*

死亡リスクは40%増へ・・・ 座りすぎの日本人は寿命を縮める?

座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスクが通常の人よりも40%高く、それは下半身の筋肉低下や代謝の悪化が原因だとみられ、欧米人より日本人に多いことが明らかになりました。

座る仕事を選択している人のリスク

 

 

オーストラリアの研究機関が調査した結果で、座る時間が長い人で1日11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べて40%死亡リスクが高く、そして座る時間が8時間~11時間15%高くなることがわかってきました。

 

 

 

実はこのリスク上昇は、1日30分以上で週5日の運動を習慣にしても相殺できないとされています。

 

 

 

 

また日本人は昔、食卓を囲む時にちゃぶ台に正座という姿勢が多く、欧米人のテーブルに椅子や立食などのスタイルは近年になって取り入れられるようになってきたので、欧米に比べて座っている時間が長く平均7時間、そして長い人は10時間も座っている人がいることがわかってきました。

 

 

 

 


会社で立ち机を採用?

 

 

座る姿勢を長く続けていると、下半身の筋肉は殆ど動かすことはなく、筋力も落ち代謝も悪くなってくるので、生活習慣病である糖尿病になるリスクも高くなってきます。

 

 

これが長期にわたると、肥満やガン、そして認知症になるリスクも高くなっていきます。

 

 

 

今、高齢者の5人に1人は認知症なってしまっています。

 

 

 

認知症にならないようにするためにも、リスクになる要因を一つでも回避していけたらと思います。

 

 

 

 

 

認知症については、こちらの記事をご覧ください。

 

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

 

 

 

 


ガイドライン作成の取り組み

 

イギリスやオーストラリアでは既にガイドラインが作成され、仕事をする中での座位時間を少しでも減らす取り組みが始まっています。
企業が働く人の健康を第一に考えることは、当たり前のことです。

 

 

 

やはり福利厚生がしっかりしている会社に入りたいと思うのは当然のことです。

 

 

 

 

そのためにも職場環境の整備は重要で、過重労働にならないような対策や、立ち机をいち早く導入している企業も国内には少なくありません。

 

 

 

 


まとめ

 

事務作業をしていた時には、あまり仕事環境のことは考えずに過ごしていましたが、目を酷使していたので合間合間に小休憩をとるようにして、コーヒーを淹れにいったり、調べものをするために席を立ったりしていました。

 

 

 

とにかく休憩は必要だと思っていたのでそうしていたのですが、ある時こんな情報を入手して唖然としました。

 

 

それは、座っている仕事をしている人は、立っている仕事をしている人よりも寿命が10年短いと・・・

 

 

 

 

死亡する年齢の差が10年も違うなんて、馬鹿げていると思いました。

 

 

 

それが理由というわけではないのですが、転職し今は一日中立ち仕事をしています(笑)

 

 

 

 

これはこれでまたキツイのですが、座っているよりはリスクが減ると思い、そして認知症も回避できるのではないかと仕事しています。

 

 

 

このように、世の中にはまだまだ私たちが知らない何かがあり、それが命に関係することであったら尚更知っておきたいと思ってしまいます。

 

 

 

 

医学はますます発達してきているので、寿命を縮めないための生活習慣がわかってきそうですね?

 

 

 

 

まずはバランスの良い食生活と適度な運動、そして質の良い睡眠・・・後はなるべく立つように努力することですね。

 

 

 

 

少しずつでも、自分のできることをやっていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

「スマホ症候群」と「スマホ依存症」に注意! 肩こりと頭痛や吐き気、そしてスマホがない不安から解放される方法とは?

スマートフォンの普及率アップで、スマホがないと不安になってしまう「スマホ依存症」や、スマホの使いすぎ

記事を読む

村井良大はイケメン4人組「天正遣欧少年使節」のメンバー ミヤネ屋では溝端淳平の写真と間違えられて掲載!

10日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、モデルの美優(31才)との交際が発覚した、俳

記事を読む

偽善者とは良い人の振りをすること? ネット上でよく聞くワードだが、自覚症状のない人が多い?

「この、偽善者が!」と面と向かって相手に言う人は多くはないですが、何かしら会話やその時の態度から、感

記事を読む

お笑いコンビ・キングコングのとっても深いコンビ愛に感動! 梶原雄太はユーチューバーとして、西野亮廣は絵本作家として第二の職業をエンジョイ中です。

[ドッキリ]激レアスニーカー100足突然紛失事件で謝罪した、カジサックこと梶原雄太にはお笑いの血が流

記事を読む

引退原因はまさかの声帯? 安室ちゃんが7年前から絶不調だったことを告白!

2018年9月16日に引退した、歌手・安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 平成史

記事を読む

水道管、破裂??

2018年01月26日の出来事です。 今日は朝目が覚めて、顔を洗おうと蛇口をひねったけれど、水

記事を読む

新型コロナウイルス関連のデマに振り回されないで!静岡県でも暴走が・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うデマにより、静岡県内の量販店やドラッグストアに消費者が詰め寄り、マ

記事を読む

5Gの人体に及ぼす被害・・・電磁波浴びて癌や白内障に?

スマホも2020年から次世代通信5Gの発売が騒がれていて、NTTやKDDI(au)、ソフトバンクや楽

記事を読む

クレーム対応も仕事の一つ! クレーム対処法、参考例4ステップ

クレームはどんな仕事にもつきもので、その時のちょっとした対応の違いで結果の差が現れ、後からそうなって

記事を読む

緊急事態宣言・7都府県と新型コロナ感染後の悲痛な叫び

安倍総理は、今月7日から来月6日の1ヶ月間、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

no image
若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、

いよいよレジ袋が有料化! コンビニでは1枚いくら?エコバッグには誰が入れるの?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まり、スーパーやドラックストア

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑