*

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとして試行錯誤し、2019年末までにYouTubeチャンネル登録者数が100万人に達さなかった場合、芸人やめると宣言した手前のハラハラドキドキの展開で、7月11日に目標達成!100万人超えしたことを明かしました。

 

 

お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さん(38)が、ユーチューバーとして活躍しているYouTube動画「カジサック」で、2019年の年末までにYouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破しなければ、芸人を引退すると宣言するくらいユーチューバーに人生をかけていたが、7月11日に念願の100万人に達したことで、肩を撫で下ろしていました。

 

 

 

 

 

 


人気お笑い芸人からの転職?

 

 

キングコングは2010年4月からスタートした、人気バラエティー番組「はねるのトびら」で進行役の存在でしたが、番組が終了後は相方である西野亮廣さんは、絵本作家の道へ転職し、カジサックこと梶原雄太さんは、2018年10月1日からYouTubeへ動画を投稿するようになりました。

 

 

 

 

 

 

その後ユーチューバーとしての苦労については、こちらをご覧ください。

 

ユーチューブで炎上しているカジサックこと、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太は「カジサックの部屋」の登録数が70万人に達し、「激レア スニーカードッキリ!!」が吉と出るか、凶と出るか・・・

 

 

 

 

 


どうやって登録者数を伸ばしたの?

 

 

ユーチューバーはネタに尽きると過激な事へ走り始める傾向があり、最終的には姿を消していきますが、その点カジサックには過去の華やかな活躍の場を持っていたことが唯一の救いであり、その時の仲間たちの支えもあり幸運の持ち主でした。

 

 

 

 

 

以前出演していたフジテレビ系の「はねるのトびら」で、中でも人気のあったコーナーを動画に取り入れての再現企画あり、また人気ユーチューバーとのコラボした動画あり、ネットワークを使っての芸能人とのトーク動画ありで、人気度は急上昇していき、あっという間に100万人の登録者数へ達しました。

 

 

 

 

「まさかこんなに早く達成するとは本当に思いませんでした。

芸人やめなくて済んで良かったです。」

 

 

「僕の周りにいる人、登録してくれた人、本当にありがとうございます。

ただ、ここで満足せずに次の目標に向かって頑張っていきたいと思います。」

 

 

 

と今後の意気込みを語りました。

 

 

 

そして、

 

 

「絵本作家とYouTuber、いままでこんな漫才コンビはいなかったと思います。

それぞれが輝ける場所で活動しつつ、これからも変わらず漫才を続けていきたいです。」

 

 

 

とコメントを残しました。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

 

芸能人はその立ち位置を継続していける人と、今回の場合のように番組終了に左右されてしまう人、それぞれのパターンがあって大変だと思います。

 

 

どんな仕事であっても、継続していくことは苦労が伴って大変です。

 

 

 

 

しかし、やっぱり

 

 

 

「継続は力なり」

 

 

 

なので、カジサックのようにユーチューバーの道へ足を一歩踏み入れ、その道を全うすることによって今があるのだと思います。

 

 

 

 

今後の活躍に期待したいと思います^ ^

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

吉本興業の岡本社長による会見ストップ! 宮迫と亮による手作り会見LIVE、アメバTVで真実が全て明るみに・・・

マネジメント契約解除を受けた、雨上がり決死隊の宮迫と、ロンブーの亮が20日15:00頃から自分たちの

記事を読む

田中将大、里田まい、第2子女児誕生の喜び 「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の心情はいかに?

米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(30)と、妻でタレントの里田まい(35)の間に第2子となる女児

記事を読む

イモトアヤコは1年前に安室奈美恵と「イッテQ!」で奇跡の対面を果たし、引退後もランニング中のお供として、ライブ映像を流していた・・・

2018年9月に芸能界を引退した安室ちゃんこと、安室奈美恵さんの熱狂的ファンのイモトアヤコさんが、ラ

記事を読む

岡本社長、22日14時から会見! 吉本興業のホームページ上では順を追って報告されているが、何故か腑に落ちない点ばかりが浮上してくる・・・闇営業を仕掛けた人物とはいるのか?

朝の情報番組スッキリ!で、視聴者も疑問に感じていた部分にメスが入り、吉本興業の株主10社(在京5社・

記事を読む

お値段以上、ニトリ!

「お値段以上、ニトリ!」 のCMでもお馴染みのニトリの創業者である、似鳥会長が朝のワイドショー

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

ゲンキング(GENKING)がカミングアウト! タイで手術し女性ホルモンで、体重6キロ超・・要注意

タレントのゲンキング(GENKING)が性同一性障害の診断を受け、タイで性別適合手術をして、名前も男

記事を読む

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と

記事を読む

「孤独のグルメ」のおっさんと「おっさんずラブ」のおっさん。おっさんが可愛い!おっさんが癒される?おっさんがトレンディー?おっさん旋風巻き起こる・・・

田中圭や吉田鋼太郎の「おっさんずラブ」や、松重豊がひたすら食べ続ける「孤独のグルメ」がまだまだ人気絶

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







大寒は1年で最も寒いと言われ、2021年寒の入り1月20日からは、寒さ厳しいので気をつけて過ごしましょう!

「大寒」の名前の如く、1年で一番寒さが厳しくなる時期と言われ、2021

「ひらめき」を起こす思考法と、4つのステップでマインドに働きかけ、関心から情熱に変化を・・・

「ひらめき」からビジネス戦略を生み出し、オープンマインドで自らを未知の

「ひらめき」から得るビジネス戦略 実はステージを上るだけだった・・・

仕事でも趣味でも、変化を与え成功するにはアイデアが発端となり、自ら思い

大統領もただの人 韓国の元大統領が懲役20年の求刑~ かつては神童と呼ばれた人も・・・

韓国の元大統領であった朴槿恵(パク・クネ)氏は、以前からの知人と共謀し

スマホの電池が消耗しない方法〜 電池の経年劣化は避けられないので、せめて消耗速度を遅らせよう!

スマホのない生活は考えられなくなり、全ての仕事や日常生活にネット環境が

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑