*

二宮金次郎が背負っているのは「蒔(まき)」ではなく、昔話に出てくる「桃太郎」のお爺さんが山へ刈りに行った「柴(しば)」だった。 金次郎が唱えた報徳訓とは?

二宮金次郎(二宮尊徳)が読書しながら、背負っているのは雑木(小枝)などの柴で、それを売って小遣い稼ぎをしていた幼少期は大変貧しく、後に心眼が宿り革命家にまで上り詰め、数々の教えを記した報徳訓は現代も活用されています。

 

背負っていたものが蒔ではなく柴だったことを後で知り、そういえば通っていた小学校に立っていた金次郎像が背負っていたものが、木の枝をまとめたものであることを思い出し、なぜ柴だったのかを調べてみることにしました。

 

 

背負っているもは蒔ではなく柴だった?

 

小田原市で生まれた金次郎は、もともと裕福な農家に育ったのですが、金次郎の父が養父から受け継いだ財産を散在し、金次郎が5歳の時に南関東を襲った暴風で、川が氾濫し田畑や家を失ってしまいました。

 

 

 

残るのは借金で、幼い金次郎は少しでも家計の役に立てようと、山へ行って柴(雑木、小枝)をかき集め、それを売ってお小遣い稼ぎをしていました。

 

 

 

小さな子供でも柴を刈ることができたので、コツコツと貯めて売りに行ったのです。

 

 

 

子どもの頃から努力を惜しまない人だったのですね?

 

 

 

 

 


右足を一歩前に!

 

 

 

立っているどの金次郎像も、右足を一歩前に出しています。

 

 

 

歩きながら読書をしているので自然の姿なのですが、この一歩がとても大切なことなのです。

 

 

金次郎は革命家であり、経世家、農政家、思想家であったと伝えられています。

 

 

 

 

とにかく一歩踏み出さない限りは、なにも事態は変わらないということを言いたかったのだと思います。

 

 

 

 

ある農家の納屋を見て、

 

 

「掃除をしろ!」

 

 

 

と言い残して帰っていった時も、まずは行動を起こしなさい、そうすれば貧しさから解放されますよ!と、きっとそう促していたのだと思います。

 

 

 

一歩踏み出し掃除をしたことによって、仕事の効率が上がり貧しさから抜け出すことができたのです。

 

 

 

 

この「最初の一歩」がいかに大切なことなのか、金次郎はみんなに伝えていきたかったのだと思います。

 

 

 

 

こちらの記事を是非ご覧ください。

二宮金次郎7代目子孫は、金次郎オタクとして講演会で思想を語り、完全映画化された「二宮金次郎」では、金次郎の激動の生涯が・・・

 

 

 

 


報徳訓について

 

金次郎が唱えた報徳訓には、先祖が残してくれた精神的・物質的財産を引き継ぎ、勤勉の努力で一歩前進させて、我が子孫に継承しなければならないと言っています。

 

 

この教えは、金次郎の父が養父から受けた財産を散在してしまい、それまで裕福だった家が激貧化した実例をあげていて、人は努力して富を得なければいけないことを言っています。

 

 

 

報徳訓について、わかりやすい記述がありましたので、こちらもご覧になってみてください。

 

 

報徳訓

 

引用:Toru-S

 

 

 


年々歳々、報徳を忘るべからず

 

 

トヨタ自動車やパナソニックの松下幸之助さんが参考にしてきたことであり、倫理の力・感謝の力、そして実行の力・報徳の力などが含まれています。

 

 

そして「桜梅桃李(おうばいとうり)」という言葉も出てきていますが、これは桜(さくら)、梅(うめ)、桃(もも)、李(すもも)と、それぞれ独自の花を咲かせていることから、そのままの姿で個性を生かしていくという意味が含まれています。

 

 

 

 

 


生と死の読み方

 

 

生は、とてもカラフルそして華やかで、150通りの読み方があるそうです。

 

 

 

反面、死(し)の読み方はたった一つなのです。

 

 

これは生きていれば、色々な生き方ができるけれど、死んでしまえば永眠するしかなく、答えは一つということだと思います。

 

 

 

 

 


まとめ

 

二宮金次郎さんについて、いろいろ知ることができましたが、まだまだほんの入り口付近に過ぎないと思います。

 

 

各学校で一度は金次郎像を見かけたことがあるという人は、意外と多いと思います。

 

 

しかし少し前から、歩きスマホなどが危険だということで、座っている姿の金次郎さんも出現しています。

 

 

 

日本は歴史上の偉人の顔をお札に印刷し、生活に欠かせない存在にしていますが、銅像として広く知られている人物では、すぐ思い当たるのはやはり、西郷隆盛と二宮金次郎だと思います。

 

 

報徳の教えは奥が深く、やはり金次郎オタクにならないと理解できないものだと思います。

 

 

 

取り敢えず、一歩踏み出して行動してみようと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

「オッケーGoogle お化け屋敷に連れていって!」 AIアシスタントで生活に幅が・・・

2018年8月25日から9月2日まで、東京都渋谷区の表参道「SO-CAL LINK GALLERY」

記事を読む

あの上野樹里似の韓国女優「シム・ウンギョン」が、日本映画「新聞記者」にキャスティング! 政治色から守るために蒼井優、満島ひかり以外で・・・

菅義偉官房長官の天敵と言われている、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(43才)をモデルにした映画の

記事を読む

イモトアヤコは1年前に安室奈美恵と「イッテQ!」で奇跡の対面を果たし、引退後もランニング中のお供として、ライブ映像を流していた・・・

2018年9月に芸能界を引退した安室ちゃんこと、安室奈美恵さんの熱狂的ファンのイモトアヤコさんが、ラ

記事を読む

100万円を元手に、錬金プロジェクトで増やせるのか? 夢を叶えるためのチャレンジ!

対決!錬金チャレンジャー~夢を叶える100万円~の番組(フジテレビ)が1月5日に放送され、最後まで食

記事を読む

強烈な印象の「メアリー・スー」で理想郷を建て、二次創作物を楽しむ

「メアリー・スー」という名前は、なんとなくどこかで聞いたことがあるような、ないような・・そんな感じだ

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

新陳代謝を浮上させ、水太りを解消しましょう!

真夏は冷たい水やジュースなどで水分補給したり、エアコンのよく効いてる部屋にこもって体を冷やしたりして

記事を読む

24時間テレビの番組パーソナリティー サンドウィッチマンの面白トーク炸裂か? 今年のパーソナリティーは?

今年(2018年)の24時間テレビは、8月25日と26日の土日で、あの「何言ってるかわからないんです

記事を読む

糖尿病や高血圧、脂質異常から身を守る低GI食品! 食後の血糖値の上昇を抑えてくれる、優秀な食材とは?

GI(グライセミック・インデックス)は1981年に、トロント大学のジェンキンス博士らが発表し、現代人

記事を読む

ネガティブ思考=否定的? ではポジティブ思考の人は、肯定的な考え方なのでしょうか?

ネガティブそしてポジティブと、人の気持ちを支配しているそれぞれの考え方や気持ちの持ち方、いわゆるモチ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナで院内感染を防ぐ「オンライン診療」 今後どうなる?

4月1日現在で国内の新型コロナウイルス感染者が、2419人、死者69人

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日

新型コロナは、日本の芸能人にまで刃を向け、改めてウイルスの脅威を知る

志村けんさん(70)の新型コロナウイルス感染の報道が23日にあり、そし

新型コロナでイベント中止、旅行も自粛!感染リスクが少ない場所が今注目されている・・それはどんなとこ?

全世界が新型コロナウイルスの渦の中にいる現在、各地で外出はもちろんのこ

ストレスや悩みを抱え込まない心理学!交流分析とカタルシス効果

日常生活には決まって、ストレスや悩みごとがつきものです。 クライ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑