*

肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を避けるために、アメリカ製の紙飛行機型肘掛(ひじかけ)が日本に到来することを、朝の情報番組「スッキリ!」で知りました。

 

 

 

 

 

 


座席と座席の間の肘掛、使いたいけど遠慮する?しない?

 

新幹線や飛行機などで真ん中の席になると、どうしても肘掛を使う人、使いたいけど遠慮してしまう人にわかれてしまいます。

 

 

通路側に肘掛があると、真ん中に座っている人は遠慮なく使えますが、窓側の肘掛の場合は窓ガラスがあるので、なかなか使うことが大変になります。

 

 

 

窓にもたれ掛かれば、問題は解決するのですが・・・

 

 

 

 

そんな状態を回避できるグッズが、アメリカ人の手によって開発されました。

 

 

 

 

 


飛行機型肘掛の使い方

 

 

 

開発したのはアメリカ人の彼で、備え付けの肘掛に被せるような形で設置して使用するのですが、その形をどうすればよいのか迷っていました。

 

 

 

その時彼女が紙飛行機に折って飛ばしたことがヒントで、紙飛行機型に決まったそうです。

 

 

 

使い方はとても簡単!

 

 

 

紙飛行機型肘掛を開いて、備え付けの肘掛に被せるだけで完了です。

 

 

 

間に仕切りができているので喧嘩することなく、お互い快適に使用することができます。

 

 

 

 

 

それなら初めから備え付けの肘掛を、このタイプの形にすれば解決できそうに思いますが、座席で立ったり座ったりする時に少し邪魔になってしまうということと、夫婦や恋人同士が隣り合せの時は、大変邪魔になるということもあり、フラットにしているのだと思います。

 

 

 

 

 

 


アメリカから日本へ

 

 

 

今アメリカでは使用されていて、その内日本にも上陸してくるようです。

 

 

 

購入して旅行時に持参するのも良いのですが、航空会社などがエチケットとして、各中央座席に置いてくれるのが荷物になることなく、また両隣りの方に遠慮することもなく使えて良いかもしれませんね。

 

 

 

 

簡易スリッパみたいに置いてあると気兼ねなく使用できるので、日本人向きだと思います。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

どこへ行ってもマナーの悪い人は必ずいると思います。

 

 

特に新幹線や飛行機の機内では、それが目立ちます。

 

 

そんな時に少しでもトラブルが回避できると良いですね?

 

 

 

 

私もニューヨーク経由でカナダのトロントへ行った時に、後ろにいた日本人客(全て男性)が酔っ払って、前の私達が座っている座席の肘掛に足を平気で乗せてきたことがありました。

 

 

 

 

 

快適な旅行のはずが、そのマナーの悪さで一転し、気分が悪かったことを今でも思い出します。

 

 

 

 

 

マナー的なことは、日本人はあまり重要視していないように思いますが、〇〇ファーストという言葉を使っているくらいですので、周囲にいる人第一で考えてほしいですね?

 

 

 

紙飛行機型肘掛、とても良いアイデアだと思います。

 

 

 

これなら、後ろから足を乗せてくることもないですよね?^ ^

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

真面目=融通が利かない? HSP(繊細で敏感)とHSS(活動的で刺激を求める)気質のどちらが人生を成功させる?

真面目と聞くと物事に誠実で、キチキチと計画を立てて実行し依頼された事や時間を守り、冗談など全く通じな

記事を読む

オリンピックは、戦争と関係あり? お互い競うことは同じだが、ギリシャから始まったオリンピックの本当の目的とは・・・

オリンピックの本来の目的が、戦争行為の代償ということを最近知り、「国家が他国に対して自己の目的を達す

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

夏休みのイベント場所と言えば、海水浴やキャンプ、登山や行楽地、そしてテーマパークを含む遊園地ですね。注意するのは海岸での離岸流・・・どんな現象?

今年の夏休みは新型コロナの関係で、ソーシャルディスタンスの3密(密閉・密集・密接)を守りつつ楽しまな

記事を読む

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディスタンスという言葉を、よく耳に

記事を読む

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせない家電製品や携帯電話などが益々

記事を読む

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

マスク対策激化!そして劇的改善の見通しが・・・新型コロナウイルスの治療、タイで発表~

中国国内で蔓延している「新型コロナウイルス」は死者数も増え続け、国内外までその威力は拡大しています。

記事を読む

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品を摂取することによって、糖尿病

記事を読む

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、本日(8日)から3日間に渡って認知症について放送され、もの忘れとは違う若年性

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑