*

キャッサバとジャガイモには、どんな違いがあるのでしょう? タピオカで有名なキャッサバを主食とする国とは・・・

キャッサバは、日本ではタピオカとしてドリンクに混ぜて飲まれていますが、トウダイグサ目トウダイグサ科の、イモノキ属の熱帯性植物であり、和名としてはイモノキ(芋の木)と名付けられています。

 

なんだかとっても複雑なお芋なのですね?

 

ある国では、この植物の根茎部分を食用としていて、大変重宝されています。

 

 

まるで戦時中の日本の、ジャガイモを主食としていた頃に似ています。

 

 

 

 


キャッサバその物が、日本のスーパーで売られていない理由とは?

 

 

 

タピオカパールとしてキャッサバの存在が知られていますが、日本ではキャッサバの生の状態を目にすることはありません。

 

 

 

それは、日本ではキャッサバの輸入が禁じられているからなのです。

 

 

 

 

実は、生のキャッサバにはシアン化合物という有毒な成分が含まれています。

 

 

 

この有毒物質を除去してから加工されたものが、日本には入ってきています。

 

 

 

 

 


有毒物質が体内に入ると・・・

 

 

キャッサバに含まれるシアン配糖体であるリナマリンは、青酸配糖体を生成して毒性を増やしています。

 

 

中毒症状の軽度では、嘔吐や頭痛、めまいといった症状が見られ、重度になると四肢の痙攣、意識混濁、呼吸低下と命の危険も考えられるのです。

 

 

 

このような有毒物質が含まれているキャッサバを、毎日食べている国があるのです。

 

 

 

 

 


キャッサバを主食としている国とは?

 

 

キャッサバは、アフリカのナイジェリアや、南米のブラジル、またインドネシアなどの東南アジア周辺の国の熱帯地域で作られています。

 

 

そして、ブラジルやアフリカでは主食として毎日食べている地域もあるのです。

 

 

 

日本では、毒を除去後加工したものが輸入され、タピオカに姿を変えて飲み物の中に入ったドリンクが今、人気を集めています。

 

 

 

 

しかしキャッサバを使用しなくても、タピオカドリンクは楽しむことができます。

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

タピオカミルクティーは台湾で人気! そして2019年の日本で爆発的人気に・・・原料キャッサバには毒性があった?

 

 

 

 

 


まとめ

 

世界の国からすると、日本は「和洋折衷」どんなお料理も揃っていて、食べる物がなく、有毒物質を含むギャッサバを主食としている国からすれば、なんて贅沢な国なんだろうと思われてしまうかもしれません。

 

 

その主食としているキャッサバを、毒の部分を除去後加工して、タピオカに変化させ、タピオカミルクティーとして味わえるなんて、本当に贅沢だと思います。

 

 

 

 

しかし、このブームはいつまで続くのでしょうか?

 

 

 

ナタデココやパンナコッタも一時のブームで、最近ではあまり聞くこともなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

まだまだ知られていない、海外の食材がまだまだ沢山あると思います。

 

 

 

 

今後どんな食材が流行ってくるのか、ちょっと楽しみです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

鉄腕アトムの「空飛ぶクルマ」が現実のものに! 2000万円台で、2023年の一般発売を目指し開発~

トヨタ自動車やパナソニックなどが支援する開発者グループの「カーティベーター」は、2023年に「空飛ぶ

記事を読む

ストレスや悩みを抱え込まない心理学!交流分析とカタルシス効果

日常生活には決まって、ストレスや悩みごとがつきものです。 クライエント(相談者)は心理カウンセ

記事を読む

新型コロナで給食費無償化!大阪市の新たなる政策と、中国の離婚率の急増

新型コロナウイルスの影響は留まるところなく広がっていますが、そんな中大阪市の市長は、仕事へ行くのもま

記事を読む

6月に女性を襲う不快臭撃退法! 梅雨時にでる、嫌な臭い

汗臭と疲労臭と加齢臭と後一つがやっかいな臭いで、加齢臭の倍の臭いがするミドル脂臭は、女性から放つ臭い

記事を読む

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行くので、鰻屋さんがフル回転して

記事を読む

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のドリーがクローン羊として誕生し、

記事を読む

24時間テレビの番組パーソナリティー サンドウィッチマンの面白トーク炸裂か? 今年のパーソナリティーは?

今年(2018年)の24時間テレビは、8月25日と26日の土日で、あの「何言ってるかわからないんです

記事を読む

「病は気から」ストレスを自然に発散できる方法を知り、健康的な生活を送るには?

昔から「病は気から」とよく言われ、病気は気の持ちようによっては、良くも悪くもなります。 &nb

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

すいかとメロンの生産量の多い県は? 夏バテ防止に水分豊富な野菜や果物を!

2019年の夏も猛暑日が続き、国内外で熱中症対策が広く呼びかけられていて、室内の温度もエアコンなどで

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑