*

軽減税率は10月1日から開始! 消費税はついに10%になり、逆累進性が著しく一般庶民を苦しめる?

2019年10月1日から消費税8%から10%になり、同時に軽減税率制度が適用され、日常生活に最低限必要とされているものが対象商品となり、逆累進性が著しく一般庶民を苦しめる結果になることは明確です。

軽減税率対象商品

 

いよいよ10月1日から消費税が10%に上がり、それに伴い軽減税率制度が適用されることになります。

 

 

スーパーやコンビニなどでは、お酒を除く食べ物や飲み物などが、軽減税率8%の対象になりますが、イートインスペースでは10%になります。

 

 

テイクアウトすれば8%で、スーパーやコンビニでイートインすれば10%と、ちょっと混乱を招きそうです。

 

 

 

レストランや店内での食事は10%になりますが、お会計の時にレジ近くに置いてある商品を購入する場合は、その商品は8%になるのでレジ打ちが煩雑になってきます。

 

 

 

 


軽減税率対応レジ

 

 

 

中小企業庁からは、軽減税率に対応しているレジへの買い替えを呼びかけています。

 

 

国からの補助は200万円まで出ると言われていますが、それでも切り替えているお店は少なく、ある県では導入しているお店が2割程度しかいないそうです。

 

 

そして導入の予定がないお店が60%にのぼっているということは、軽減税率終了日が定まっていない曖昧な状況では、レジを買い替える意味もないと考える店主さんが少なくないのではと思います。

 

 

 

 


軽減税率対象・非対象

 

 

 

対象(8%)

 

新聞の定期購読
ノンアルコールビール
デリバリー (ピザ・牛乳・蕎麦などの配達)
宿泊先の部屋の冷蔵庫にある飲み物
オロナミンC
ペットボトルの水

 

 

対象外(10%)

 

コンビニやキヨスクなどに置いてある新聞や、また電子版など
トイレットペーパー
みりん
ホテルのルームサービス
水道水
リポビタンD

 

 

 

以上のように多種に渡り、混乱を招く要因であふれ、落ち着くまでお店側も消費者側も大変です。

 

 

 

例えばお酒として扱われなくても、アルコール度数が1%以上のみりんなどは、お酒と同じく軽減税率対象外になります。

 

 

 

オロナミンCは栄養ドリンクなので対象となり、リポビタンD医薬部外品(厚生労働省が許可した効能が一定量入っているもの)であるので、薬関係とみなされ対象外となります。

 

 

 


海外の税率は?

 

初めて消費税が導入された国はフランスで、フランスは19.6%と日本と比べて約2倍です。

 

 

価格表示では本体価格のみ記載されていて、その中に消費税が含まれているという感じで、明確にはされていません。

 

 

イギリスは大変ユニークで、標準税率はビスケットやマシュマロなどのお菓子には一切かからなく、チョコレートやアイスクリーム などの調理済み食品には20%の消費税がかかってきます。

 

その違いがどこにあるのかわかりませんが、イギリス人にはわかると思います。

 

 

カナダは消費税が5%ですが、こちらもユニークです。

 

 

例えばドーナツ5個以内の購入であれば、店内で食べていかれる量だと決められているので、消費税は5%かかりますが、6個以上の購入ではお持ち帰りだと判断されて、かからないようになっています。

 

 

 

とてもアバウトな国のように思います。

 

 

 

 


軽減税率のメリットとは?

 

キャッシュレス社会である現代、コンビニなどではクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済で支払うと、購入額の2%~5%をキャッシュバックしてくれたり、ポイント還元してくれたりします。

 

 

しかしこのサービスは、9ヶ月間の期間限定みたいです。

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

消費税3%が導入されたのが1989年で、今から30年前になります。

 

 

コンビニやディスカウントショップなどには、レジ周辺に1円玉が置いてあり「ご自由にお使いください」と書いてあったことを思い出します。

 

 

それまでは1円玉は、買い物には無縁な存在のお金でした。

 

 

 

しかし消費税3%が導入されてからは一躍脚光を浴び、今ではなくてはならない存在になっています。

 

 

しかし10月から10%になるので、軽減税率制度が終了してしまうと、また1円玉の登場回数が減ることになります。

 

 

 

大企業は消費税が上がることにより、還付金が入り逆に恩恵を受けることになりますが、逆累進性が著しくなるので、お金の無い一般庶民は税負担が増えていくだけで、家計に重くのしかかってくるのです。

 

 

また個人経営の小規模事業者は、廃業するところも多くなると予測されます。

 

 

なんだか益々生き辛い社会になっていくような気がします。

 

 

 

2020年の東京オリンピックが、景気回復の一つの鍵になります。

 

 

景気が好転してくれることを願っています。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

二宮金次郎が背負っているのは「蒔(まき)」ではなく、昔話に出てくる「桃太郎」のお爺さんが山へ刈りに行った「柴(しば)」だった。 金次郎が唱えた報徳訓とは?

二宮金次郎(二宮尊徳)が読書しながら、背負っているのは雑木(小枝)などの柴で、それを売って小遣い稼ぎ

記事を読む

レシートがお金に換えられる、画期的なアプリ誕生! 夢の金券ショップは、17才起業家の手中に・・・

買い物して代金と引き換えにもらうレシートは、家計簿をつける時に必要なだけで、後は処分してしまうと思い

記事を読む

新陳代謝を浮上させ、水太りを解消しましょう!

真夏は冷たい水やジュースなどで水分補給したり、エアコンのよく効いてる部屋にこもって体を冷やしたりして

記事を読む

がんの早期発見、早期完治に役立つ「線虫」 尿一滴からわかる画期的な検査方法が2020年から実用化!

尿一滴から、日本人の死因第1位を占めているがんが、早期発見される「線虫」検査が低コストで2020年か

記事を読む

企業公認アレンジレシピ  永谷園のお茶漬けから、亀田の柿の種までアイデア満載!

永谷園のお茶漬け海苔や、日清のチキンラーメン、そしてカゴメジュースや亀田製菓の柿の種まで、シンプルに

記事を読む

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

乾燥肌や敏感肌の50代女性たちにも効く、BBクリームランキング トップ10!

50代になると目尻のシワや顔中に広がっているシミが目立ち、紫外線による乾燥肌や敏感肌などの肌トラブル

記事を読む

クリスマスケーキが売れなくなったワケとは? 贅沢なものと考えられ健康志向のため、ケーキを買わなくなったとしたら洋菓子店は大ピンチ!

クリスマスケーキが売れなくなり、洋菓子店の倒産が増え続けています。   今年も

記事を読む

熱いお風呂も効果あり?温熱療法で健康的に!

熱めのお風呂に10分入ると免疫力を高め、運動後の筋肉痛も解消でき、癌にも効くという利点があることがわ

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

コロナで雇用調整助成金窓口は大忙し・・ハローワークや労働局には問い合わせの嵐!

新型コロナウイルスで休業した飲食店や企業がいる中、雇用関係でハローワー

ひんやり、夏用マスクの製造が急ピッチに・・・吸水性と速乾性

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出時には必ずマスクを装着することは、

賭け麻雀の事実を認める! 黒川検事長の人間性が明るみに・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が出されていた5月初

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑