

マネジメント契約解除を受けた、雨上がり決死隊の宮迫と、ロンブーの亮が20日15:00頃から自分たちの

記事を読む

(特集)認知症介護と最新機器・・・認知症患者とどう向き合う? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送されてきましたが、1回目が「認知症かと思った

記事を読む

ガストなどファミレスで、プラスチック製ストロー利用中止!

環境破壊や人体にも良くないということで、ファミリーレストラン最大手の、すかいらーくホールディングスは

記事を読む

すいかとメロンの生産量の多い県は? 夏バテ防止に水分豊富な野菜や果物を!

2019年の夏も猛暑日が続き、国内外で熱中症対策が広く呼びかけられていて、室内の温度もエアコンなどで

記事を読む

異常気象と温室効果ガス 二酸化炭素の排出でますます地球温暖化に!

異常気象はここ数年でますます深刻化し、自然災害に悩まされる日々を送りながら、相変わらず二酸化炭素の排

記事を読む

クリスマスケーキが売れなくなったワケとは? 贅沢なものと考えられ健康志向のため、ケーキを買わなくなったとしたら洋菓子店は大ピンチ!

クリスマスケーキが売れなくなり、洋菓子店の倒産が増え続けています。   今年も

記事を読む

アビガンの原料、中国依存で国内生産に時間がかかる・・治療薬開発急ピッチ!

アビガンは、富士フイルムホールディングスの抗インフルエンザ薬で、今注目かされていますが、その原料を中

記事を読む

軽減税率は10月1日から開始! 消費税はついに10%になり、逆累進性が著しく一般庶民を苦しめる?

2019年10月1日から消費税は8%から10%になり、同時に軽減税率制度が適用され、日常生活に最低限

記事を読む

ユーチューバー専門学校の学長が語る、YouTube動画の魅力とは? アメリカのライアン君がおもちゃで遊び、とんでもない月収を獲得!

子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や子供でも稼げる時代になり、楽し

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナ対策にAIが活躍 携帯料金の引き下げも実現なるか?

AI(人工知能)の今後の可能性について菅総理は、新型コロナウイルス感染

100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプ

「フレーミング効果の法則」は心理作戦か? 心を誘導する言葉に左右される日常

フレーミング効果は、対象をフレームに当てはめ効果的に誘導する考え方を言

美味しさと手軽さがウリ、グリコ「ポッキー」の商品開発へのこだわりとギネス認定!

こおり水の入ったお洒落なグラスに、グリコ「ポッキー」を入れてテーブルの

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑