*

死亡リスクは40%増へ・・・ 座りすぎの日本人は寿命を縮める?

座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスクが通常の人よりも40%高く、それは下半身の筋肉低下や代謝の悪化が原因だとみられ、欧米人より日本人に多いことが明らかになりました。

座る仕事を選択している人のリスク

 

 

オーストラリアの研究機関が調査した結果で、座る時間が長い人で1日11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べて40%死亡リスクが高く、そして座る時間が8時間~11時間15%高くなることがわかってきました。

 

 

 

実はこのリスク上昇は、1日30分以上で週5日の運動を習慣にしても相殺できないとされています。

 

 

 

 

また日本人は昔、食卓を囲む時にちゃぶ台に正座という姿勢が多く、欧米人のテーブルに椅子や立食などのスタイルは近年になって取り入れられるようになってきたので、欧米に比べて座っている時間が長く平均7時間、そして長い人は10時間も座っている人がいることがわかってきました。

 

 

 

 


会社で立ち机を採用?

 

 

座る姿勢を長く続けていると、下半身の筋肉は殆ど動かすことはなく、筋力も落ち代謝も悪くなってくるので、生活習慣病である糖尿病になるリスクも高くなってきます。

 

 

これが長期にわたると、肥満やガン、そして認知症になるリスクも高くなっていきます。

 

 

 

今、高齢者の5人に1人は認知症なってしまっています。

 

 

 

認知症にならないようにするためにも、リスクになる要因を一つでも回避していけたらと思います。

 

 

 

 

 

認知症については、こちらの記事をご覧ください。

 

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

 

 

 

 


ガイドライン作成の取り組み

 

イギリスやオーストラリアでは既にガイドラインが作成され、仕事をする中での座位時間を少しでも減らす取り組みが始まっています。
企業が働く人の健康を第一に考えることは、当たり前のことです。

 

 

 

やはり福利厚生がしっかりしている会社に入りたいと思うのは当然のことです。

 

 

 

 

そのためにも職場環境の整備は重要で、過重労働にならないような対策や、立ち机をいち早く導入している企業も国内には少なくありません。

 

 

 

 


まとめ

 

事務作業をしていた時には、あまり仕事環境のことは考えずに過ごしていましたが、目を酷使していたので合間合間に小休憩をとるようにして、コーヒーを淹れにいったり、調べものをするために席を立ったりしていました。

 

 

 

とにかく休憩は必要だと思っていたのでそうしていたのですが、ある時こんな情報を入手して唖然としました。

 

 

それは、座っている仕事をしている人は、立っている仕事をしている人よりも寿命が10年短いと・・・

 

 

 

 

死亡する年齢の差が10年も違うなんて、馬鹿げていると思いました。

 

 

 

それが理由というわけではないのですが、転職し今は一日中立ち仕事をしています(笑)

 

 

 

 

これはこれでまたキツイのですが、座っているよりはリスクが減ると思い、そして認知症も回避できるのではないかと仕事しています。

 

 

 

このように、世の中にはまだまだ私たちが知らない何かがあり、それが命に関係することであったら尚更知っておきたいと思ってしまいます。

 

 

 

 

医学はますます発達してきているので、寿命を縮めないための生活習慣がわかってきそうですね?

 

 

 

 

まずはバランスの良い食生活と適度な運動、そして質の良い睡眠・・・後はなるべく立つように努力することですね。

 

 

 

 

少しずつでも、自分のできることをやっていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

スパチャは配信者を支援し、YouTubeライブは大盛り上がり でも注意点あり!

スパチャはYouTubeライブ配信中の、配信者支援のための投げ銭であり、正式名はスーパーチャットで、

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

(特集)スッキリ座談会・・・母の変化と認知症の症状とは? スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、3日間に渡って認知症について放送され、前回はもの忘れと認知症の違いについてと

記事を読む

プレミアム商品券の対象家庭とは? 有意義な使い方を試される時・・・

住民税非課税世帯と小さな乳幼児のいる子育て世帯に還元されるプレミアム商品券は、消費税が8%から10%

記事を読む

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

新型コロナウイルス治療に、インフルエンザの治療薬「アビガン」使用! エボラ出血熱の対応と変化なし

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省の対応として、インフルエンザの治療薬「アビガン」などを使

記事を読む

新型コロナでイベント中止、旅行も自粛!感染リスクが少ない場所が今注目されている・・それはどんなとこ?

全世界が新型コロナウイルスの渦の中にいる現在、各地で外出はもちろんのこと、イベントも中止、旅行も自粛

記事を読む

健康長寿、血液サラサラでストレスもサラッと解消!朝の日光浴は大切です

健康的な生活を送るには、バランスの良い食生活で血液サラサラ状態を保つことと、適度な運動とストレッチを

記事を読む

お金持ちと貧しい人の思考の違い・・・起業と投資が成功への近道?

節約と投資は裕福になるための鍵であり、起業して新事業を始めることがビジネス成功への近道でもあり、将来

記事を読む

収納、景観、使い勝手が揃った仕掛けだらけの家 ~世界一周後のこだわり~

自分のマイホームを持つことが夢だという人は、少なくないと思います。 そんな中、自分で設計したお

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も進化

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が

情報革命家と冒険投資家の二つの顔を持つ孫正義氏のビジョンとは、先を見据えた壮大なロマン?

ソフトバンクグループの孫正義氏は、日本を代表する実業家であり、情報革命

毎年恒例になったハロウィンパーティー 今年はどんな変化があるのか楽しみです。

バレンタインデイやホワイトデイ、ハロウィンやクリスマスなど、年間行事と

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑