座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスクが通常の人よりも40%高く、それは下半身の筋肉低下や代謝の悪化が原因だとみられ、欧米人より日本人に多いことが明らかになりました。

座る仕事を選択している人のリスク

 

 

オーストラリアの研究機関が調査した結果で、座る時間が長い人で1日11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べて40%死亡リスクが高く、そして座る時間が8時間~11時間15%高くなることがわかってきました。

 

 

 

実はこのリスク上昇は、1日30分以上で週5日の運動を習慣にしても相殺できないとされています。

 

 

 

 

また日本人は昔、食卓を囲む時にちゃぶ台に正座という姿勢が多く、欧米人のテーブルに椅子や立食などのスタイルは近年になって取り入れられるようになってきたので、欧米に比べて座っている時間が長く平均7時間、そして長い人は10時間も座っている人がいることがわかってきました。

 

 

 

 


会社で立ち机を採用?

 

 

座る姿勢を長く続けていると、下半身の筋肉は殆ど動かすことはなく、筋力も落ち代謝も悪くなってくるので、生活習慣病である糖尿病になるリスクも高くなってきます。

 

 

これが長期にわたると、肥満やガン、そして認知症になるリスクも高くなっていきます。

 

 

 

今、高齢者の5人に1人は認知症なってしまっています。

 

 

 

認知症にならないようにするためにも、リスクになる要因を一つでも回避していけたらと思います。

 

 

 

 

 

認知症については、こちらの記事をご覧ください。

 

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

 

 

 

 


ガイドライン作成の取り組み

 

イギリスやオーストラリアでは既にガイドラインが作成され、仕事をする中での座位時間を少しでも減らす取り組みが始まっています。
企業が働く人の健康を第一に考えることは、当たり前のことです。

 

 

 

やはり福利厚生がしっかりしている会社に入りたいと思うのは当然のことです。

 

 

 

 

そのためにも職場環境の整備は重要で、過重労働にならないような対策や、立ち机をいち早く導入している企業も国内には少なくありません。

 

 

 

 


まとめ

 

事務作業をしていた時には、あまり仕事環境のことは考えずに過ごしていましたが、目を酷使していたので合間合間に小休憩をとるようにして、コーヒーを淹れにいったり、調べものをするために席を立ったりしていました。

 

 

 

とにかく休憩は必要だと思っていたのでそうしていたのですが、ある時こんな情報を入手して唖然としました。

 

 

それは、座っている仕事をしている人は、立っている仕事をしている人よりも寿命が10年短いと・・・

 

 

 

 

死亡する年齢の差が10年も違うなんて、馬鹿げていると思いました。

 

 

 

それが理由というわけではないのですが、転職し今は一日中立ち仕事をしています(笑)

 

 

 

 

これはこれでまたキツイのですが、座っているよりはリスクが減ると思い、そして認知症も回避できるのではないかと仕事しています。

 

 

 

このように、世の中にはまだまだ私たちが知らない何かがあり、それが命に関係することであったら尚更知っておきたいと思ってしまいます。

 

 

 

 

医学はますます発達してきているので、寿命を縮めないための生活習慣がわかってきそうですね?

 

 

 

 

まずはバランスの良い食生活と適度な運動、そして質の良い睡眠・・・後はなるべく立つように努力することですね。

 

 

 

 

少しずつでも、自分のできることをやっていきたいと思います。

 

 

 

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)