*

車の安全性チェックで、交通事故回避を! 高齢者ドライバーの急ブレーキ訓練の重要性と、家族の協力の必要性

高齢者の車の事故が多発している今、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車とチャイルドシートのアセスメントを実施して結果を公表しました。

事故が多い7月、8月に備えて車の安全性のチェックと、どのような安全性能の試験が行われているのかを確認していきましょう。

 

 

 

 

 

 


交通事故を未然に防ぐ、安全性能試験

 

 

事故を予防する7つの試験があるので、順番に見ていきましょう。

 

 

 

1.被害軽減ブレーキ(対車両)

 

試験車を10~60㎞/hで模擬車両に後方から接近させ、警報と被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

2.被害軽減ブレーキ(対歩行者・昼間)

 

昼間に道路横断中の歩行者代のマネキンに、10~60㎞/hで試験車両を接近させて、被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

3.被害軽減ブレーキ(対歩行者・夜間)

 

街灯がある夜間に、道路横断中の歩行者代のマネキンに30~60㎞/hで試験車両を接近させて、警報や被害軽減ブレーキの作動を確認します。

 

 

4.車線逸脱抑制

 

試験車両を60㎞/h~70㎞/hで、道路の車線からはみ出すように走行させた時に、車線を維持するように車両を制御できるか確認します。

 

 

5.後方視界情報

 

ドライバーが直接確認しにくい後方の視界情報を、車内モニターでどこまで確認できるのかを評価します。

 

 

6.高機能前照灯

 

夜間走行時に、前方の交通状況によってヘッドライトの照射範囲を自動的に変える「自動防眩型前照灯」、または「自動切替型前照灯」の機能を備えているかを確認します。

 

 

7.ペダル踏み間違い時加速抑制

 

試験車を模擬車両に接近させ、停止状態から急速にアクセルペダルを踏み込んだ時に、衝突防止または被害軽減のために急発進や急加速を抑制するのかを確認します。

 

 

 

以上の安全性能の試験をすることによって、より安全性の高い車を開発しています。

 

 

その他、衝突安全性能や歩行者保護性能、乗員保護性能やシートベルトの着用警報装置の試験なども実施されています。

 

 

 

 

 


75歳以上の高齢ドライバーができない、咄嗟の判断回避法とは?

 

 

 

 

「アクセルとブレーキを踏み間違えた・・・」

 

 

 

とオートマ車が出始めた頃から事故原因を聞いていますが、高齢になると咄嗟の判断力が鈍り、急ブレーキを踏む速度も遅れるばかりか、間違えてアクセルを踏んで加速させ事故に繋がってしまったりします。

 

 

これは急ブレーキを日頃から踏んだことがなく、急ブレーキを踏む訓練をしていないことが事故に繋がる原因の一つなのだと思われます。

 

 

 

安全な場所でブレーキを踏みこむ練習をしてみたり、JAFが開いている講習会などに参加して急ブレーキが踏めるようにしていくことが重要だと思います。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

交通事故は起こしてしまった側の家族も、また起こされた側の被害者家族もみんな、加害者の一瞬の不注意によって不幸になってしまうのです。

 

 

一生心に傷を負いながら生活していかなくてはならなくて、事故を起こしてしまってからでは悔やんでも悔やみきれないです。

 

 

 

今、安全運転できる車が開発されていますが、やはりドライバーの日頃の訓練だと思うので、時間のある時にでも家族に助手席に乗ってもらって、どこか安全な場所を捜して練習することが大切だと思います。

 

 

ますます高齢化社会は加速し続けていくと思われます。安心安全な運転で、事故のない社会にしていきたいですよね?

 

 

 

私も気を付けて運転していこうと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

日大アメフト部、橋詰新監督就任と宮川選手の復帰で、活気戻る!

東京世田谷区での会見で、8月に日大アメフト部の新監督として就任された橋詰功氏の発言で、悪質タックルで

記事を読む

軽減税率は10月1日から開始! 消費税はついに10%になり、逆累進性が著しく一般庶民を苦しめる?

2019年10月1日から消費税は8%から10%になり、同時に軽減税率制度が適用され、日常生活に最低限

記事を読む

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや、食物繊維が摂れる生野菜、低カ

記事を読む

田中将大、里田まい、第2子女児誕生の喜び 「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の心情はいかに?

米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(30)と、妻でタレントの里田まい(35)の間に第2子となる女児

記事を読む

徳永英明がたちくらみ訴え救急搬送!今後の全国ツアーは?

歌手の徳永英明(57才)が4日午後に、都内にある事務所で体調不良を訴え、スタッフが大事をとって119

記事を読む

お金は信用(クレジット)で借金できる? 借金できることは信用されていること! 信用の度合いはバランスシート

ホリエモンこと堀江貴文さんが、YouTube動画で「今明かすお金の正体」知らないとマジで損する!の講

記事を読む

チョコレートでスッキリ痩せられる?チョコレートに含まれるPEA(アンフェタミン)は、ドーパミン などの放出を手助けし、脳に働きかけていた・・・

高カロリーのチョコレートがなぜ、ダイエット効果をもたらすのか不思議に感じるが、脳内ホルモンのドーパミ

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

江崎びす子の「夢かわいい」「病みかわいい」が人気に!体温計までアクセサリーに?

東京都世田谷区出身の男性漫画家、江崎びす子さんは、「病み可愛」の「メルヘラチャン」のキャラクターで売

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







花粉症は大気汚染で凶暴化! スギ花粉は汚染物質で破裂していた?

花粉症対策をしている人も徐々に増えてきて、市販のマスクでは防ぎきれずに

no image
劣等感は恐れの連鎖・・・親子とも何かに怯えていてうまくいかない家庭の原因とは?

児童虐待の根本にあるものは、恐れからくるものかもしれません。 い

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回

お金は信用(クレジット)で借金できる? 借金できることは信用されていること! 信用の度合いはバランスシート

ホリエモンこと堀江貴文さんが、YouTube動画で「今明かすお金の正体

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑