*

死亡リスクは40%増へ・・・ 座りすぎの日本人は寿命を縮める?

座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスクが通常の人よりも40%高く、それは下半身の筋肉低下や代謝の悪化が原因だとみられ、欧米人より日本人に多いことが明らかになりました。

座る仕事を選択している人のリスク

 

 

オーストラリアの研究機関が調査した結果で、座る時間が長い人で1日11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べて40%死亡リスクが高く、そして座る時間が8時間~11時間15%高くなることがわかってきました。

 

 

 

実はこのリスク上昇は、1日30分以上で週5日の運動を習慣にしても相殺できないとされています。

 

 

 

 

また日本人は昔、食卓を囲む時にちゃぶ台に正座という姿勢が多く、欧米人のテーブルに椅子や立食などのスタイルは近年になって取り入れられるようになってきたので、欧米に比べて座っている時間が長く平均7時間、そして長い人は10時間も座っている人がいることがわかってきました。

 

 

 

 


会社で立ち机を採用?

 

 

座る姿勢を長く続けていると、下半身の筋肉は殆ど動かすことはなく、筋力も落ち代謝も悪くなってくるので、生活習慣病である糖尿病になるリスクも高くなってきます。

 

 

これが長期にわたると、肥満やガン、そして認知症になるリスクも高くなっていきます。

 

 

 

今、高齢者の5人に1人は認知症なってしまっています。

 

 

 

認知症にならないようにするためにも、リスクになる要因を一つでも回避していけたらと思います。

 

 

 

 

 

認知症については、こちらの記事をご覧ください。

 

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

 

 

 

 


ガイドライン作成の取り組み

 

イギリスやオーストラリアでは既にガイドラインが作成され、仕事をする中での座位時間を少しでも減らす取り組みが始まっています。
企業が働く人の健康を第一に考えることは、当たり前のことです。

 

 

 

やはり福利厚生がしっかりしている会社に入りたいと思うのは当然のことです。

 

 

 

 

そのためにも職場環境の整備は重要で、過重労働にならないような対策や、立ち机をいち早く導入している企業も国内には少なくありません。

 

 

 

 


まとめ

 

事務作業をしていた時には、あまり仕事環境のことは考えずに過ごしていましたが、目を酷使していたので合間合間に小休憩をとるようにして、コーヒーを淹れにいったり、調べものをするために席を立ったりしていました。

 

 

 

とにかく休憩は必要だと思っていたのでそうしていたのですが、ある時こんな情報を入手して唖然としました。

 

 

それは、座っている仕事をしている人は、立っている仕事をしている人よりも寿命が10年短いと・・・

 

 

 

 

死亡する年齢の差が10年も違うなんて、馬鹿げていると思いました。

 

 

 

それが理由というわけではないのですが、転職し今は一日中立ち仕事をしています(笑)

 

 

 

 

これはこれでまたキツイのですが、座っているよりはリスクが減ると思い、そして認知症も回避できるのではないかと仕事しています。

 

 

 

このように、世の中にはまだまだ私たちが知らない何かがあり、それが命に関係することであったら尚更知っておきたいと思ってしまいます。

 

 

 

 

医学はますます発達してきているので、寿命を縮めないための生活習慣がわかってきそうですね?

 

 

 

 

まずはバランスの良い食生活と適度な運動、そして質の良い睡眠・・・後はなるべく立つように努力することですね。

 

 

 

 

少しずつでも、自分のできることをやっていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナ対策にAIが活躍 携帯料金の引き下げも実現なるか?

AI(人工知能)の今後の可能性について菅総理は、新型コロナウイルス感染症による世界的危機を乗り越える

記事を読む

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も自粛ムードの中、前回のロックダ

記事を読む

アビガンの原料、中国依存で国内生産に時間がかかる・・治療薬開発急ピッチ!

アビガンは、富士フイルムホールディングスの抗インフルエンザ薬で、今注目かされていますが、その原料を中

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドイツも国境封鎖!ヨーロッパも警戒態勢

ドイツメディアは15日に、ドイツが16日の朝から新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、フランスや

記事を読む

全学校休校?3月2日から春休みに入るまで、全学校(小中高・特支)の臨時休校を呼びかけた安倍総理の決意と国民の混乱

安倍総理は2月27日に、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部で、私立校を含めた全国全て

記事を読む

土用の丑の日とうなぎの不思議・・・シラスウナギの減少の背景には地球温暖化が?

2020年の土用の丑の日は、1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、

記事を読む

ゴミ捨て場に潜む猫集団、劇団四季のキャッツ!こだわりの3本柱

読めば読むほど面白い村上春樹の本と、観れば観るほど楽しくなる劇団四季のキャッツという例えが気に入って

記事を読む

サンドウィッチマンと渡辺直美が紅白の舞台裏、副音声を担当! 知られざる紅白の裏事情~~

第69回NHK紅白歌合戦は、大晦日の「ゆく年くる年」の前に必ず家族で見る、お茶の間のお約束番組でした

記事を読む

no image

淡路島への移転の裏側には? パソナの南部代表の女性問題と竹中会長の助成金問題

人材派遣会社でもあるパソナグループは、東京の本社から兵庫県淡路島へ移転を計画し、リゾート開発も進んで

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

どんな時に幸せを感じますか? 10代〜60代までの幸せの形とその状況~

人はどんな時に幸せを感じるのでしょう?その場の状況や自分の置かれている

(必見)成功する人と成功できない人の違いは? 成功するために努力する人は全体の2割

「努力は必ず報われる」「努力は人を裏切らない」の言葉のとおり、努力し続

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑