*

米中貿易摩擦・米中貿易戦争の原因と、追加関税(第1~4弾)の実施結果から今後も継続なるか?

2018年7月(第1弾)にアメリカは中国に対して、340億ドル分の中国製品(800品目)に25%の追加関税を課して、国内生産品を有利にする為の対策に着手してきました。

 

その後も追加関税を・・・

 

 

そして2018年8月には、160億ドル分を加え(第2弾)、9月には一気に2000億ドル分・5700品目に、10%の上乗せ関税(第3弾)を課しました。

 

 

 

2000億ドル分の関税率を、10%から25%に上げて、貿易戦争はエキサイトし、関税合戦が第4弾を迎えようとしています。

 

 

 

 


追加関税をするキッカケとは?

 

 

アメリカ側の言い分としては、中国の急激な成長の裏には、中国の通貨「人民元」の為替レートを、適正よりも不当に安く操作していたことによると主張しています。

 

 

為替レートを安くすることにより、中国は自国の製品を安く輸出できることになるのです。

 

 

 

100元の製品を例にあげると、1ドルが10元であるなら10ドルが必要になってきますが、1ドルが100元であるなら1ドルで買えることになります。

 

 

 

人民元の為替レートを安くすることにより、中国製品が輸出先で安く販売され、売れることになるのです。

 

 

 

そして中国国内では、外国製品が高いので、国内の製品を購入するようになり、結果として自国産業を守ることができるということになるのです。

 

 

 

 


WTO(世界貿易機関)に違反?(ウィキペディアより)

 

 

貿易摩擦・貿易戦争とは、貿易相手国がWTO(世界貿易機関)に違反した場合、報復として相手国からの輸入品に高関税を設定する規定です。

 

 

WTOでは関税に関する一般的な規定が設けられていて、この規定に基づいて日本とWTOに加盟する各国は、関税率を設定し貿易を行なっているのです。

 

 

 

 


報復とは?

 

 

 

1 仕返しをすること。返報。「敵に報復する」

 

 

2 国際間で、ある国の不当な行為に対して、同様に不当な行為で報いること。「報復措置」

 

 

 

 


追加関税(第4弾)の行方は?

 

 

 

アメリカ通商代表部は、9月1日から中国からの3000億ドル分の輸入品に対して、10%の関税を上乗せする措置をとるつもりでいます。

 

 

 

しかし一部除外品もあり、スマートフォンやパソコン、そして一部の衣類や靴、おもちゃなどに対しては、クリスマスの買い物需要を考慮して、12月15日まで延期すると発表しました。

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

米中貿易摩擦が早く終結してくれることを願っていますが、日本国内でも中国製のものが多く出回っていて、消費者にとっては助かっています。

 

 

 

特に衣類などは、リーズナブルでバリエーションが豊かであれば、何着でも購入したいと個人的には思っているので、米中間の関係を早く修復してもらえたらと思っています。

 

 

 

トランプ大統領は、常に自国産業を押しているのでなかなか難しいと思いますが、中国側も追加関税に踏み切っている状態でいるので、早く解決できればと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

景気回復を狙う中国がいま実施すること、民間企業を支援する政策とは?

アメリカとの貿易摩擦で中国経済が落ち込み、中小企業などの民間企業を救い景気減速に、歯止めをつける政策

記事を読む

脱出劇!タイ北部のタムルアン洞窟で、少年4人が脱出成功

タイ北部の洞窟へ6月23日に入り、戻って来れなくてなっていたタイのサッカー少年とコーチを含む13人の

記事を読む

「ゲーム障害」は新たな病気?香川県から発信される「スマホ使用時間制限条例」は大阪まで・・・

18歳未満を対象にして、平日は60分まで、休日は90分までと定めた「スマートフォンなどの使用制限」が

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

松屋のステーキは「いきなりステーキ」を超すコスパ強!「ステーキ屋松」恐るべし・・・三鷹店

松屋というと牛丼のイメージしかなかったのが、最近ステーキを扱う「ステーキ屋松」を始めて、元祖「いきな

記事を読む

100円本の人気の秘密・・・出版不況でも好調、100円本の魅力とは?

100円ショップダイソーの新たなる戦略の一つに、新たに100円本を出版することが、朝の情報番組スッキ

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

「走行税」導入は、電気自動車普及による、ガソリン税減少の対応策なのか? すでに導入している国とは?

「走行税」とは、走行距離に応じて課税・徴収する税金のことで、電気自動車の普及に伴い、ガソリン税が減少

記事を読む

前澤友作社長は、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長でもあった?

今話題のZOZOTOWN(スタートトゥデイより社名変更)の前澤友作社長(43才)は、現代芸術振興財団

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







緊急事態宣言・7都府県と新型コロナ感染後の悲痛な叫び

安倍総理は、今月7日から来月6日の1ヶ月間、東京、神奈川、埼玉、千葉、

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつか

米・トランプ大統領、新型コロナ対策に四苦八苦! 健康な国民にもマスク着用を任意で・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米・トランプ大統領は今月3日、拡大

新型コロナで院内感染を防ぐ「オンライン診療」 今後どうなる?

4月1日現在で国内の新型コロナウイルス感染者が、2419人、死者69人

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑